イケメン

高橋文哉がitブランドを着こなす!誌面未掲載のアザーカットとともにお届け♡【前編】

2022.02.22

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

222日発売のViVi4月号で、itブランドをカッコよく着こなしてくれた高橋文哉さん。泣く泣く落としてしまった珠玉のアザーカットと、ロングインタビューを2回に渡って特別にお届けしちゃいます! 国宝級イケメンNEXT1位の眼福すぎる写真をご堪能アレ。

主演:高橋文哉

スワロフスキーにクリエイティブディレクターが加わり新しく生まれ変わったことで、「最近可愛すぎる 」ともっぱらの噂♡ みんな大好きアクネ ストゥディオズのメンズは、HAPPYカラーに花柄など、女子的にも着たいものが目白押し。ジャケット104500(参考価格)/アクネ ストゥディオズ アオヤマ アクネ ストゥディオズ イヤーカフ22000、ネックレス99000 スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ジュエリー) ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

こんなにたくさんアクセサリーをつけたのは生まれてはじめてです(笑)。

ジャケットもキラキラで、アクセサリーもたくさんつけて、「ファッションストーリーを撮ってる!」とすごく感じられました。実は僕、最近アクセサリーデビューしたんですよ。渋谷の露店でお兄ちゃんに勧められるがまま、シルバーの指輪を3個も買っちゃって(笑)。アクセ初心者の僕にとっては、勉強になる 刺激的なコーディネート。ポージングにも気持ちが入りましたね。

Page 2

1995年生まれのデザイナーが手がける新進気鋭のイタリアブランド・マリアーノ。気分がアガるスペシャルな一着をアート感覚で取り入れて。ジャケット138600、カーディガン81400/ディプトリクス(マリアーノ)※すべて参考価格 サングラス28600/ブラン(ブラン) ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

黄色の服は人生初! はじめての自分が新鮮でした。

普段の自分と全然違うテイストで、楽しかったです!  黄色のスーツに黄色のカーディガン、サングラスも黄色。この服を着ている自分がどう見えているのか 想像できなかったけど、写真を見ると、我ながらイイ感じかもしれない(笑)。

今回のファッションストーリーはいかがでしたか?

どれも最高でしたね! 実は僕、ファッションに疎くて……()。撮影現場に行くと、こんな風にかっこいい衣装を着させてもらえるので、私服には正直そこまでこだわりがないんです。むしろ高校生の頃の方が、おしゃれを気にしていたかもしれません。

高校生の頃、おしゃれに目覚めるきっかけがあったんですか?

やっぱりそのくらいの年齢って、周りの視線を気にし始める時期じゃないですか?

僕、高校に入ってすぐにバイトをはじめたので、そのとき初めて“自分のお金で自分の服を買う”っていう経験をして。ちょっと大人になった気がして、すごくうれしかったですね。はじめて買ったのは、当時流行っていたMA-1。今でも鮮明に覚えいてます。ショッピングモールの一角にあるお店で、たしか6980円プラス税。校則でPコート着用がルールだったのですが、通学中はMA-1、学校に近づくと上からPコートを羽織って隠したりして毎日のように着ていましたね。今でも実家のどこかにしまってあるんじゃないかな?

イイ話! 最近はどんなお買い物をされてますか? ネット派or店舗派?

たまにお店に行って買います。何か買うものを決めて行くというより、なんでもない日に見に行くタイプ。よく行くのは、リサイクルショップ! どうも洋服にお金をかけようってならなくて、買い物といばリサイクルショップになっちゃいますね。何にお金を使っているか? ご飯かな? いや、それもそこまで高くないし……、自分でもわかりません

作品がクランクアップして、“ご褒美買い”することもナイ?

あ、それはあります! ドラマ『最愛』が終わったあとに、ずっと欲しかったダウンを買いました。+J7000円くらいだったかな? 僕、大物を選ぶ時って何かをがんばったご褒美とか、口実がないとダメで。友達へのプレゼントだったら全然気にしないんですけど、自分用だとけっこう考えちゃうんですよ。なので、フラっとお店に行ってもし欲しいものが見つけてしまったら、何かしらの口実を探しますね

このインタビューの続きは【後編】でチェック! 珠玉のアザーカットも公開予定です。お楽しみに〜♡

あわせて読みたい

高橋文哉が「月刊 国宝級イケメン」に登場!知られざる素の姿をたっぷりお届け♡

注目イケメン俳優・高橋文哉の恋愛観とは?「お姉さん気質な人が好き」

甘やかし上手な人が好き!?推せすぎるイケメン俳優・高橋文哉に10の質問

MODEL:FUMIYA TAKAHASHI PHOTO:YASUHISA KIKUCHI(vale.) STYLING:SHINYA TOKITA HAIR& MAKE-UP:TOSHIYASU OKI COMPOSITION&TEXT:NORIKO YOSHII