エンタメ

【藤田ニコルインタビュー】自信ってなんだろうね? 連載「ニコ論」第18回

2022.06.06

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

こんにちは! 藤田ニコルです。この連載では、私が24年の人生で感じてきたこと、学んできたことを通じて、どうやって今の藤田ニコルが出来上がったのかを考えてみることになりました。あまり過去は振り返るタイプじゃないけど、良い機会をもらったから、思い出して話してみようかなって。私の経験が、みんなの仕事や勉強、友達付き合いの参考になったら嬉しいです。第18回目の今回は、自信について。

妄想級に最悪なことを
ついつい
想像しちゃう

世間が抱いているイメージとは違うかもしれないけれど、実は私、かなりネガティブで心配性
しかも、みんなに「考えすぎ」ってよく言われるレベルの極度の心配性で、重要な場面では、いつも最悪のパターンばっかり考えちゃう。
たとえば、大きなイベントでランウェイを歩く前は、「誰も『キャー』って声上げてくれなくて、『シーン……』って感じだったらどうしよう」とか、「歩いている途中でド派手に転んじゃったらどうしよう」って想像したり……。
「普通、そこまで考えないよ!」「そんなこと、起きるわけないじゃん」ってみんなには笑われるんだけど、考えずにはいられないんだよね。
なぜかというと、そうやって思いつく限りの最悪なケースを想像しておけば、それ以上悪いことは起きない気がするし、無事に終えられただけで「やった、私すごいじゃん!」って思えるから(笑)

ランウェイの裏側では、みんなテンションが高くて音楽に合わせて踊りまくったりしているんだけど、私は一人でじっとしてることが多いかな。
踊るのは得意じゃないし、何よりも不安で、踊るどころじゃない!
いざランウェイに出て歩いている最中も「私、大丈夫かな?」って気持ちでいっぱいだから、自信がなくてフワフワした状態で歩いていたりする。
だからこそ、自信満々に歩いている人がうらやましいし、もっと堂々としたいなぁって思う。

Page 2

この心配性は、仕事の規模が大きくなればなるほど“悪化”しちゃう
たとえば、CMの仕事が決まった時もそう。
どんな仕事でも責任は生じるけど、CMの場合、特にたくさんのお金や人が動いてるので、不測の事態が起きた時のダメージが大きいんだよね。
何より、藤田ニコルというキャラクターを信頼してオファーしてくれているわけなので、その信頼を裏切りたくない。
だから、仕事が決まってから実際にCMが流れるまでは、もう心配で仕方なくて……。
「自分が知らないところで、何か大きな事件に巻き込まれていたらどうしよう」とか、「参加した飲み会に、たまたま全然知らない反社会的勢力の人がいて、一緒に撮った写真が流出したらどうしよう」とか、起きる確率が限りなく低そうなことまで想像しちゃう。
だから大きな仕事が決まるのは、すごく嬉しい一方で、緊張するし怖い。

雑誌でも、表紙に抜擢してもらえると嬉しいし、誇りでもあるんだけど、「全然話題にならなかったらどうしよう」なんて、考えちゃったり。
物事が上手く行っている時ほど、怖くなる。

緊張する場面では、プラスのイメージだけを頭に思い描いてテンションを上げたり、上昇気流に乗っているときは悪いことは一切考えないっていうタイプの人も多いよね。
でも、私は悪い時のことを想像していないと、不安で仕方ない。
それに、上手く行っている時こそ浮わつかずに、マイナス思考になることで足元を見つめ直せそうな気もするんだ。

Page 3

実は結構
面倒な性格の私(笑)

でもね、最近思う。これって、自分への自信のなさの裏返しなのかもしれないなぁって
たとえば、好きな人に「かわいいね」っていわれると、内心めちゃくちゃ嬉しいくせに、「そんなことないよ」とか言っちゃう。
撮影でも「いいショットが撮れたよ~」っていわれると「本当ですか?」って聞き返してしまったりとか。
素直に「わ~、嬉しい!」とか「ありがとうございます!」って言えばみんながハッピーになるのは分かってるんだけどね……。
でも、ほめられるのは嬉しいし、むしろほめられたい。
だから、本当に面倒な性格なんだ(笑)。

Page 4

自分に自信がないからこそ、将来の備えもしっかりやってるよ
芸能界って何があるか分からないから、今のままずっと仕事が順調にあるとは限らない。
自分が意図しないことで事件に巻き込まれて、突然仕事がなくなるかもしれないし、人気がなくなってオファーが来なくなる可能性だってゼロじゃない。
だから、芸能の仕事ができなくなっても、人生をやり直せるように、きちんと貯金をしてる。
心配性な自分が嫌になることもあるけど、こうやってマイナス思考があるおかげで準備できたりする面もあるから、あながち悪いことだけでもないと思う。
なにより、こういうネガティブな自分が私には一番しっくりくるから、それでいいかなって

一方で、仕事を長く続けていくには、見た目を磨く以外の努力も絶対に必要。
その一つが現場でのコミュニケーションなんだけど、その話はまた次回!

次回更新は6月20日(月)お楽しみに!

藤田ニコルのお仕事連載
「ニコ論」連載一覧

Text&Composition:Miho Otobe Photo:Mayuko Kobayashi Stylist:Hitomi Imamura Hair&Make:Rei Fukuoka(TRON)