エンタメ

「kemio×松田元太」コラボ表紙以来のViVi不定期連載にカムバック!3年の間に心境の変化が…!?

2022.06.20

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

毎回、kemioが会いたい人とセッションするViViの不定期連載『ハウス オブ ハイビスカス』。久しぶりのカムバということで、近況はもちろん、3年ぶりに出した書籍『ウチらメンタル衛生きちんと守ってかないと普通に土還りそう』についてや、SNSに対する心境の変化など、ホームであるViViでじっくり語り明かしてくれました!

SNSは作品

撮影は東京の夜景を一望できる某ホテルの一室にて敢行。セレブへの道を着実に歩むkemioはアメリカと日本を行き来する生活の中で「SNSなんてフェイクで上等じゃん?」と気づいたそう。「SNSは一枚フィルターをかけて見ることが大事。『あぁ、これは作品を見せられてるんだ』って。だから、それでその人の全てを知った気になるのはちょっと違うよね。やっぱり生身でコミュニケーションを取ってるリアルな関係性ではないから。そうやってバランスを取ることができたら、キラキラしてる誰かの人生と自分の人生を比べてストレスになったり悩み過ぎることもないと思うの。」

また、彼の口癖である「ウチら」を使い続ける理由についても明かしてくれました。「年齢も性別もバラバラの色んな層の方がファンミーティングで会いに来てくれて、みんなそれぞれ自分が達成した目標とかを伝えてくれるんですよ。『kemioくんの本を読んで、こういう決断をしたよ』とか『仕事を辞めて、自分でビジネスをスタートしました!』『海外留学にこれから行くんです』とか。『kemioくんのこと応援してるよ』って推しな言葉も掛けていただけるんですが、自分の決断や夢を発表してくださる方がめちゃくちゃ居るの。その発表を聞いていると、私も頑張ろうと思えるんですよね。みんなのポジティブなパワーを逆にもらってる感じがすっごくあるんです。だから、本のタイトルにもつけているくらい、"ウチら"って言葉が大好きなんです。みんなと一緒に成長している感覚がずーっとある」

また、ViVi8月号同連載には人気が殺到したkemio store 4th Collectionのアイテムセット(ライトスティック、トートバッグ、ラップTシャツ、うちわ)の応募券もついています。買い逃した方はViViで応募して、ぜひこの機会にゲットしてくださいね!

ご購入はこちらから!