エンタメ

本郷奏多・初の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に!毎朝4分前起床が当たり前!?

2022.02.23

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

大好評を博しているNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。親子三代のヒロインを描いていますが、三代目ヒロインの相手役を務めるのが本郷奏多さん。意気込みを伺いました!

「4分前起床」が毎朝のルーティンです(笑)

――朝ドラ出演は初とのことですが、どのような印象を持たれていますか?

僕は完全なる夜型人間なので、恥ずかしながら朝ドラは見たことがなくて。でも母に出演を報告したら、ものすごい喜んでくれたんですよ。どうやら父と母はほぼ全ての朝ドラ作品を見ているようで、朝ドラってそれだけ大きいものなんだなあと痛感したのと同時に、見てこなかったことを反省しました。

――演じられる五十嵐文四郎は、どのようなキャラクターなんでしょう?

文四郎は、川栄李奈さん演じるヒロイン・大月ひなたといい感じになる相手です。大部屋俳優といって、時代劇における切られ役の俳優なんですけど、スターになることを夢見て頑張っているガッツある若者でもあります。

――なかなか癖の強そうな男子ですが、ご自身は文四郎と似ているところはありますか?

夢のために前向きに努力を欠かさないところは似ていると思います。僕もこう見えて仕事に対してはめちゃくちゃマジメなので。違うのは、非常に不器用なところですね。

文四郎は、人に誤解されずに言葉を伝えるのが下手で損をしているんですけど、僕はむしろ世渡り上手な方だと思いますので(笑)。五十嵐はもっと器用に生きられていたら、ブレイクしていておかしくない才能の持ち主だと思います。

Page 2

――朝ドラといえば毎朝のルーティンとして見ている人が多い作品。本郷さんの朝のルーティンはどんな感じですか?

毎朝スタッフの方が車で迎えに来てくれるんですけど、その4分前に起きるんです。で、トイレに行ってダッシュで歯を磨いて服を着たら、ちょうど4分なんですよ。これを1分でも早くすると「もう1分寝られたな」と悔やむし、1分遅くすると、エレベーターがいいタイミングで来なかったときに慌てるし。というわけで4分がベストなんです。

――朝ご飯は食べないんですか!?

とったことがございません(笑)。僕にとっては車での移動中も貴重な睡眠タイムなんです。でもご飯を食べると目が覚めてしまう。寝た状態を保ったまま車に乗れるのが、この「4分前起床」なんです。

――な、なるほど。計算され尽くした4分なんですね。では最後に、今年手に入れたいと思っているものを教えてください。

今は夢中になれる仕事がたくさんあるので、何か手に入れたいという思いはなくて。だからしばらくは、この状態を楽しむことに集中したいと思っています!

ジャケット¥50600/サカスピーアール(ケンイチ) ロングスリーブTシャツ¥17600/ティーニー ランチ(イオリ) パンツ¥33000/HEMT PR(サバイ) ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

Page 3

❤︎こちらあわせてチェック❤︎

【本郷奏多インタビュー】人生の最優先事項は「マジメにストイックに仕事をする」

INFORMATION
『カムカムエヴリバディ』 安子(上白石萌音)、るい(深津絵里)、ひなた(川栄李奈)。昭和から令和にかけてそれぞれの時代を駆け抜けた三世代のヒロインを描いた作品も、いよいよ終盤に。るいと錠一郎(オダギリジョー)の娘・ひなたは時代劇をこよなく愛する18歳。将来の夢がなく悩んでいたが、あるきっかけから映画村でアルバイトをすることになり、偏屈な俳優・五十嵐文四郎(本郷奏多)と出会う。
PROFILE
本郷奏多 1990年11月15日生まれ。宮城県出身。映画『GANTZ』、『進撃の巨人』、『鋼の錬金術師』、『キングダム』、大河ドラマ『麒麟がくる』など話題作に多数出演。現在、出演映画『嘘喰い』が公開中。また、自身で編集もおこなうYouTube『本郷奏多の日常』が話題。

Photos:Mariko Kobayashi Styiling:Daisuke Kawachi Hair&make-up:Kouichi Takahashi(Nestation) Interview&Text:Naoko Yamamoto