イケメン

ViViのJO1担当が詳細レポ!JO1ショーケースイベント「PARTY With Us」

2022.06.21

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

JO1の2ndアルバム「KIZUNA」のリリースを記念したショーケースイベント「PARTY With Us」が6月20日に開催。KT Zepp Yokohamaにて行われた大盛り上がりのイベントの様子をたっぷりレポしちゃいます!

「With Us」を含めた「KIZUNA」収録曲4曲を披露!!!

今回のイベントでは、アルバム購入者の中から抽選で選ばれた500名のJAMが招待され、同時にYouTubeの生配信でもイベントの様子が全世界のJAMへ届けられました。(生配信後の来場者限定のパフォーマンスについては記事後半で!)

©LAPONE ENTERTAINMENT

アルバムのリード曲「With Us」の圧巻パフォーマンスから始まったオープニング。爽やかなサウンドなのに、ちょっぴりジーンとくる、これまでのJO1とJAMの関係を想起させるエモすぎ&最高の楽曲をフルで披露してくれました。後半には2曲連続で「Walk It Like I Talk It」「Algorithm」を披露。100%でのパフォーマンスを終え、息の乱れがマイクを通じて聞こえるほどキツいはずなのに、なぜかすっきりとした表情の11人。大平くんは「きもちいー!」とこぼすほどでした。

©LAPONE ENTERTAINMENT

そしてエンディング直前の「Touch!」では全員が自由に動き回り、メンバー同士でわちゃわちゃ肩を組んだりハイタッチしたり。会場や生配信のカメラに向けて、これでもかというほど目を合わせて手を振ってくれる“ファンサ祭り”状態となり、会場中が幸福なオーラに包まれました♡ 

Page 2

ニヤニヤがとまらないトークコーナー

©LAPONE ENTERTAINMENT

終始、仲の良さと多幸感が溢れ出ていたトークコーナーも今回の見どころの一つ。それぞれの自己紹介では、「JO1のマジメ担当です!」と真顔でボケて(?)くれた木全くんに、(仮面ライダーの)変身ポーズをしながら自己紹介する豆原くん、「Have a nice day!」と海外のJAMのことも考えて英語で自己紹介をする金城くんなど。メンバーそれぞれのキャラが全面に出た自己紹介が終わり、リラックスした空気のなかトークコーナーが始まりました。MCのハリー杉山さんの説明にしっかりリアクションをとり、盛り上げようとするキュートな11人♡

リリース1週目で、自己最高記録をセールスしたアルバム「KIZUNA」の収録曲をメンバーそれぞれが紹介。「Touch!」について、河野くんが作詞で参加したことが告げられると会場では拍手が。
すると、河野くんはタモリさんのように手を八の字にして「チャ チャチャチャ」のリズムで拍手を締める芸まで披露。メンバーにいじられて顔を赤らめながらも「“タッチ”ってすごく素敵なことだなと思って。メンバーに触れたり。いつかライブでトロッコに乗って、JAMのみんなにもタッチできたら幸せだなと思って作詞しました」とアツくコメントしてくれました。
佐藤くんは「流星雨」について「ふわふわでおしゃれだなと。曲のメロディがおしゃれですね……」と言った後、続きに困ったのか「瑠姫くん、助けて!!!」とバトンパス。「『流星群が見える夜空の下で、君と永遠に一緒にいたい』というラブソング。何とも比べられない君はオンリーワンだよ、という曲です」と白岩くんがキッチリまとめると「そうそうそう、それが言いたかったんです!」と会場の笑いを誘いました。
川西くんは「11人揃って肩を組んでの振付があるんですけど、11人じゃないとできない振付だなと思ってて。そこがすごい好きですね」とJO1の仲の良さを表すエピソードも♡

©LAPONE ENTERTAINMENT

また、JO1の楽曲をテーマにしたクイズコーナーも大盛り上がり。4曲重ねた音を聴いて、自分たちのどの楽曲が使われているか当てるクイズではメンバーも苦戦。あまりのガチャガチャ音具合に「どっかのゲーセンの音入ってましたよね?」(笑)と鶴房くん。
そして、なかなかみんなから正解が出ない様子を見て、しみじみと「JO1、楽曲増えたなー」と漏らした木全くん(泣)。あと一曲、というところで金城くんが当てようと考えていると「いける、いける、いける!」と煽って、とってもゲームを楽しんでいる様子の川尻くんなど。思い思いにクイズを楽しむ姿が見られたトークコーナーは、大盛り上がりで終了。

スマホゲームアプリ「&JO1」のリリースが決定!!!

©LAPONE ENTERTAINMENT

また、重大発表として、JO1と24時間365日一緒に過ごせるアプリ「&JO1」が発表されました。今夏リリース予定で、JO1初のスマホゲームとなります。詳細に関してはアプリゲームのTwitter公式アカウントでアナウンス予定。こちらも見逃せません!

Page 3

拓実くん、23歳のバースデーサプライズも!

©LAPONE ENTERTAINMENT

イベント終盤では、6月23日に23歳の誕生日を迎える川西くんへのバースデーサプライズも! ステージ横から特製ケーキが運び込まれてみんなでお祝い♡
なんと、こちらのケーキに使われた川西くんの写真はViViの人気連載「月刊国宝級イケメン」で彼が出演した際のもの。「国宝級イケメンだなあ~」とメンバーにいじられながらも「まだ23歳になる実感はないんですけど、皆さんにお祝いしていただいて実感が湧いてきました……。
これからもいい人になっていけたらと思います!」と、いつものあざと可愛いスマイルで締めてくれました。

配信終了後には会場だけのアンコールライブが♡

そしてイベントの配信終了後、アンコールの拍手が起こると11人が会場にカムバック。メンバーが出てくると同時に11個の椅子が並び、そこに座る彼ら。序盤のトークコーナーで與那城くんが「ZEROは何者でもなかった僕たちがJAMのみんなと出会って完成していく幸せを歌った曲。点から線になって円になっていくという歌詞が素敵」と説明したように、11個の椅子に座るメンバーが、まさに点から線になっているような状態で「ZERO」を披露しました。
ゆっくりとミラーボールが周りムーディな雰囲気のライティングに。そして歌のパートごとに、メンバーの顔が後ろのモニターにアップで映し出されながら歌い上げてくれました。最後「ゲームでお会いしましょう~(笑)」と言い残して会場を後にしました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

どこまでも高いところへ連れてってくれる気がする、色んな景色を一緒に見たくなる、ずっと笑顔でいてほしいと思える存在。そんなグループはJO1だけ! 愛に溢れた11人が、これからも目が離せない♡