ファッション

あざとくないけど色気あるデニムLOOK♡肌見せするのが“ギャル”のお決まり!

2022.03.09

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

やってきました、空前のデニムBOOOOOM!!!!! 新しいシルエットに、あのアイテムがまさかのデニムに!?って進化、春らしいカラーデニムetc……、とにもかくにも今季はデニムまみれなわけで♡ じゃあ一体、何をどう着ればいいのー? その正解、ズバっとお教えします。今回は、“肌見せして着る”のが鉄則。ちょいギャルデニムLOOKをお届け♡ 取り入れるデニム自体はどこかメンズライクなんだけど、それを肌見せして、メリハリよく&色っぽく着るのが“ちょいぎゃる”流。海外セレブのような、あざとくないセクシーさを狙っていきましょ。

バギーデニムを腰ばきすれば懐かしいのにNEWな感じ

デニムパンツ¥4400/Brandy Melville シャツ¥10900/chuu(LZSD) ベアトップ¥5490/GYDAルミネエスト新宿店 サングラス¥11880/エイチエムエス アーカイブ ルミネエスト新宿店(コモノ) フープイヤリング¥2530/ALAND/アダストリア(3.3 Field Trip) ベルト¥6600/バロックジャパンリミテッド(SLY) ショートブーツ¥33000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(Dr.Martens) ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

ヘイリー・ビーバーのヘルシーカジュアルをイメージ!

やんちゃなオーバーオールの時こそ肌感が重要なの

オーバーオール¥14300/バロックジャパンリミテッド(LAGUA GEM) ジャケット¥17600/Carhartt WIP Store Tokyo (Carhartt WIP) ホルターネックトップス¥999/H&M カスタマーサービス(H&M) チェーンブレスレット¥6600/フォーティーン ショールーム(エイチアッシュ) サンダル¥16500/YELLO ピアス/モデル私物 ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

短丈黒トップスにヒールサンダル。色っぽさの足し算がコーデのカギ。

Page 2

カバーオールをバサっと羽織る彼から借りた風ってやつ(笑)

カバーオール¥38500/リチャードソン・トーキョー(リチャードソン) ハーフレギンス¥9900/ラコステお客様センター(ラコステ) イヤリング¥2530/ALAND/アダストリア(3.3 Field Trip) バッグ¥19800/DIESEL JAPAN(DIESEL) ブーツ¥33000、シューレース¥660/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(Dr.Martens) ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

着られちゃってるくらいのサイズ感が可愛い。

デニムショーパンでヘルシーに脚出してこー

デニムショートパンツ¥6600/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) スウェットトップス¥4000/Brandy Melville サングラス¥24200/DIESEL JAPAN(DIESEL) フープイヤリング¥2530/ALAND/アダストリア(3.3 Field Trip) バッグ¥7590/FAITH スニーカー¥18000/atmos pink flagship Harajuku店(adidas) ソックス/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

少年っぽいデニムショーパンもまた復活の兆し。サングラスだったりアップヘアだったり、カチっと締まる要素を足しとこ。

Page 3

ちらりセクシー♡セレブ気分の骨盤あきデニムが流行の予感

カットアウトデニムパンツ¥21780/HONEY MI HONEY レイヤードトップス¥6490/SPIRALGIRL バッグ¥8980/épine スニーカー¥11000/NIKE カスタマーサービス(NIKE SPORTSWEAR) ヘアバンド/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年4月号のものです。

骨盤部分が切り抜かれたNEWデニムがキテるって噂。シンプルな黒合わせで、クールに取り入れちゃって。

あわせて読みたい

【ユニクロ春】定番も新作もおしゃれに着こなすアイテムの選び方♡

春アウターはGジャン一択!定番をおしゃれにアプデする着こなし術7選

おしゃれさんは「ローライズ」はじめてます!この春マストで取り入れるべき“腰ばき”コーデ6選

PHOTOS:MELON(TRON/MODEL), MAKOTO MUTO(STILL) STYLING:KANA TANAKA HAIR&MAKE-UP:REI FUKUOKA(TRON) MODEL:LINA ARASHI(ViVi EXCLUSIVE) COMPOSITION&TEXT:NORIKO YOSHII COOPERATION:ICHIHARA LAKESIDE MUSEUM