エンタメ

理三卒、元鉄緑会講師の女医・ゆき先生が教える!受験で成功する人の特徴って?

2022.02.19

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

多くの人が一度は経験する受験。どれだけ勉強して対策を練っても、模試でいい判定が出ていても、最後まで何が起こるかわからない。それが受験のフェアな部分でもあり、こわさでもあります。受験に“絶対”はないけれど、成功する人や試験がうまくいく生徒には、なんだか共通点がありそう! 今回は、東京大学理科三類に現役合格し、大学在学中は東大受験専門塾・鉄緑会で6年間講師を務めた経験もある医師の鶴田優希先生に、受験がうまくいく生徒の特徴について教えていただきました。

教えてくれたのは……
鶴田優希 先生 中高を通して東大受験専門塾「鉄緑会」に通う。桜蔭中学校・高校を卒業後、現役で東京大学医学部に進学。大学時代には鉄緑会の英語科講師を務め、数百人の生徒を東大や有名国立大に送る。卒業後は東京都健康長寿医療センターにて初期研修を経て、がん研有明病院の形成外科にて主に乳房やまぶた、その他全身の腫瘍切除後の再建手術や、顕微鏡を用いたマイクロサージャリーを担当。2021年4月〜湘南美容クリニックの新宿本院にて勤務。目元整形や豊胸など美容整形を幅広く担当。

「成績が伸びていく生徒」「試験がうまくいく生徒」
には共通点があります!

医学部在学中は、高校時代から憧れていた鉄緑会の講師として生徒の指導にあたりました。中学生から高校生まで、生徒が通う学校も、成績も、志望校も、モチベーションも様々。驚くべき成長を見せた生徒もいれば、なかなかうまくいかず伸び悩んだ生徒もいました。

数百人の生徒を担当していく中で、それぞれの生徒が今後どんなふうに伸びていくのか、ある程度予想ができるようになりました。「成績が伸びていく生徒」「試験がうまくいく生徒」には共通点があります。逆に、そうした特徴が当てはまらない生徒にはそれを身につけさせるような指導をするようになりました。今回はその特徴を少しだけご紹介します。

Page 2

特徴①

よく質問にくる生徒

伸びていく生徒は、ほぼ確実に平均よりも私のところに質問にくる回数が多かっ記憶しています。

「模範解答と違うけれどこの解答でも良いのか」「減点された理由がわからない」「講義を聞き逃してしまった」「この教材をどう使えばいいかアドバイスが欲しい」「ケアレスミス対策におすすめはあるか」……。内容は様々でしたが、質問に来る生徒は共通して勉強や受験というものに対して真剣でした。

勉強において、疑問が沸いたらそれはチャンスです。些細なことでも先生に聞きに行くクセをつけてみてくださいね。

Page 3

特徴②

先生や友達とよく話す生徒

「よく質問にくる生徒」に似ていますが、質問に限らず講師とよくコミュニケーションを取る生徒は好印象でした。学年のトップにいるような生徒さんたちは、みんな講師とすごく仲がよかったです。不安なことを一人で抱えずすぐに先生に相談するのはストレスを抱えすぎないための秘訣です。

講師だけでなく、友達とのやりとりもすごく大切。競い合ったり励ましあったりできる友達がいる子はいつも生き生きしていました。また、もそも受験は相対評価なので、周りのみんなができているもの・やっていることはできていないと足を引っ張ります。情報収集という意味でも、周りの友達と一緒に励まし合いながら勉強することは大切だと思います。

Page 4

特徴③

毎週の小テストや漢字テストの出来が良い

どこの塾や学校にも、小さなテストやプリント類があると思います。私のイメージでは、そうした小さな課題ができていない人は入試や模擬試験でも絶対にうまくいきません!

日々の小さな課題のためにも全力で対策をして、間違えたら本気で悔しがって、しっかり直しをするような真面目な生徒が最後は伸びていきました。どんなに小さなテストでも、そこから何かを得ようとする姿勢が大切ですね。

Page 5

特徴④

メンタルが安定している生徒

これは特に強調したい項目です! すごく真面目で出来もよかった生徒さんが、高2くらいからどんどん調子が悪くなって模試の成績なども下がっていく、ということが塾では多々ありました。なぜ毎年そうした生徒さんが出てしまうのかな? と疑問だったのですが、ある時気づいたんです。そのパターンの生徒さんのほぼ全員が、すごくマイナス思考で、試験のたびに大泣きしたりと落ち込みやすい性格でした。

成績に波はつきものです。自分を冷静に見つめて建設的に対策することは大切ですが、自分はだめだと思い泣くのでは時間がもったいないです。「なんか最近出来が悪いけど、次は頑張ろう」と、心に余裕をもって、上手に切り替えましょう。

Page 6

特徴⑤

切り替えが上手な生徒

上にも書きましたが、メンタルの切り替え・勉強と休憩の切り替え。これが器用にできて、自分をコントロールすることが上手な生徒がいると「この子は伸びるだろうな」と感じました。

成績が良い生徒って、休み時間にも勉強し続ける子というよりも、意外と「休み時間には思いっきり喋って授業中だけ全集中」というタイプの生徒が多かったです。高校生活を思い返しても、休み時間はいつも思いっきりバスケをしていた友達が首席だったりしました。

Page 7

今日から少しずつ実践すれば、誰にでもチャンスはあります!

上にあげた特徴は「伸びる生徒の特徴」のごく一部。まだまだ書き足りないことはたくさんありますが、当てはまらないなと思う人は今日から改善してみましょう! 上の全てに当てはまらないという人も大丈夫。今日から少しずつやり方を変えれば、誰にでもチャンスはあります。

私自身が受験生だった頃を思い返してみても、特にメンタルなどは弱くて、ダメなところがたくさんありました。

受験勉強は辛いことだらけかもしれませんが、決して孤独なものではありません。周りにはみなさんのことを応援している家族や先生、友達がたくさんいます。大学生活って最高に楽しいですよ。夢が叶った幸せな自分を想像して頑張ってくださいね!

こちらもおすすめ!

「ドラゴン桜勉強法」は本当に使えるの!?東大生に実態を調査してみたら…