ビューティ

目元の洒落みが止まらない♡最強の旬色アイシャドウTOP3

2022.06.29

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

半年に一度の大人気企画「ViViコスメアワード」、またこの時期が来ました! 今買うべき傑作コスメや、バズったコスメたちが一堂に集結。ViViモデルにヘアメイク、インフルエンサー、美容ライター&エディター、そして読者のみなさま。コスメ好きがホンキで選んだコスメの頂上決戦、始まるよ〜♡ 今回は、「単色アイシャドウ」「アイシャドウパレット」部門をご紹介♡

単色でもメイクがキマる旬色が集合〜!
単色アイシャドウ部門

1位 エレガンス ラズル
アイカラー 19

TOTAL 644 POINT

¥2310/エレガンス コスメティックス ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

「発色もキレイでほんのりシアー。これ1色でもアイメイクが決まります!」(ヘアメイク Georgeさん)、「見た目もポップで楽しげで、メイクを自由に楽しみたくなるラインナップ。のせると絶妙になじむから、メイクのスパイスになります」(美容ライター 森山和子さん)

鮮やかだけどシアーだから挑戦しやすい! ミラーもついててメイク直しも楽々 (ViViモデル 嵐莉菜)

2位 RMK
リクイドアイズ 05

TOTAL 602 POINT

¥3850/RMK Division ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

「ラフにのせても薄膜で、しかもヨレない。シックだけど華もある、絶妙なグレージュ」(ViVi副編集長 泉地佑紀)、「メタルなブラシで薄く広く塗っても、キワにラインぽく塗っても可愛いです」(ヘアメイク 吉崎沙世子さん)

ブラウンとシルバーをミックスしたような絶妙な色がおしゃれすぎ (ヘアメイク 𠮷﨑沙世子さん)

3位 WHOMEE
シングルラメシャドウ メリンダベージュ

TOTAL 599 POINT

¥1430/Nuzzle ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

透け感あるベースに強い輝きのゴールドパールがキラキラ輝く。「さりげなく盛りたいときに最強。黒のラインやマスカラをガッツリ盛った目元に合わせると軽さを出しつつ目元にパンチが」(美容ライター 中川知春さん)

売り切れ続出でなかなか手に入らなかった名品! ラメが絶妙すぎます (モテクリエイター ゆうこすさん)

Page 2

ほのかなくすみで洒落みがアップ
アイシャドウパレット部門

1位 SNIDEL
アイデザイナー 08

TOTAL 622 POINT

¥6380/SNIDEL BEAUTY ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

どう組み合わせても可愛い絶妙なカラバリ。「くすみ感がほどよい。イエベでも似合うパステル系パレット!」(ViViモデル 古畑星夏)、「ものすごく洒落た色合わせに感動! 絶妙なニュアンスがまぶたに宿り、洗練されたいい女に」(ヘアメイク 中山友恵さん)

爽やかな初夏を連想させるパレット。特にグリーンがと〜っても可愛い! (ViViモデル 藤井サチ)

ワンピース¥8800/Juemi ビーズイヤリング¥6600/merry jenny ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

Page 3

2位 Fujiko
足しパレ 01

TOTAL 552 POINT

¥2090/かならぼ ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

「洒落感ある色みで、奥行きが簡単に出せます。単色でも重ねても、ササッと塗るだけで今っぽい顔になれる!」(ヘアメイク 福岡玲衣さん)、「手持ちのシャドウに1色足すだけでもあかぬけます」(ヘアメイク 林由香里さん)

トレンド感たっぷりな色なのに使いやすい4色のマットシャドウ (ヘアメイク 林由香里さん)

3位 ジルスチュアート
ブルームクチュール アイズ 06

TOTAL 504 POINT

¥6380/ジルスチュアート ビューティ ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

テラコッタやブラウンなど、使いやすくて盛れるカラーだけ! 「まずはこの見た目からしてテンションが上がります。さらに透け感あるカラーが絶妙で、目幅が広がる横グラデも簡単に」(モテクリエイター ゆうこすさん)

ジルらしい可愛さと万人に愛される魅力の詰まったパレット! (ViViモデル 藤田ニコル)

Photos:Kazuki Kawasaki(MOUSTACHE/model), Sho Ueda(still) Styling:Yuka Morishima(model), Momoko Sasaki(still) Hair&Make-up:Rei Fukuoka(TRON) Model:Erica Murakami(ViVi exclusive) Text:Chiharu Nakagawa