ビューティ

タトゥー、つい入れてしまったけど、やっぱり消したい!費用や除去方法、アートメイクに潜む意外なリスクとは?

2022.04.01

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

ViVi世代が気になる悩みを、専門家にしっかり取材をして信頼できるアドバイスをもらおう!という企画『ViVi保健室』。基本的に一生消えないのがタトゥー。そうは知っていても入れてしまい、時間が経つにつれて消したくなってきた、というコも意外と多いはず。そこで、タトゥー消しについて、信頼できる皮膚科医にリサーチ!

今回の相談
Q.元彼とおそろでワンポイントタトゥーを入れたのですが、別れてしまい、今は新しく好きな人が……。一刻も早く消し去りたいけど、どうすればいいですか??
答えてくれる先生はこの人!
髙瀬聡子先生
ウォブクリニック中目黒総院長。ViViをはじめ多くの雑誌で、スキンケア企画があるとまず第一に取材候補にあがるといわれる美肌のご意見番。以前、ViViの読者から伝授されたセルフィの撮り方を実践。ブログ&SNSもぜひチェックを!

A-1:薄くはできても、元には戻りません!
A-2:クリニックによって、処置できる色が違う
A-3:中には、そのまま残したほうがいいことも
A-4:アートメイクも要注意。赤い線が残ることが……

A-1:薄くはできても、元には戻りません!

確かにレーザー治療で、薄くすることはできます。ただし、消しゴムで消したようにはキレイにできないのが現実です。また、入れた色素の量によっては、施術を何回も繰り返す必要があります。

レーザー治療では、タトゥーが入っている部分の肌の細胞を破壊するため、施術を繰り返すなどして肌に強いダメージを与えると、色素は薄くなっても、地肌の色がまだらになってしまったり、傷跡が残ったりする可能性も大です。

A-2:クリニックによって、処置できる色が違う

レーザー治療で薄くすることは可能と言いましたが、実は機械によって対応できる色は違ってきます。たとえば、私のクリニックで使っているのは、ヤグレーザー(刺青・アートメイク除去の場合/1×1cm ¥12000〜)。黒や赤に反応するため、黒色や赤色は処置できますが、その他の色は×。

ピコレーザーだとよりキレイに薄くできるという話もありますが、やはり色の制限はあり。緑や青など、多色を入れている場合は、アウトラインだけが薄くなり、中の色が微妙に残るケースも考えられます。まずはタトゥーの除去を得意としているクリニックに相談するのがいいでしょう。

A-3:中には、そのまま残したほうがいいことも

大きく複雑なタトゥーが入っている場合などは、レーザーで薄くするにも限界が。場合によっては外科手術をすすめられるケースもあるようですが、足首など部位によっては傷口が開きやすかったり、手術の傷跡が残ってかえって目立つというケースも。

そうなるぐらいなら、そのまま残したほうがいい場合もあるので、外科手術は慎重に。いくつかのクリニックを回って信頼できるところを見つけ、納得できたら、というくらいに。妥協は禁物です。

A-4:アートメイクも要注意。赤い線が残ることが……

消えない眉やアイラインを求めて、アートメイクを入れる人も増えていますが、アートメイクもタトゥーと同じ。実は、国によっては黒に赤を混ぜるなどしているため、黒い色素にしか対応できないレーザーで黒は消せたけど赤い色素が残ったなんてケースも。

今、日本では、医療機関でしかアートメイクができないことに法律上なっており、基本的には黒一色だと思いますが、念のため、除去したいと思ったときにキレイに消せることをあらかじめ確認しておくと安心です。

※施術の価格はすべて髙瀬先生のクリニック『ウォブクリニック中目黒』の場合です。クリニックや症状によって施術内容や価格は変わります。

先生のアドバイス
そう簡単に消せないのがタトゥー。これから入れる人は、慎重に。すでに入れて消したいという人は、どこまでキレイに消えるのか、跡は残るかなどをドクターに確認のうえ、施術法を選んで。

ビビ子

私はTATOOはそんなに好きじゃないけど、外国の人がたまに入れているよく分からない漢字のTATOOを街で発見するのは好きヨ。

二キビのこと、臭いのこと、生理のこと、Hのこと……見ためとか身体にまつわることって、「人には相談しづらいけど、信用できる答えが知りたい!」ですよね。そこで! ViViがみなさんにかわって信頼のおける医師のかたがたにお悩み相談をして、キチンとしたアドバイスをもらってこよう!というのが『ViVi保健室』なのです。

ViVi保健室の過去記事はコチラ♡

Page 2