ビューティ

そのラメの使い方、もう古いかも!?「下まぶた重視」のアイメイクが断然今っぽい♡

2022.06.20

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

長引くマスク生活で、毎日メイクもモチベが上がらずマンネリ顔になりがち……。顔の印象は目元で変わるから、実は一番手を抜いちゃいけないところ! そこで今回は、即旬顔になれる、下まぶたを意識したアイメイクをお届けしていきます♡ 明日からマネしてはじめましてな魅力を手に入れちゃいましょ~。

ジュエルな「パープル」まぶたからときめきビーム

この夏は、大粒グリッターでデコレーションする夏のヒロインメイクがアツい! レディなパープルのキラキラは、理屈なんてなくときめきモード全開。下まぶたの目頭側だけ塗るだけで可愛さは最骨頂。まなざしがシャイニーなときは、抜け感を出すためにマスカラとチークを塗らないのがファッショニスタの選択肢!

オレンジ×ゴールド」でマジックアワーの夏空ちっくな目

サンセットの光の中でさえステキに主張して一緒にいる人をみーんなトリコにしちゃうミルキーウェイをまぶたに。真夏のサンセットの空とそっくりのキラキラオレンジで下まぶたを飾ったまなざしは吸引力NO.1。瞬きするたび瞳をうるっとさせてくれるから、夜空の下でもずるいくらい可愛いのデス。

詳細をCHECK ≫

Page 2

ソーダブルー」の透け感のある目元が恋の特効薬

いつの時代から夏は恋の季節って言われるようになったんだろう? そんな乙女の祈りをパーリーなブルーのまなざしに託してみた♡ 下まぶたの目頭から黒目の下までネイビーをちょい足しして目力アップさせるのがポイント! エモくて可愛いお顔をスタンバイしてもっとずっとドラマティックな夏物語を紡ごっ♪

詳細をCHECK ≫

キラキラレイヤード」で存在感UP♡

ワンポイントでキラめきとか言わないで、まぶたにもまつげにも輝きをレイヤードしたアグレッシブでハイセンスな顔つきはいかが? 下まぶたのキワ全体に、キラキラなのに締め色になるオレンジラメを足して、ラインストーンをトッピングしたら唯一無二のドラマが始まる予感!

詳細をCHECK ≫

Page 3

軽くて締まる「濃いめのパールブラウン」が◎

鉄板シャドウのブラウンは、ベージュ系にシフト中。濃いめのパールブラウンを下まぶたの目頭と目尻を除いたキワにオンすることで、程よい抜け感で今っぽい軽さが出せる! デイリー使いにピッタリなのに、途端にこなれる救世主。

詳細をCHECK ≫

お洒落さんのアイシャドウは「イエロー」が旬♡

オレンジ人気から、黄み系シャドウはじわじわイエローがトレンドに! 落ち着いたトーンを狭い範囲に入れると、グッとおしゃ見え。全部が黄みカラーだとまとまりすぎるので、まつ毛は赤みのブラウンでニュアンスを。おしゃれなのに、ナチュラルな印象が叶います!

詳細をCHECK ≫

Page 4

目尻は「ピンク」のクレヨンで曖昧に引き締め

くすみピンクがずっと主流だったけど、夏に向けてシンプルに、キラキラ&透明感を感じさせる仕上がりが、断然今っぽくて推し! 白みのあるピンクのラメシャドウで抜け感を出して、目尻&下まぶたをピンクのクレヨンでぐるっと囲み曖昧に引き締めたら、青みまつ毛で全力でクリアにするのがおススメ!

詳細をCHECK ≫

\いつもと違う今年流トップスもcheck/

https://www.vivi.tv/post280112/