ビューティ

流行の「ハイフ」ってやったほうが良い?気になる美容医療についてプロに聞いてみた!

2022.06.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

美容医療ってよく聞くし気になるコも多いはず。初歩的なことから、流行りの治療法まで、今知りたい情報を、プロたちに教えてもらいました。今回は、美容医療Q&Aをお届け♡ 美容医療初心者のみんなが気になるあれこれを、プロ2人に答えてもらったよ! 相談の仕方から施術内容までまるっと教えてー!

教えてくれたのは…
アヴェニュークリニック 寺島洋一先生 六本木クリニック院長。日本における形成・美容外科のパイオニア。腕は神レベル。
美容ライター 金子優子さん 美容医療の体当たり取材などを数多く経験し、最新の施術まで知識豊富なベテランライター。

Q.美容医療初心者はどんな施術から始めるのがおすすめ?

A.まずはニキビ治療や埋没法などがおすすめ!

寺島先生

ニキビ治療など肌トラブルで来院される方が多いです。それ以外には、一重を二重にする埋没法小顔にするエラボトックスなどが人気。たるみや目のクマなどはそこまで気になる年齢ではないので、下手にいじらないのがベスト。若いうちから手を加えすぎると、顔が不自然になってしまうので注意を。

Q.クリニック選びでポイントにすべき点は?

A.医師がカウンセリングをしてくれるかどうかが重要ポイント

寺島先生

医師がきちんとカウンセリングしてくれるクリニックを選ぶのがベスト。医師免許や看護師免許を持っていないカウンセラーに任せるのではなく、担当医が出てきて患者と話してくれるところで施術を受けましょう! 万が一トラブルがあった際に、担当医が責任を持って対応してくれるはず。

金子さん

クリニックの医師を決める際、形成外科出身かどうかを事前に調べていくのがおすすめ。日本での医師免許は歯科医師と医師という2種しかないため、麻酔科医だった人が美容クリニックでオペをしているなんてこともあり得ます! インスタやHPなどで事前にチェックすると安心かも。

Page 2

Q.施術を受けるときに注意すべき点は?

A.本当に必要なものだけを受けるようにして!

寺島先生

まずはカウンセリングの時点で、自分がやりたいことをきちんと伝えること。病院で勧められたからといって、余計な施術をたくさん加える必要はありません! カウンセラーによっては営業的にいろいろなものを売りつけてくる可能性がありますが、口車に乗せられて施術を増やさないように。まずは最小限でOKです!

Q.施術を受けるときはどうやって相談すべき?

A.自分のやりたいことを話したうえで、もう一度考えるのがベスト!

寺島先生

どんな悩みがあるのか、どんな施術を受けたいのかをまずは医師に相談してみましょう。その上で施術内容と値段等を提示してもらい、その場で即決するのではなく、一度持ち帰って冷静に考えましょう。自分のやりたくもない施術で多額のローンを組むことなどないよう気をつけて!

Page 3

Q.海外で施術するメリットはある?

A.今ではほとんどなし! リスクのほうが大きい

寺島先生

以前は円高だったので海外で施術を受けるメリットは多少あったかもしれませんが、現在は円安なこともありメリットはほぼないです。また、海外で受けた施術でトラブルが発生し、言葉が通じず泣き寝入りする人も。過去に韓国でヒアルロン酸と言われて注入されたものが、成分不明のジェルだったというトラブルで弊院を訪れた患者さんもいらっしゃいますので、リスクは大きいと思います。

Q.クマ取りがブームだけど20代も必要?

A.ほとんどの子が必要なし!

寺島先生

クマを気にして、目の下の脂肪を取る施術「脱脂」が若い世代にも人気ですが、ほとんどの子がやる必要なし! 脱脂をしたことによって、余計にクマが気になったり、目の下が凹んでしまったというトラブルも多数あります。30代になってから再検討しましょう!

Q.ハイフって流行ってるけどどんな施術?

A.超音波治療の一種。若いコはよく考えて!

寺島先生

超音波を当てることで皮膚の中に小さな熱だまりを作り、皮膚表面にダメージを与えることなく、肌を引き締める施術です。クリニックからエステまで種類はさまざまあり、痛みを感じるものや感じにくいものなど機械の種類も豊富にあります。たるみ治療の一種ですので、ViVi世代の方たちにはほとんど必要ないと思いますよ!

金子さん

トレンドになっているハイフは若い世代にも人気があるようですが、人によっては施術を受けたことによって顔がゲッソリしてしまい逆に老けて見えることも。たるみを改善したい人に必要な治療なので、よく考えてから受けることをおすすめします!

Page 4

Q.ダーマペンと水光注射って何が違うの?

A.共に剣山のような針で刺す施術。水光は有効成分を直接入れますよ!

寺島先生

最新のダーマペン4は先端に16本の細い針がつき、剣山のようになったペン型の美容機器。肌に刺すことで、穴が開いて傷ついた肌の回復力を利用して肌質改善を促します。水光注射は同じように薬剤を均一に注入することができるマシンを使い、肌に直接有効成分を注入する施術です。ハリ感やうるおい補給などに効果を発揮しますよ。

Q.ヒアルロン酸ってものによって何が違うの?

A.メーカー等の違いがあります

金子さん

いろんな種類のヒアルロン酸を置いているクリニックがありますが、値段だけで決めるのは注意が必要かも。日本で注入用として認可されているのは「アラガン社」と「ガデルマ社」のみなので、それ以外はあくまでも認可外だということを覚えておくと◎。万が一トラブルがあった際のことまで考えてから施術を受けましょう!

Q.レーザーってたくさんあるけど何が違うの?

A.用途によって異なります!

寺島先生

レーザーは大きく分けると、シミやくすみ取り系肌を引き締める系皮膚表面を整える系の3つに分類できます。自分の悩みに応じて、どんな機器での施術が適しているのかを相談してみるといいでしょう。またどんなにいい機器を使っていても、医師の腕によっては失敗をすることも。ホクロを取ったらクレーターになってしまったなんて話も聞くので、クリニックは慎重に選びましょう。

Page 5

今さら聞けない!
美容医療の基礎知識

1.美容クリニックと皮膚科の違いは?

一般的な皮膚科は皮膚病や皮膚疾患などの保健治療を主とした病院。美容クリニックは美しさを目的とした施術をする医療機関で、最新の機器などを使った治療が受けられる。

2.クリニックによって値段が違うのはなぜ?

美容医療で受ける施術はほとんどが自由診療といい、保険適用外。導入している機械や薬剤がクリニックによって異なるので、同じ施術でも値段が違うこともあり!

3.ダウンタイムってなに?

ダウンタイムは施術を受けてから、通常の状態に戻るまでの期間。施術内容やその人の回復力によっても個人差があるので、あくまでも期間は参考にしておくのが◎。

4.医師施術ではなく看護師施術で気をつけることは?

医師指導のもとで医療レーザーなどを看護師が扱うことも。ただ施術前のカウンセリングまですべて看護師に任せているところは注意が必要。医師と話せるところを選んで!

Composition&Text:Makoto Tozuka Illustration:REDFISH