ファッション

シンプル派スタイリストの夏私服。肌見せで女っぽさをプラス♡

2022.05.03

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

やっぱり気になるおしゃれなあの人の私服♥ あらゆる春夏アイテムを見てきたViViスタイリストがリアルに買っているものとは? トレンドは押さえつつ、それぞれの個性が爆発したラインナップはどれも可愛くてマネしたくなるものばかり。ということで今回は、スタイリストの内田理菜さんをPICK UP!

女っぽシンプルな着こなしがキブン
STYLIST 内田理菜さん

内田理菜さん

毎年夏はタンクトップばかり着ていますが、今年はスリット入りのロンスカを取り入れてさらに女っぽい肌見せを楽しむ予定。夏になると白よりクロが着たくなるので、クロをベースに色をポイントで合わせます。

カラーパンツを主役にコーディネート

キャミソール/THROW by SLY パンツ/AURALEE メガネ/MOSCOT ピアス/TEN. ネックレス/Jouete バッグ/BOTTEGA VENETA リング/DIOR サンダル/ASOS ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

今年はカラフルなアイテムが豊作ですが、難しくなりすぎないパンツで投入。ほどよいワイド感がお気に入り

小物はハイブランドで長く使えるデザインを

【左から】BY FAR、PRADA、BOTTEGA VENETA ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

シンプルなコーデが多いからこそ、バッグや靴はハイブランドをセレクト。シンプルで飽きない、長く使えるデザインを選びます

Page 2

ベージュセットアップで女っぽく!

ジャケット、パンツ/Rosarymoon タンクトップ/ZARA ピアス/TEN. バッグ/BOTTEGA VENETA サンダル/ASOS ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

パンツのスリットやボリューム袖で女らしく着られるセットアップ。今日はヌーディにワントーン合わせで。単品なら普段着に、セットアップなら気合を入れたい日に使える!

夏はほぼ毎日! タンク&キャミ

きゃしゃに見える肩ひも細めがすき♥♥

SLYのタンクセットが神すぎて白も購入!!

【左から】ブラウンタンク/H&M、ピンクタンク/PETIT BATEAU®、グレーキャミ/American Apparel、タンク&キャミ3 枚セット/THROW by SLY ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

タンクトップは夏の制服! カジュアルになりすぎないよう、コットンではなくリブニットを選ぶのがこだわり。細めショルダー&アメスリデザインの、二の腕が細く見えるデザインがお気に入り♥

Page 3

カットアウトにデニムでひとクセある着こなしに

トップス/PERVERZE デニム/リーバイス® キャップ/EMIS ネックレス/e.m. バッグ/alexanderwang シューズ/PRADA ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

トレンドのカットアウトのトップスが主役。明るめのブルーデニムに合わせて、シンプルだけどひとクセあるワントーンコーデに

ココがポイント♥

Page 4

オールインワンはモノトーンでまとめて大人っぽく

サロペット/ROKU タンクトップ/ZARA ビーニー/CA4LA ネックレス/KNOWHOW JEWELRY バッグ/BOTTEGA VENETA スニーカー/NIKE ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

ゆるいけど大人なシルエットがお気に入りのオールインワン。カジュアルなアイテムこそ、タンクで肌見せを楽しみます。シンプルすぎないよう、ビーニーやメガネなど小物でインパクトをプラス

注目ブランド!!
OPEN SESAME CLUB

Page 5

今年はちびカーデ集めてます!

Acne Studio ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

突然カーデにハマり、夏用の薄手カーデを2枚買い。淡い色がシンプルコーデのアクセントに使えるし、夏の肌寒いときに使えて便利♥

コーデがもの足りないときの助っ人!!!

MOSCOT ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

これをかけるだけでコーデがキマる!

Page 6

あわせて読みたい

大人気カリスマ店員がこの春に本気推しのアイテム&コーデ大集合♡

この春の私は世界一可愛い♡NEWな自分になるための方法をレクチャーしちゃうよ!

この春はカーデが大豊作♡重ねても・羽織っても・一枚でも楽しめる!

※値段の表記がないアイテムはすべて私物です。各ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。
Photos:Young Ju Kim(model)、Maya Kajita(still) Composition&Text:Nirai Ikeshiro