ビューティ

AKB48・本田仁美のメイクを真似したい♡夏に試したいバズり顔の作り方

2022.06.01

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

インスタでよく見かけるあの人のバズり顔メイク、知りたくない? 今回は大人気インフルエンサー6人がViViに登場♡ バズり顔&夏メイクを紹介してくれたよ! 今年の夏はみんなの「いいね!」を集めちゃおっ♪ ということで今回は、AKB48の本田仁美さんのメイクをお届け。AKB48として活動する本田さんは、昨年まではIZ*ONEメンバーとしても活躍。日韓ともに人気の高い彼女のメイクは、アイドル顔のお手本♡

このバズり顔を再現!

大小ラメがキュートに輝くキラキラメイク♡

「ラメをのせると自分がキラキラ輝いて見えるのが好き♡ 目元はキラキラ、他はマット質感と組み合わせると普段メイクが完成します♪」

ワンピース¥17600/The Girls Society ピアス¥2640/サンポークリエイト(アネモネ) ●商品情報はViVi2022年7月号のものです。

「成人記念の振袖メイクは大好きなラメを使ったキラキラメイクに。大好評でした★」

❤︎USE THESE❤︎

【A】大粒のピンクグリッター。リリーバイレッド グリッターゾン FOG #02 ¥1870/中央物産 【B】繊細ラメがキュート。シュガートゥインクル リキッド シャドウ 09 ¥1320/ペリペラ 【C】ピンクトーンの4色。NOTONE ピーチブラッシュトーストカフェアイパレット 01 ¥2090/Coogee 【D】ハード フォーミュラ ウォームトープ ¥2860/シュウ ウエムラ 【E】Style by Aiahn ボリュームアンドカールマスカラ BLACK ¥2750/バイ&リース 【F】キャンメイク ラスティングリキッドライナー 04 ¥990/井田ラボラトリーズ ●商品情報はViVi2022年7月号のものです。

Page 2

❤︎ HOW TO MAKE-UP ❤︎

①大粒ラメを上まぶたにオン!
Cの左上をアイホール全体に、右下を二重幅に塗布。上からAを上まぶた全体に指で重ねる。

②リキッドシャドウでラメ足し!
Cの左上を下まぶたに引いたら、Bのリキッドシャドウを目頭から目尻までたっぷり重ねる。

③チークは楕円形で質感はマットに
Cの右上のカラーをブラシに取り、鼻横から頰の外側に向かって楕円を描くようにのせる。

Cの左上をアイホール全体と下まぶたに、右上を二重幅に塗布。上まぶたにはA、下まぶたにはBを重ねる。Cの右上はチークにも。ラインは目尻とインラインに。リップを塗って完成。

Page 3

今年の夏顔はコレ!

スモーキーカラーで大人メイクが夏気分

「今年の夏はスモーキーで大人っぽいメイクに挑戦したい。くすみグレーやカーキを使って、普段とは違うスタイリッシュな顔を作りたいです」

トップス¥4840/ムルーア 新宿ルミネエスト店 イヤリング¥1980/サンポークリエイト(アネモネ) チョーカー¥60500/サラース カスタマーサポート(サラース) ●商品情報はViVi2022年7月号のものです。

❤︎USE THESE❤︎

【A】立体眉に。エレガンス アイブロウ デュオ パレット GR40¥4180/エレガンス コスメティックス 【B】スモーキーカラー。ルナソル アイカラーレーション EX22 ¥6820/カネボウ化粧品(限定品) 【C】カーキが◎。RMK インジーニアス リクイドアイライナー EX 08 ¥3080/RMK Division 【D】血色チーク。ルナソル デューイベアブラッシュ EX01 ¥3300(限定品)、【E】ツヤリップ。同 デューイマットリクイド EX06¥4180/カネボウ化粧品(限定品) 【F】シャレ色。エンスロール マット リップス EX02 ¥3850/セルヴォーク(限定品) ●商品情報はViVi2022年7月号のものです。

Page 4

❤︎HOW TO MAKE-UP❤︎

EYE
下まぶたのカーキラインでスパイスを

CHEEK
チークはリキッドをシャープづけ

LIP
ヌーディリップはぽってりと

Bの右上をアイホール全体に、左下を下全体に入れる。Cで下目尻にラインをオン。チークDはシャープに。リップはFを中央、Eを全体にのせて。

PROFILE
本田仁美(AKB48)2014年、12歳の時にAKB48に加入。2018年日韓合同オーディション番組にてIZ*ONEのメンバーに選ばれ、2021年まで専任活動を行う。5/18発売のAKB48 59thシングル「元カレです」で初のセンターを務める。

Photos:Kentaro Kambe Styling:Aino Masaki Hair&Make-up:Yukie Tsujimura Composition&Text:Makoto Tozuka