ファッション

ザラのデニムでマンネリ打破! 春のNewスタイル3!【今週のZARA】

2018.05.16

春に買ったデニム、コーディネートがマンネリ化していませんか? 6回目の【今週のZARA(ザラ)】連載、今週は真似したくなるNewなデニムのコーディネートを紹介します♡ ViViの人気スタイリスト・知念美加子さんが、デニムアイテムの超充実なZARAから、いつもとはちょっと違う、デニムの新スタイリングを提案します♡ スタイリストならではの小物テクニックにも注目です!  また、今回は知念美加子さんのインスタで、ヘアやメイクの紹介動画もありますのでぜひ参考にしてみてくださいね♡

【LOOK1】カットオフデニムでエスニックスタイル

ショートガウン¥3694、ニットキャミ¥2769、デニムパンツ¥7398、ターバン¥1380、バッグ¥7398、スリッパー¥9250

知念さん’S ポイント

裾の切りっぱなしが可愛い、万能なライトブルーのデニムパンツには新鮮なボレロを合わせました。そこに個性的な柄のバッグとターバンをプラスして、エスニック風なNEWスタイルの完成です

【LOOK 2】デニムミニでレトロガールを演出しよう!

ブラウス¥5546、デニムミニスカート¥3694、ピアス¥2398、シューズ¥6472/ザラ・ジャパン(ザラ)

知念さん’S ポイント

前ボタンがアクセントのデニムスカート。光沢感のある綺麗めブラウスを合わせれば、レトロコーデの完成です。レトロスタイルはシャイニーな小物をプラスすれば、ディスコライクにきまります。

【#ZARA #ootd #オシャレは自由】
今週の知念さん’s 私服コーデ!!

デニムジャケット¥5546、バッグ¥4620/ザラ・ジャパン(ザラ) ジャンパースカート/Maison Margiela スカーフ/Cleo Ferin Mercury スリッパー/ZARA

知念さん’S ポイント

ZARAのデニムは、色や形のバリエが豊富なのが魅力ですよね。 オーバーザイズの白デニムジャケットは、ゆるっと肩落としで着るのが今っぽくてオススメです。程よい肌みせで抜け感をプラスするとバランス◎です

【知念さん、コーデに合わせたヘアメイク&使用アイテムを大公開】

View this post on Instagram

Hair & Make up 😛 ・ ・ 〈Hair〉 全体を巻くことでターバンが丸いシルエットになりやすいのと、ヘアゴムなしで髪全部をターバンに入れられる!(ボブだから) ・ 前髪を26mm内巻きに強めに巻いてターバンから出す。 ・ ・ 〈Make〉 ターバンが柄だからしっかり濃いめメイクでバランスをとる🙆‍♀️ ・ グレージュシャドウに上からシルバーラメのせて、濃いめブラウンを目尻と二重幅に。 ・ チークはうっすら頬の骨格に沿って。リップはマットで気持ちオーバー気味に。 ・ まゆはヘアカラーに合わせて、ピンク眉。 ・ ・ ポイントは後ろの髪の毛を全部入れることと、ターバンに合わせたカラーリップをしっかりめに塗ること🙆‍♀️ ・ ・ #fashion #hairmake #ターバン #アフリカスタイル #africanfashion #hiphop #じゃないYO #ヘアメイクもファッションの一部

A post shared by chinenmikako (@chinenmikako) on

〈Hair〉

全体を巻くことでターバンが丸いシルエットになりやすいのと、ヘアゴムなしで髪全部をターバンに入れられる!(ボブだから)
前髪を26mm内巻きに強めに巻いてターバンから出す。

〈Make〉

ターバンが柄だからしっかり濃いめメイクでバランスをとる。
グレージュシャドウに上からシルバーラメのせて、濃いめブラウンを目尻と二重幅に。

第6回のZARA連載、いかがでしたでしょうか?
今季大定番のデニムですが、コーディネートの幅を広げて、いつもとはちょっと違う自分を演出してみて♡

ZARA(ザラ)は定番デニム~個性派デニムまでバリエーション豊富です!
同じアイテムでも、コーデでまったく別のスタイルに変化でちゃうのが、デニムの魅力ですよね♥
お買いものの際には、是非知念さんのコーデを参考にしてみてくださいね♪
ZARAオンラインストアへGO!

次回は5月23日(水)更新予定です。是非お楽しみに☆

PROFILE
TVでも大活躍の有名スタイリスト! 知念美加子(30歳)
2009年よりスタイリスト大田由香梨氏に師事。2011年独立。
ViViのメイン企画をはじめ、 TV、雑誌、広告、ファッションショーなどでマルチに活躍中。得意なティストは: シンプル、カジュアル、レトロ。インスタグラムで公開される私服やライフスタイルも人気。インスタグラム:@chinenmikako

Snap&Styling:Mikako Chinen Photos:Makoto Muto(still)