イケメン

SixTONESはアイドルっぽくない!?ジャニーズ初の「THE FIRST TAKE」の反響は?

2022.04.15

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

SixTONESがViViに最速でカムバック! 今回の特集テーマはずばり「王道アイドル」。これまで取材をする中で、彼らのアイドルとしての矜持やジャニーズプライドに何度感銘を受けたことか……。音楽性の高さから「いい意味でアイドルっぽくない」と言われることもあるSixTONES。けれど彼らは、ジャニーズ文化の継承も革新も、そして何よりも自分たちらしさを大切にしている。あぁ、ジャニーズって、SixTONESって最高!

――アイドルグループ全盛期の今。日本、そして世界にはいろいろなアイドルがいます。その中でもジャニーズアイドルの特別なところってどこにあると思いますか?

松村 こんなにタテの交流が表立ってある母体って、あまりないんじゃないかなあ。日本には男女含めいろんなアイドルグループが存在しているけど、それぞれのグループが個々に立っている印象があって。あまり事務所名が表立つ集団ってないかなという気がしているので、それはジャニーズアイドルとして一番面白いところなのかなって思う。

京本 だからこそのファミリー感があるよね。年末にほぼ全てのグループが集まったり、いろんなグループの曲のシャッフルメドレーをやったり、コラボしてCDを出したり。ジャニーズという一つの組織として生まれるエンターテイメントも多い。

髙地 チャリティ活動としておこなった「Smile UP! Project」とかもそうだよね。

京本 普段はライバル同士だったりするけど、たまにアベンジャーズのようになる(笑)。ジュニア時代を一緒に過ごしているし、もともと交流もあったりするので、やっぱり絆はあるよね。このファミリー感がファンの方もゾクゾクするところなのかなって思うし、ジャニーズブランドにもなっているような気がする。

田中 俺は、これだけ全タレントが何でもやる事務所はない、という気がしている。みんな、歌と踊りだけでなく俳優もやるしバラエティもやるし……。

ジェシー お笑いもね(笑)。

田中 だからあらゆることを経験して体になじませたうえで、やりたいことを見つけていける。その環境はすごいよね。

髙地 俺が思うジャニーズの特別なところは、俺らみたいな素人が育っていく様が見られる、という点かなと思う。

ジェシー 良い意味で育成しないというかね。パンッてすぐテレビにも出してもらえるけど、一方で歌やダンスや、トーク力だって手取り足取り指導してもらえるわけじゃないから、個々が自力で学んで輝いていかないといけない。そこの対応力がないと、どんどん落ちていく事務所でもある気がする。

髙地 それこそSexy ZoneやHey! Say! JUMPは、そうだよね。みんな事務所に入って間もないうちにデビューして、歌も踊りも“カワイイ”からスタートして、だんだんと大人の魅力を身に付けていって、今は“カッコいい”だったり“セクシー”だったりというパフォーマンスを披露している。そういう成長過程も包み隠さず見せて、それをファンの人たちに見守ってもらえる。これはジャニーズ特有のアイドル文化だと思う。

森本 そう考えると、ジャニーさんがいたということが、ジャニーズ事務所の特別なところかもしれないね。ジャニーさんのプロデュースって、他の事務所のやり方とは全く違う印象を受けるというか。技術を教えるというより、愛で育てる、という感じ。ジャニーさんにもらったものは計り知れないから、俺たちも恩返ししなきゃってなる。まさに、親が子のために頑張ってくれて、子が親孝行したくて頑張る、みたいな。そういう意味でもファミリーだよね。

Page 2

ーーそのジャニーズの中でも、これはSixTONESが一番、と思うところって?

ジェシー やっぱ自由さでしょ。特に俺がね(笑)。マジメな会見でもすぐボケたりするし。まあ、あれでも我慢してるんだけど。

松村 今ってわりと〝揃えること〟が良しとされる時代かな、と思うんですよ。踊り、歌のハモリ……。SixTONESはその風潮に逆らうつもりはないし、正直その時流に乗ろうと努力したこともあったけど、向いていなかったというか(笑)。それよりも、それぞれが自由に曲を解釈して、思い思いのスタイルで作っていく。そこがSixTONESらしさなのかなあって。

髙地 同じ自由でも、俺らはルールの中で自由にやっている、というのが特徴かなと。決して大人に歯向かって好き放題やっているわけではない。時速60キロの法定速度だったら、ギリギリの58〜59キロぐらいでやっているところが、らしさなのかなって思う。

森本 みんなバラバラの顔を持っていて、自由にやっているけど、意外と6人揃ったら何にでも化けられる気がしていて。いざ王子っぽい曲をやったらそっちにも化けられるし、セクシーにも元気にもなれる。意外と全部できるかも、それが強みかも、と俺は思っているんだよね。過大評価かもしれないけど。

ジェシー 個性がバラバラな分、6人で団結すると「わー、すごい!」と驚いてもらえることは多いよね。

京本 俺は、“ブレない”というのがSixTONESらしさというか、SixTONESとして心がけていきたいなと思っているところ。ジャニフェスのときに思ったんだけど、みんながキラキラの曲を歌っている中、俺らだけが『Imitation Rain』だったり『マスカラ』だったり、大人なムードの曲を歌っていて。俺ららしさを突き進むというか、お客さんが急に静まり返っても動じないメンタルが必要だな、って感じたから。

田中 それ、俺も思ってた! でも俺らだけそういうムードなのがプラスに捉えられていて。まわりからも「アイドルらしいことをしなくてもお客さんが盛り上がってる。そっちを極めていったら?」みたいなことも言ってもらえて。ブレないパフォーマンスって人を惹きつけられるんだなあと、あらためて感じたところだった。

髙地 そういう意味では、衣装も特別だよね。カウントダウンコンサートのときに思ったけど、みんなキラキラの衣装の中、「あれ、俺らだけスパンコールの数が違くね?」って(笑)。

松村 それは間違いなくあるね(笑)。

Page 3

――良い意味で「アイドルっぽくない」と言われることも多いSixTONESですが、これはアイドルに絶対必要な要素、というものって何だと思いますか?

松村 グループを愛する力。本当の意味で最後までグループを愛してあげられるのはメンバーだけだと思うので、その愛情が欠けたらグループとして終わりだと思うから。

髙地 そうだね、思いやりという愛情だよね。メンバーの誰かが目立てるのって、他のメンバーがいるからで。お互いがお互いを推せるような思いやりがないと、アイドルグループって絶対成立しないと思うから。

ジェシー まああとは、ボケ力かな。一瞬アイドルであることを忘れさせる、そういう幅があると、コイツ面白いな、応援してみたいな、という気になってくれんのかな、と。

――反対にこの要素はアイドルとして必要ない、というものって?

髙地 私服のセンスじゃない!?アイドルは衣装が似合えばいい。SixTONESなんてみんな、レッスン着、くそダサイし!(笑)

Page 4

――“特別”といえば、「THE FIRST TAKE」に挑戦したのも、ジャニーズでSixTONESが初めてですよね。反響についてはどう思われましたか?

京本 ずっとやりたかったんですよ、1年ぐらい前から。でも他にもやりたいと思っているグループはいっぱいいるだろうし、俺らはデビューしたばっかりだし、無理だろうなあと諦めていたら、お話をいただいて。その分、プレッシャーや緊張感はめちゃくちゃありましたね。

田中 俺はいつか来る、って思ってたよ。「音楽を大事にしたい」って偉そうに言ってきたから、これを避けちゃいけないとも思っていた。

髙地 やっぱりジャニーズファン以外の方たちにも届くコンテンツだからね。実際にコメント欄を見ていると、「名前は知っていたけどこういう人たちなんだ」とか、「マジメにやったらこういう感じなんだ」ってコメントがあったりして。そういう反響は嬉しかったよね。

ジェシー そりゃあね、俺もいつもバラエティでボケてるけど、そこはカッコつけさせてもらいますわって(笑)。

森本 いやホント、いろんな人から連絡が来たよ。俺はダイビングをやっていて、そこの仲間ってジャニーズのこと知っている人は少ないんだけど、「THE FIRST TAKE」のときは「見たよ」って言ってきたから。急上昇ランク1位に載ったりして、YouTuberの友達が「まだ1位にいるよ」と連絡をくれたり。マジで色んな界隈に見られているコンテンツなんだなあと感じた。

松村 英語だったり、いろんな国の言語でのコメントの書き込みも多いなあ、と思った。それが嬉しかったし、いつかは日本でも海外でも同じくらい知ってもらえたら……という思いはあるので、それこそ一歩目になったのかな、という気はしました。

ジェシー こうやって多くの人から期待してもらえる分、自分たちも実力を上げていかないとね。「なんだ、SixTONES、たいしたことねーな」って思われるから。それは新たに見つけた課題でもあるかな。

京本 あそこで俺たちの曲を初めて聴いてくれた人がどれだけいるのかは分からないけど、間違いなくSixTONESの入り口として、一つの素敵な機会を作ることができたと思ってる。ちゃんと再生回数という結果もついてきたと聞いているので、爪痕は残せたと思うし、それだけでもすごい財産。挑戦させてもらって、本当に感謝してます。

合わせて読みたい

SixTONESが語るアイドル論!職業病ってあるの?6人のジャニーズ愛に溺れそう…♡

SixTONESの恋バナに撮影ウラ話…知ったら絶対スキになる♡6人の最新情報まとめ

SixTONESファンもまだ知らない!?極秘のイキりエピソードをメンバーが暴露♡

Composition&Text:Noriko Yoshii Interview&Text:Naoko Yamamoto, Satoshi Asahara, Rina Ishibashi