ファッション

ワークマンが優秀過ぎる!機能性抜群なアイテムでこなれグランピングコーデが完成♡

2022.07.21

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

イベントも復活し、数年ぶりにワクワクする夏がやってくる!  お出かけ欲が高まるいま、思いっきりおしゃれしてとびきり可愛い自分で遊びに行きた〜い!  ということで、ViViがこの夏それぞれのシーンに合わせて最高に盛れるコーデを提案。何を着ようか準備しているときが、じつは一番楽しいよね♥ 今回は、本格ブランドを取り入れたグランピングコーデをお届け! キャンプ流行りな今、まずは気軽に挑戦できるグランピングからスタート。せっかくならば本格アウトドアブランドやメンズ服を取り入れて、さりげなくツウぶっちゃおう♥

\街でも着られるアウトドア服ブランドリスト/

ワークマン
ガチ勢な人も気になる最新テック素材がお手頃価格で楽しめる!
モンベル
アウトドアの達人も納得のシャレたアイテムが見つかる日本発ブランド。
グラミチ
シンプルで動きやすく使いやすい服を探すならここ!

グランピング女子会だからこそ可愛くね♡

【ニコル】ゆるっとオールインワンは自然に映えるデニムが狙い目!

【星夏】撥水加工の素材&ポケット付きでアウトドアにぴったりなスカートが主役。

【ニコル】ジャンプスーツ¥17380/モンベル・カスタマーサービス(モンベル) 中に着たキャミソール¥4290/SHAGADELIC ブルービーズネックレス¥2420、ビーズネックレス¥2750/Berinda7 サンダル¥8250/ドウシシャ(TELIC) 【星夏】Tシャツ¥7700、スカート¥33000/BRAINDEAD STUDIOS(BRAIN DEAD) クロシェハット¥1759/W♥C ソックス(2足セット)¥1540/atmos pink flagship Harajuku店(NIKE) ブーツ¥1500/ワークマン ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

ニコルのPOINT!
mont-bellのジャンプスーツは、サイドジップで通気性バッチリ!

星夏のPOINT!
ワークマンのブーツは、ナイロン素材で濡れてもOK!

Page 2

流行りのシャカパンは本気ブランドで差をつけて!

Tシャツ¥4950/Metropolis Fishing パンツ¥14300/インス(グラミチ) ハット¥5500/オーバーライド神宮前店(オーバーライド) シューズ¥16500/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(Dr.Martens) ソックス/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

POINT!
グラミチのパンツは美脚シルエットが嬉しい♡

汚れが気になる白コーデも機能性の高いパンツならOK!

撥水加工に加え、UVカット効果も! パンツ¥1900/ワークマン シャツ¥7700/jóuetie ルミネエスト新宿店 キャミソール¥4290/ココ ディール ビーズネックレス¥2750/Berinda7 トートバッグ¥15400/Carhartt WIP Store Tokyo(Carhartt WIP) スニーカー¥13750/ニューバランスジャパンお客様相談室(NewBalance) ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

POINT!
ワークマンのチノパンはシンプルに見えてじつは高機能!

Page 3

コスパ名品の宝庫!
ワークマンが優秀すぎるー!!!

見た目は「チノ」だけどじつは高機能!

UVカット、撥水加工が施され、汚れにくい! パンツ¥1900/ワークマン ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

雨風をしのげるナイロンジャケット

防水、軽量、耐久撥水があり、背中にベンチレーションがあるので蒸れにくい! ジャケット¥2900/ワークマン ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

大きめポケット付きのジャンスカ

高撥水&UVカット付き。サロペットスカート¥2900/ワークマン ●商品情報はViVi2022年8月号のものです。

Page 4

キャンプ好きな編集Kオススメ!
簡単グランピング Cooking!

実はハンバーガーより手軽に映えるのがホットドッグ。赤と黄色はソースですから(笑)。レタスを忘れないで! 特に料理が苦手な人におすすめ。

手っ取り早く映えるには卵を乗せるのが効果的。ガパオやキーマカレーなど、温めるだけのルーを持って行けば時短にもなって一石二鳥。

photo:Ryuji Sue(model/See), Yoshihiro Kamiya(still), Akemi Ichitani(still) styling:Kana Tanaka hair&make-up:Ken Nagasaka model:Sachi Fujii, Seika Furuhata, Nicole Fujita(ViVi exclusive) composition&text:Nirai Ikeshiro