エンタメ

嵐莉菜、初主演の映画では別人に見えた!?今、急成長中の彼女の最近は?

2022.04.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

圧倒的可愛い! 圧倒的尊い!! 8人になった新生ViViもでるずを一挙ご紹介いたします。夏はすぐそこ、肌見せの季節! ということで、美ボディアピール全開でいっちゃいます。なんてったって、ViViもでるずたちのスタイルはズバ抜けちゃってて圧巻モノ(ここだけの話、実はかなーーり努力してるんだよっ)。可愛くなりたいコ必見の読み応え♡ 個性豊かなQ&AやViVi以外の近況も知りたいよね!? ってことで、改めましてメンバー紹介スタートです! 今回は、嵐莉菜にクローズアップ♡

生まれながらの主役キャラ⁉
キラキラがつねに飛び散る

嵐莉菜

ボレロカーディガン¥14080、ぬいぐるみ¥18480/Katie インナー¥1650/SHAGADELIC スカート¥5190、ビジューベルト¥1760/NADIA FLORES EN EL CORAZON ソックス¥1100/タビオ(靴下屋) ピアス/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

Q1.ViViモデルの中で一日入れ替われるならだれになって何する?

miuさん♡ 美味しいものいっぱい食べてるイメージだから、miuさんになって美味しいもの巡りしてみたい! 醤油ラーメンのおすすめのお店知りたいなぁ~。

Q2.今年の自分のラッキーカラーは?

ずーっと青が好きだけど、今年着たいカラーは偏光っぽいイエロー。テカッとキラッとしたイエローがブーム!

Q3.最近買ったものは?

ポチャッコのスマホリング。うちのうさぎちゃんに似ていて可愛くって買っちゃった♡

Q4.なれるものなら何になりたい?

時間を止められる人になりたい!

トップス¥18150/THEFOUR-EYED(Nodress) パンツ¥10450/CharlesChaton ラフォーレ原宿店 ミニリボン各¥3300、ロングリボン¥4180/Katie イヤリング¥9900/HONEY MI HONEY バッグ¥8800、サンダル¥16500/H3O ファッションビュロー(MELISSA) ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

Page 2

Q5.最近興味を持ったことは?

スノボー! オリンピックを見てからかっこよすぎて、やりたくなっちゃった。

Q6.初の映画主演どうだった? 緊張した?

すごく緊張したし、とにかくプレッシャーすごかった…初めて完成した映画を見た時、別人に見えたの! ちゃんと演技できてたってことかな?笑 たくさん勉強できて成長できて、本当にこの作品に携われることができて光栄です!

Q7.セリフ覚えるの大変だった? どうやって覚えた?

最初はセリフ覚えることに緊張したり、焦ったりしていたんだけど、途中から役に入り込んでたのかな? 当日台本読むだけでセリフが自然と入ってくるようになったの。セリフ覚えることも楽しくなった!

Page 3

Q8.家族とのお仕事どうだった?

そう、皆オーディションだけど、映画には、お父さんや妹と弟も出演しているの。本格的な演技は初めてだし、最初は家族に演技しているところを見られるのも恥ずかしかったんだけど、家族だからこそやりやすい部分もあって、役に入り込めたよ。家族にとっても一生の宝になったと思う。

Q9.最近ハマってるお菓子は?

ホワイトロリータアイス! あとはフェットチーネグミのイタリアンレモン味! いっぱい入ってるから嬉しいの(笑)。

Q10.近況を教えて!

映画の取材、頑張ってます! 1日中だから初回はヘトヘトになってたけど、最近は慣れてきて取材日が楽しい!!

Q11.学校生活はどう?

JK満喫して充実してる♡ 文化祭もあるから楽しみだな~!

キャミソール¥9790、ピロークッション¥10780/Katie ミニスカート¥7980/épine ハット¥9460/Barairo noBoushi パールネックレス¥7700(DEEPBROW)、リング各¥9900(mikshimai)/SHOWROOM CHRMR チェーンネックレス¥1760、チャームネックレス¥1760/NADIA FLORES EN EL CORAZON ●商品情報はViVi2022年6月号のものです。

合わせて読みたい♡

お人形さんのように可愛い二人♡見た目とは裏腹に実は無邪気で頑張り屋さん!

嵐莉菜と愛花ってどんな子?現役JK&JDなViViモデルをもっと知って欲しい♡

Photos:Ittetsu Matsuoka Styling:Yurika Nakano Hair&Make-up:Rei Fukuoka(TRON) Model:Lina Arashi(ViVi exclusive) Composition:Mayuko Kobayashi Text:Asami Kotake