エンタメ

中村倫也、初共演の吉岡里帆は「世間が思っている以上に執念がある」

2022.05.01

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

好きを仕事にできたらいいけど、好きを貫くって大変! そんな理想と現実の間で奮闘する2人のアニメ監督を描いた映画『ハケンアニメ!』が520(金)より全国公開します。天才でワガママで、でも誰よりも好きに誠実なアニメ監督・王子千晴を演じている中村倫也さんに、作品のこと、そして自身の仕事への思いを伺いました。

「これを僕に近いと言ってくれるんだ」と悪い気はしなかったですね()

――中村さんが演じるのは、デビュー作で大ヒットを飛ばした天才アニメ監督・王子千晴。久々の復帰作で、吉岡里帆さん演じる新人アニメ監督・斎藤瞳と対決することになりますが、余裕ある顔の裏には相当なプレッシャーを抱えており……という役どころです。どのような気持ちで現場にのぞまれたのですか?

中村 王子はわがままな子供のようであり、実は繊細なところ、周りをよく見ているところ、というのがある。監督という立ち位置って、そういう全てをひっくるめたものだと思うので、個人的には「王子は意図的に傍若無人に振る舞っているところもあるのかな」と思いながら入りました。

――作品を見させていただいて、王子はわりと中村さんのイメージに近いキャラクターなのかな、という印象を受けたのですが……

中村 今作の吉野耕平監督は、一昨年前にも『水曜日が消えた』という映画でご一緒したんです。それを撮り終わった後に、「普段の中村さんに近いキャラクターをオファーしました」と言われて。何? と思ったら、こんなカッコいい役だったので、「これを僕に近いと言ってくれるんだ」と悪い気はしなかったですね()
僕の持っている少しぶっきらぼうなところというか、僕は言いたいことをわりとズバズバ言っちゃう、みたいなところがあるので、そこが近いと思ったんですかね。あとは王子のように、実は周りのこと、みんなの人生を考えて、一つ一つの仕事に丁寧に取り組んでいるところも王子に近いと評価していただけたのかな、と。ふふふ()

Page 2

――何か役作りで参考にされた人などはいらっしゃいますか?

中村 特にないですが、アニメ業界ってわりと自分の仕事と近い世界観というか。もちろん役者は脚本があるので、アニメ作品のようにゼロから生み出すわけではないけど、「この役の感情、分かんねーな」などとゼロから探すところはありますから、そういう生み出す作業という点では同じなのかなと感じています。あとは、雑誌でエッセイを書いていた経験も活きていたと思いますね。これも、ゼロを1にする作業なので。
そういう意味でも、いろいろと王子は自分と近いところにいるキャラクターなのかなと思いました。だから「まんまでいいや」と思って演じていたんですけど、唯一苦労したのは、いかにカリスマに見せるか()。それ以外は、物作りの世界の裏側を乗せれば成立する役だな、と感じていました。

――中村さん自身は、普段はアニメをよくご覧になるんですか?

中村 実は全然観ないんです。もともと観ていたのは『エヴァンゲリオン』とか『ガンダム』ぐらいですかね。だから今回アニメ監督を演じることになって、吉野監督に「これを観ておいたほうがいいよ、という作品を3つ教えてください」と聞いたんですよ。そしたら『魔法少女まどか☆マギカ』と『少女革命ウテナ』と『さらざんまい』と言われたので、それらを観ました。きっと監督が影響を受けた作品だろうし、それはつまり、王子が作る作品にも影響しているだろうと思ったので、しっかりと参考にしながら観させていただきました。
僕も役者になって15年ぐらい経つので最近感じるんですけど、アニメって実写じゃできないことができますよね。そこに実際の人や景色が存在しているわけじゃないけど、ふとした瞬間に入り込んでいける、そんな魅力があるなあと個人的に感じています。

――共演の吉岡里帆さんへの印象も教えていただけますでしょうか。

中村 吉岡さんとは今作が初共演でしたが、どうやら入り方を間違えたらしくて、最初は如実に壁を感じました()。でもその後、舞台でもご一緒させていただいたので、半年ぐらいずっと一緒にいて、今ではすっかり仲良しになりました。
印象としては、世間が思っている以上に執念がある女優さんだな、と感じましたね。世間的にはさわやかで好感度が高くてマドンナ的なイメージがあると思うんですけど、それだけの器にはおさまらない。もっとドロドロしたものも内包していると感じたので、これからいろんな役を演じられるのを楽しみにしています。

新人の瞳と既に名声を得ている王子の対比を出せたらいいなと思ったんです。

――王子と瞳が観客を前にしたイベントで対談するシーンは、本作の見どころの一つだと思います。白熱した対談バトルが繰り広げられて圧倒されたのですが、どんな思いで演じられていたのですか?

中村 フェアプレイじゃないですが、同じクリエイター同士。しかも面白いものを作ろうと考えている瞳に対してリスペクトを持つよう心掛けていました。あと、瞳は新人なのに対して、王子はすでに名声を得ている。その対比を絶妙に出せたらいいなと思ったんです。そういう意味では、王子の態度に余裕があるほうが、瞳にも敵対心じゃなくて闘争心というピュアなエネルギーが生まれるかなと思って。そういう王子でいなきゃいけない、と意識していましたね。

――王子は、ああいったイベントの場に対して「何やってんだ、俺」みたいな思いと、一方でファンの想いにこたえようとするエンターテイナーな思いも併せ持っている印象でした。中村さんも、同じように新作紹介の場に立たれることもあると思いますが、どのような思いを持って立たれているんですか?

中村 たしかに僕自身、自分が出演している作品を宣伝させてもらうことがあるので、あのシーンは「リアルだなあ」と思う部分もありましたね。王子は観客からも主催者側からも「余裕あるカリスマ監督」のイメージを求められて、そう振舞うことに葛藤があるわけですが、僕は、こちらは宣伝ができてお客さんも楽しんでくれる、というウィンウィンの場だと思っているので、僕自身をどう取り上げられてもかまいません。とはいってもイメージがあまりに先行すると、「そっちばっかりじゃないんだぞ」と思うときもありますが。
ただ、司会進行するアナウンサーがズレた質問をして王子をイラつかせるシーンがあるんですけど、あの人たちも指示されて質問しているだけだから、とフォローしてあげたい。先日も同じようなシーンがリアルにあったんですよ。アナウンサーの方が唐突な質問をして、僕たちは「キョトン」みたいな。仕事は何でも大変です()

Page 3

――作品からは、物作りの現場の人たちの「いいものを作りたい」という鬼気迫る熱意が伝わってきました。中村さんの本作を見られた感想を教えてください。

中村 やはり物作りに対する熱意、その重さ、期待、責任……。そんなあれこれを僕は体験としても知っているので、素直にグッとくるものがありました。
いや、それにしてもアニメを作るのにこれだけの方たちが心血注いで関わっているとは知らなかったです。登場人物たちはみんな、これからもすったもんだしながらも好きなことを一生懸命やって、いい作品を作っていってほしいな、と素直に応援したいと思いましたね。と同時に、僕自身元気をもらった。こういう業界に関係なく、仕事や勉強、部活など、何かに頑張っている人は勇気をもらえる作品じゃないかと思います。

後編に続く)

中村倫也がエゴサをしない理由「評価なんて人の数だけあるもの。判断基準は自分が持つべき」

『ハケンアニメ!』
直木賞作家・辻村深月の胸熱お仕事小説が遂に映像化! 連続アニメでの監督デビューが決まった斉藤瞳(吉岡里帆)だが、気合いが空回りして思うように仕事が進まない。そんな瞳のライバルは、天才アニメ監督・王子千晴(中村倫也)。そして瞳をイラ立たせるビジネスライクなプロデューサー・行城理(柄本佑)、王子に振り回される優秀なプロデューサー・有科香屋子(尾野真千子)。皆がそれぞれの熱い思いをぶつけながら、ハケン=覇権を争う戦いを繰り広げる! 520より全国公開。

中村倫也

19861224日生まれ。東京都出身。2005年、俳優デビュー。映画『水曜日が消えた』、ドラマ『珈琲いかがでしょう』など主演作多数。現在、「中村倫也のやんごとなき雑炊」を連載中。今年は「仮面ライダーBLACKSUN」(秋配信)、主演ミュージカル『ルートヴィヒ~Veethove The Piano~』などが控えている。

Photos:Tohru Daimon
HairMake:Emiy
Styling:Arata Kobayashi
Interview&Text:Naoko Yamamoto

あわせて読みたい

人気俳優・中村倫也の最近経験した“ぴえん&ぱおん”な出来事とは!?

「犬みたい」神木隆之介と中村倫也の関係性に思わずほっこり♡