レンアイ

カップルYouTuber・ゆたせなのプロフィールや馴れ初めは?仲良しの秘訣は毎日の愛の告白♡!?

2022.06.08

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

SNSで話題のカップル、本当の二人はどんな人たち!? いま大注目のカップルたちを全力取材してきたよ。「バズったきっかけは?」「なんでそんなに仲良しなの?」みーんな違って、みんなラブラブ♡ いろんな愛のカタチ、全部推せるにきまってる! 今回は「ゆたせな」カップルを紹介! 馴れ初めからYouTubeのことまで気になるイロイロを聞いたよ♡

ViVi読者支持率No.1!! カラフルハッピーちゃんな二人♡

ゆたせな 【YouTube】ゆたせな Yuta and Seina 【TikTok】yutasena_0617

ユウタ(24歳/動画クリエイター)@yaginoyuta
セイナ(24歳/動画クリエイター)@sei__pan

COUPLE PROFILE
〈交際歴〉4年11ヵ月
〈なれそめ〉音楽の専門学校で出会った二人。イベントのリーダーだったユウタくんは、以前から気になっていたセイナちゃんを副リーダーに誘ったそう。二人での時間を過ごすうちに、気持ちを抑えられなくなったユウタくんは、セイナちゃんをデートに誘って告白! 5時間悩んだセイナちゃんでしたが、答えはOK! お付き合いすることに♡

Page 2

Q.おたがいの性格を説明すると?

ユウタ 絵に描いたような妹キャラで、僕はそこが可愛いと思ってます。いい意味でも悪い意味でも先を考えずに行動する人。たまにフォローするのが大変です(笑)。

セイナ うちゃんは、今まで出会ったことないくらい優しくて、セイナのこだわりの強さも受け入れてくれる。

Q.バズるきっかけになった投稿は?

ユウタ 何回かターニングポイントはあったんですけど、最初は『Disney Seaの一日』っていうTikTok投稿が思いのほかバズって。

セイナ 数値的にはそこまで大バズりって感じじゃなかったけど、反応がめっちゃ良くって。ディズニー好きの子にめっちゃハマったり、ファッションを見てくれる子が増えたのはその投稿がきっかけですね。

ユウタ そこからYouTubeの登録者がやっと1000人超えたりとか、エンジンがかかり始めました。動画を上げればバズるくらいの勢いが出てきましたね。

Q.お気に入りの投稿は?

セイナ セイナはバズり始めた時の動画より、初期の頃の方が思い出深くて、コロナ禍の外出自粛中に夜中に何度も着替えて撮った『1週間コーデ』とか、思い出があります。

ユウタ ディズニーに行くと帰り際にセイナが毎回「帰りたくない」って言い出すんで、その様子をあげた動画は、みんなに「可愛い」って観てもらえるし、自分も好きです。

Page 3

Q.どうしてカップルチャンネルを始めたの?

ユウタ「二人で幸せになる方法はこれしかない!」と思って始めました。僕は、変な自信があって成功する未来が見えていたんですけど、セイナをついてこさせるのが大変ではありました。プライベートも仕事もお互いずっと一緒にいたかったからって感じですね。

Q.「YouTubeをやめよう!」と思ったことは?

ユウタ 付き合ってちょうど1年くらいでYouTubeチャンネルを開設して、でも芽が出なかったから、要所要所で諦めようよみたいなのが何回かあったんですけど、その度に俺が「まだいける」ってセイナを説得して、今に至ります。

セイナ その時は年齢とかも考えちゃってたけど、でもここまでこれたから。

ユウタやめなくてよかったね。

Q.カップルコーデを成功させるコツは?

ユウタ いわゆるペアコーデみたいなのは滅多にしなくて、色を合わせたり、二人揃ったら可愛いよねみたいなコーデをすることが多いですね。

セイナ ディズニーの時が一番考えるよね。

ユウタ キャラクターをイメージしたコーデとかを意識するよね。

Page 4

Q.仲良しの秘訣は?

セイナ 伝わってるだろう、じゃなくて、ちゃんと「好き」とか、やってくれたことに対して「ありがとう」を言うように心がけてます。付き合った当初は恥ずかしくてあんまり言えなかったけど、お互いがどんどん大切になっていって、言えるようになりました。

ユウタ 今まで付き合ってきて、一日たりともお互いに「好き」って言わなかった日はないなって思うくらい伝えてます。

セイナ 恥ずかしいね(笑)。

Q.二人の夢を教えて!

セイナ いつか私の好きな世界観を表現したアパレルブランドを持つのが夢です。

ユウタ YouTubeでも発表したんですが、元々アーティスト志望ということもあって、今度、二人でオリジナルの曲を出すことが決まって。ライブで全国を回って、ファンの子と交流できたら嬉しいなって思ってます。

Interview&Text: Akiko Tomita