エンタメ

Kōki,が女優としてデビュー♡共演した高橋文哉・萩原利久とのエピソードを披露!

2022.02.25

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

モデルとして大きな注目を集めているKōki,さんの、女優活動第1作となる映画『牛首村』が遂に公開。作品への印象、初の演技、意外なリラックス法など、いろいろと伺いました!

もっともっと経験を積んで宝物を増やしていきたい

――完成作品をご覧になったときの印象はいかがでしたか?

映画が始まった瞬間はうるっときました。本当に一つの作品になったんだ、と。でもその後は、『もっとこういう演じ方もあったな』とか、『このシーンはこうなったんだ』とか、いろんなことを考えてばかりで。分かっていてもすべて新鮮でしたね。

――ホラー界の巨匠・清水崇監督による「恐怖の村」シリーズの最新作となりますが、怖くはなかったですか?

怖かったです(笑)。完成した映画を姉と一緒に観たんですけど、思わず声を出したシーンもあって。やはりスクリーンで観て、さらに音も加わると、雰囲気に飲み込まれますよね。

――不可解な出来事に翻弄される姉妹・奏音と詩音を、一人二役で見事に演じられていました。どうやって二役を切り替えていたんですか?

奏音も詩音も自分と共通点が多いなと思ったんです。二人は姉妹愛がとても強いんですけど、私も姉がいて。奏音の妹を守りたい気持ち、詩音の姉が大好きで頼りたい気持ち、どちらも分かるので役には入りやすかったです。

Page 2

――今回共演されている萩原利久さんと高橋文哉さんは『ViVi』で大人気のお二人なんです。共演した印象はいかがでしたか?

二人とも本当に優しくて、すぐうちとけることができました。休憩中も好きなものとか趣味とかについてずっと話していて。一度、好きな食べ物の当てっこゲームをしたんですけど、すぐに『ヨーグルトとフルーツ』と言われて『当たりだよ』って。私は当てられなかったんですけど……。

――あっさり当てられてしまったんですね(笑)。女優活動もスタートし、これからさらに忙しくなると思いますが、リラックス法についても教えてください。

お抹茶をたてて飲むことです。幼い頃、母の知り合いに教えていただいて。飲むと気持ちが穏やかになるので、今では毎日のルーティンに入っているんです。

――素敵ですね! 最後に、今後の目標についてもお聞かせください。

女優、モデル活動ともに、もっともっと経験を積んで、自分の中で“宝物”を増やしていきたい。そしていつかは、海外の作品にも参加してみたいなと思っています。

白ドレス¥244200、リング(右手人差し指)¥35200、(右手中指)¥44000/アレキサンダーマックイーン ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

Page 3

INFORMATION
『牛首村』 女子高生の奏音(Kōki,)はある日、心霊動画に映った自分にそっくりな少女を見て驚愕する。行方不明になったその少女を探すため、クラスメイトの蓮(萩原利久)と、動画の撮影地・富山県にある坪野鉱泉へと向かった奏音。そこで「牛首村」のおぞましい秘密を知り……。全国公開中。
PROFILE
Kōki, 2003年2月5日生まれ。東京都出身。2018年、『エル・ジャポン』のカバーでモデルデビュー。その後、国内外のファッション誌のカバーやブランドのアンバサダー、CM出演などキャリアを積み上げている。作曲の才能も発揮しており、中島美嘉や三浦大知などに楽曲提供している。

Photos:nae Hair:TAKU for CUTTERS (VOW-VOW) make-up:yUKI for Loopblue.Inc(M0) Styiling:Reiko Kishimoto(w) Interview&Text:Naoko Yamamoto