イケメン

俳優・町田啓太の撮影オフショットを本邦初公開!国宝級イケメン”ADULT”部門殿堂入りの色気を発揮♡

2022.06.15

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

ViVi国宝級イケメンアダルト部門殿堂入りの町田啓太さんの、甘いマスクと気になるナカミを解剖♡ 一見、クラシックな正統派イケメンなのに、不思議とどんなキャラクターもマッチしてしまう。クラシックだけどいつもフレッシュな男の魅力を、編集部が撮影した、ALL本邦初公開のオフショットと共にお届けします!

主演:町田啓太

何歳になっても、魅力を増し続ける町田さんは“好奇心”旺盛!

僕は、とにかくいろんなことに興味を惹かれる人間です。だから小さい頃から、何でもすぐに「やりたい」と言って、たくさんの習い事をさせてもらってきました。剣道、野球……。

高校も、小さな街からもっと広い世界を見てみたいなと思い、いきなり県外の航空系の高校に通いました。

そこで今度はやったこともないダンスを始め、さらには東京に行ったらもっと楽しい世界がありそうだなあ、と上京し……。そんなふうに心が惹かれることを、惹かれるままに次々とやってきた人間です。

悪く言えば飽き性と言えるかもしれないですが、そういう自分の思いを大事にしてきた結果、巡り合えたのが今の俳優業でした。

殿堂入りしても謙虚な町田さんに、きゅん……♡

『ViVi』の「国宝級イケメンランキング」ADULT部門で殿堂入りさせてもらいましたが、今、僕は水谷豊さんにすごく刺激を受けて、憧れていて。水谷さんのような大人の男になれたらな、と目標にさせてもらっているんです。なので、僕はまだ、アダルトなんて言えないです(笑)。

Page 2

ー SPECIAL Q&A ー
町田啓太の“定番”って?

特別に7月号誌面インタビューから、一部抜粋して3つのQ&A をお届け!

町田さんの“古風”な一面を教えて!

田舎出身ですからね。初期設定が古風。なので、いつもアップデートしようとしているのかもしれません。

思い出の音楽といえば何?

僕は車がないとどこにも行けないような田舎で育ったので、いつも母に送り迎えしてもらっていたんです。その車の中で流れていたのが宇多田ヒカルさんでした。だから今でも不意のタイミングで聞くと、何か懐かしくて聴き入っちゃいますね。

人生で初めて観た映画は?

おばあちゃんと観た『ドラえもん』です。何かの映画にくっついていた短編だったと思います。人生で初めて観た映画なので、僕の原点といえば原点です。

ジャケット¥322300、ニット¥154000、パンツ¥266200、バッグ¥126500、シューズ¥137500、リング¥137500/BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) ●商品情報はViVi2022年7月号のものです。

オフショットからもにじみ出る、町田さんの大人の余裕。いかがでしたか?
知れば知るほど、好きになること間違いなしです。インタビュー全文はViVi7月号にて♡

町田啓太さんの撮影裏話を読む

Model: Keita Machida Photo: Kodai Ikemitsu(BE NATURAL) Styling: Eiji Ishikawa Hair & Make-up: KOHEY Interview & Text: Naoko Yamamoto