ビューティ

PR/ピエール ファーブル ジャポン

町田啓太とアベンヌ ウオーターの運命的な出会い……♡ 肌も心も潤うスペシャルムービー公開!【PR】

2022.08.22

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

夏の日差しで肌がほてったり、屋外の日差しと室内のエアコンによる温度差で乾燥が進んだり……夏から秋にかけて、肌のうるおい補給は必須! そんな時期こそ、肌の土台を整えて底上げしてくれる、アベンヌ ウーターがぴったり。今回は、男女問わず愛され続けるアベンヌ ウオーターの魅力を、アンバサダーを務める俳優・町田啓太さんと共にお届けします! 「僕がスキンケアで目指したいと思うのは、赤ちゃんのような肌。つるんとしていて触り心地のいい、そんな肌になりたいです」と語る町田さん。気になるスキンケア事情は? 町田さんの素顔にも接近します。

俳優・町田啓太
アベンヌ ウオーターと3つの出会い

1.『自信』との出会い

「肌がキレイな人は、好印象ですね。ケアを頑張っている人って、どこか自信があるように見えるんですよ。それはきっと、自分自身にワクワクできているからだと思いますし、より一層輝いていて、男女問わず素敵だなと感じます」(町田さん)

2.『心地よさ』との出会い

「屋外での撮影が続くときも、シューッと肌にひと吹きすると、肌も気持ちもリセットされた感じがします。ちょうど今撮影しているドラマ作品は、10代〜30代の男性キャストが多いんですが、アベンヌ ウオーターを現場に差し入れたら、かなり喜ばれました。全身に使うとさらにリフレッシュできて最高です」(町田さん)

3.『安心感』との出会い

「乾燥肌かつ敏感肌である僕でも、心地よく使える温泉水*であることや、使ってみたときの効果感と肌ざわりなど、すべてが僕好みで、アンバサダーになる前から愛用しています」(町田さん)
*整肌成分

アベンヌ ウオーターで
健やかな肌の土台を手に入れて!

アベンヌ ウオーター 300g¥2420、150g¥1650、50g¥770/ピエール ファーブル ジャポン(すべて編集部調べ)

温泉水だからこその肌に嬉しい効果がたくさん!

✔︎肌が土台からうるおう
✔︎なめらかすべすべな肌感
✔︎いつものメイクも盛れちゃう♡
✔︎心までリフレッシュした気分に

アベンヌ ウオーターの正体は、肌にいい『温泉水』。うるおいの元をつくるカルシウムと、それを角層に運ぶマグネシウムが2:1という、肌が喜ぶミネラルバランスが特長です。この温泉水、あなどることなかれ。肌を潤わせてなめらかにするだけではなく、肌の熱さをスーッと抑える効果や、肌を徐々に静かな状態に整える効果もあるんです。だから、肌の土台が健やかに整い、「調子いい」が続く肌へ! 温泉水100%で生後1ヵ月の赤ちゃんでも使えるから、性別・年齢問わず、彼や友だちと気軽にシェアできるのも嬉しいポイント!
 それに、他のスキンケアを邪魔しない『温泉水』だから、活躍するシーンもさまざま。洗顔直後のプレ化粧水として、お風呂上がりの全身保湿に、マスク生活で荒れがちなお肌にも◎。特にこの時季は、モヤっと暑さがこもりやすい日に、シューッとひと吹きすることで、肌を整えてリフレッシュにもなるから一石二鳥! 持ち運びに便利な50gのミニサイズを選べば、部活やサークル、バイトの休憩中にカバンからさっと出してひと吹きするだけで、気持ちの切り替えにもぴったり。
 肌のキメが整って、自分らしい肌を維持できると、いつもとメイクのノリが変わったり、新しいおしゃれにもどんどん挑戦してみたくなったり……肌がキレイだと、とにかく心がはずむ! 肌と心の豊かさ”を育むアベンヌ ウオーター、学校やバイト、サークル活動の相棒として、持っておくと安心な1本です。

町田さんのスキンケア事情って?

“20代の頃は、スキンケアとはまったくの無縁でした。
でも今は、調子のいい肌ってこんなに
素晴らしいんだって実感しています”

10代、20代の頃のスキンケアはまったく気にしていなかったですね。だから、常に肌が乾燥でカピカピだったと思います。特に中学生のときは、地元の環境もあってか、顔の皮膚が本当にかさかさでしたね。でも、この仕事をはじめてから、ヘアメイクさんに教えてもらったのをきっかけに、アベンヌ ウオーターを使うようになって、『あ、なんか今日の肌調子いいな』という日が増えて。これが本来の僕の肌だったのか、と驚きがありました。それから、肌のケアを続けていくと、気持ち的にも自然と明るくなったというか、モチベーションが必然的にあがりましたね。10代、20代の頃は、肌のケアと心のモチベーションが繋がっているなんて思いもしなかったので、だからこそ今は、気持ちの面でも、スキンケアの大切さを実感しています。
僕が“シュー”したくなる瞬間は、朝晩のスキンケア前やここぞというときの撮影前。あとは趣味のサウナ前にも使います。この夏は、特に屋外でのドラマの撮影が続いて、日差しをたくさん浴びますし、運動量が多くて汗も大量にかくので、冷房が効いている室内との寒暖差で乾燥を感じる前に、こまめなケアを意識しています」

ViVi公式Instagramで
スペシャル動画公開中

EPISODE1「Enjoy Late Summer」

この投稿をInstagramで見る

 

ViVi(@vivi_mag_official)がシェアした投稿

本目の動画は、「夏の終わりのひととき」をイメージ。なんと撮影当日は、33の真夏日!にもかかわらず、そんな猛暑を吹き飛ばすような、清涼感たっぷりな佇まいの町田さんでした。
動画は、全4
シーンにわたり、プライベートチックな町田さんをたっぷりとお届けします。洗顔後の水分補給、汗をかいた後のリフレッシュ……様々なシーンでアベンヌ ウオーターが活躍しています。町田さんが過ごす休日をシェアしたような、眼福度120%の動画をチェック!

EPISODE2「Late Summer Chill Time」

この投稿をInstagramで見る

 

ViVi(@vivi_mag_official)がシェアした投稿

本目は、夏らしいの「音」をフィーチャーしながらゆったりムードで撮影。本をめくる音や、そばをすする音、扇風機の音や、アベンヌウオーターをシューする音など、全シーンにわたり、思わず“耳きゅん”しちゃう動画をたっぷりとお届けします。まるで町田さんと急接近したかのような、臨場感ある音にぜひ、癒やされて♡
エアコンなどで乾燥した肌に、気持ちを切り替えたいときに……町田さんがアベンヌ ウオーターをどう使いこなしているのかにもご注目!

メイキング&インタビュー映像も公開!

この投稿をInstagramで見る

 

ViVi(@vivi_mag_official)がシェアした投稿

アベンヌ ウオーターについて
もっと見る

【I and Avène】
町田啓太と知る
アベンヌの真実

PROFILE
町田啓太(まちだ・けいた)
劇団EXILEのメンバーで俳優。1990年7月4日生まれ、群馬県出身、O型。2010年の舞台『ろくでなしBLUES』でデビュー。その後、NHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)や大河ドラマ『青天を衝け』(2021年)など、数々の話題作に出演。『この夏やってみたいことを聞くと、「南の島に旅行」と回答。「『テッパチ!』のメンバーとも行けたらいいねと話しているのですが、今年の夏はドラマ一色になりそうです! いつか、南の島で夏休みを過ごすというのが、毎年の恒例になったらな」現在は、水曜ドラマ『テッパチ!』が絶賛放送中。アベンヌアンバサダーとして出演している、公式キャンペーンweb CMI and Avene』もお見逃しなく!

提供/ピエール ファーブル ジャポン
TEL0120-171760

Photo:Nobuki Kawaharazaki Stylist:Eiji Ishikawa Hair&Make:Kohey Interview&Text:Kana Moriya