エンタメ

板垣李光人がついにハタチに♡お酒を飲んだらどう変貌しちゃう!?

2022.02.03

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

放送中のドラマ『シジュウカラ』で年上女性を惑わす色気フルな青年を演じている板垣李光人さん。間もなく二十歳。楽しみにしていること、逆に反省していることも教えてくれました!

僕みたいに好きなことだけしてのうのうと生きてください(笑)

――ドラマ『シジュウカラ』では、18歳上の女性漫画家・綿貫忍を惑わす若いアシスタント役を演じています。今まではあまり演じてこられていないキャラクターですが、どのように役作りをしたんですか?

僕が演じる橘千秋は、複雑な過去を背負っていて、負の感情を持って忍に近づいていくんです。その千秋の思惑をどれだけ見せるか悩んでいたんですけど、監督から「忍の前ではホストのように、忍が見ていないところでは憎悪を見せるといい」とアドバイスをいただいて。計算高さのメリハリを、露骨ではなく自然に見せられたらなと思っています。

――主人公の忍は、40歳を目前に漫画家として成功できず、夢をあきらめようとしたり、夫婦関係でも苦悩します。そんな忍の心理をどう思われましたか?

みんな、まわりに遠慮して生きているから苦しくなるんですよね、きっと。でもほどほどに図々しく、自分中心に生きたほうがラクになれると思う。だって自分の人生なんだから。僕はやりたいことをやって、のうのうと生きてますよ(笑)。

Page 2

――何か、のうのうと生きられるようになるコツってありますか?

人も物も、いろんな世界を知るというのが大事なのかなと思います。僕は子供の頃からこの仕事をしていて、親や近所の人以外の大人にたくさん出会ってきたし、親も僕がやりたいと言ったことは何でもやらせてくれたんです。だから、自分の居場所を見つけられていないと感じているなら、今いるところとは違う場所に行ってみてはどうでしょう? 新しいことに挑戦するのは怖いかもしれませんが、やってみれば意外とどうにでもなるかもしれないです。

――すでにいろいろなことに挑戦されてきている板垣さんですが、今、あらたにやりたいことってありますか?

今年、お酒が飲める年齢になるんですよ。だから最初に誰と飲もうかなあと考え中です。でも多分僕、飲んだらすごいめんどくさくなりそう……。撮影現場でも、まわりが同年代の共演者ばかりだと、疲れてくるとやたら絡みたがるので。なんか、人間が恋しくなるんです。

――それは全然めんどくさくないですよ、むしろ可愛いですよ! では最後に、2021年がダメダメで、今年リベンジしたいと思っているViVi読者に、励ましのメッセージをお願いします。

僕、運動しようと毎年思ってできていないので、人のことなんて言えないですよ。好きなことならどんなに疲れていても、いくらでも頑張れるんですけど。ずっと好きな仕事ばかりしてきて嫌なことをしていないから、だいぶワガママになっています……。

ニット¥104940/LHP原宿(ラフ シモンズ) メガネ¥27500/ブリンク ベース(キュービッツ) その他スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年3月号のものです。

INFORMATION
『シジュウカラ』 売れない漫画家の綿貫忍(山口紗弥加)。40歳を目前に、「これが最後」と作品づくりに取り組むことに。そんな中、出会ったのが若く美しいアシスタント・橘千秋(板垣李光人)。自分のことを漫画家として、敬意を持って接してくれる千秋に、忍はどんどん惹かれていくのだが……。毎週金曜深夜0:12~テレビ東京系にて放送中。
PROFILE
板垣李光人 2002年1月28日生まれ。近年は俳優としての評価を高めており、昨年はNHK大河ドラマ『青天を衝け』で徳川慶喜の弟・昭武役を好演し話題に。女性誌でメイク連載を持ったり、Instagramでプロ並みのイラストを披露するなど多趣味なことでも有名。ViVi国宝級イケメンランキングも連続入賞中。

Page 3