ビューティ

腸活の次は臓活がくる!?マギーは夏でも温活&オイルで内側からキレイな人へ

2022.07.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

インフルエンサーが今、ハマっているコスメなど最旬の美容ネタを大公開してくれる大人気リレー連載『BEAUTY SCANDAL』。今月はマギーさんの登場。暑い夏でも温活&オイルを欠かさないマギーさん。夏には敬遠しがちだけどそこには理由が!

インフルエンサーの最旬♡美ネタ!!

THIS MONTH
MAGGY

-PROFILE-
モデルとして活動しながらコスメやゴルフウェアをプロデュース。「MAGGY’sBeauty and the Speed – YouTube」ではゴルフやサーキットでの運転などを披露!! 本格的なアクティブな姿にうっとり!
Instagram@maggymoon

マギー’S 夏のオイル美容&臓活で
潤うイイお·ん·な♥

暑い夏、楽しんでいますか? 真夏だからこそ、むくみ&冷え対策は必須。毎夏通り、おうちではシルクレッグウォーマーを必ずつけ、冷たいものはなるべく摂らないように。最近はわんちゃんと早朝ウォーキングをして、朝から元気に活動できる体力づくり!

それと、超高濃度マグネシウムを摂り始めました。サビないカラダ作りには欠かせないマグネシウム、必要量を摂取するのが難しいけど飲み続けて身体を向上させたい!

今、注目してるのは臓活。腸活の次はコレです♡ 私が飲んでいる臓活茶は、内臓にある気の巡りを促して、本来のパワーを取り戻してくれるもの。そう、体の内外ケアで夏を乗り切る予定を立てています。

今、人生で一番のロングヘアなのでツヤツヤさせておきたくて♡ ヘアオイルでダメージケアしたり。ボディにはディプティックのオイルを。香りがたまらなくイイので香水代わりにもなるんです。

デリケートゾーン&セルフケアブランドの天然由来成分99.0%配合のオイルも愛用中。保湿力が高いので、デリケートゾーンだけではなく膝や肘などにも使っています。夏ってあっという間に過ぎちゃう。バテないように元気でね

Page 2

NU SCIENCE
High Quality Magnesium

大自然のマグネシウムを高配合。一日、10~20滴を飲み物に混ぜてお手軽補給。超高濃度マグネシウム 50ml ¥3078/ニュー・サイエンス ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

「お味噌汁に入れて愛飲中」

BHY
ZOKATSUCHA

心、肝、肺、脾、腎の5つの臓にバランス良く働きかける。臓活茶1ヵ月パック ¥22500/BHY ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

「顆粒をお湯に溶かすだけ。内臓から忙しい毎日をサポート」

Page 3

diptyque
Satin Oil for Body and Hair

紫外線から守り保湿しながらサテンのようなツヤめきをON。サテン オイル(ボディ&ヘアケア用) 100ml ¥7370/ディプティック ジャパン ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

「ジャスミンの香りがたまらない。サラッとしたつけ心地」

I’m La Floria
Balancing Body Oil

角質をほぐしてふっくらしっとり。肌トラブルの元になる活性酸素から守る効果も。アイム ラ フロリア バランシングボディオイル ブレスオブガーデンの香り 30ml ¥3960/Mellia ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

「テクスチャーが最高!」

Page 4

AQUA∙AQUA
Organic Cushion Compact

ア・アクア オーガニッククッションコンパクト SPF35・PA+++ ¥3850(セット価格)/RED ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

「石鹼で落とせるクッションファンデ。軽いつけ心地でむき卵肌に! これ以外、使えない!」

Page 5

TEMPUR®
Original Pillow Ivory

テンピュール枕 オリジナルピロー アイボリー Sサイズ ¥16500(公式ネットストア限定品)/テンピュール・シーリー・ジャパン ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

「やっと自分に合う枕に出会えた気がする。首の負担が軽くなりぐっすり眠れ、寝起きも首が痛くない! 睡眠時間をとても大切にしているので出会えて嬉しい」

Page 6

5月に30歳になりました! 改めてスタートラインに立った気持ちです! レベルアップしていけるよう、着実に一つ一つがんばっていこうと思っています♡

最近、英語のレッスンを受け始めました! もっと深く英語で会話ができるようになりたくて! オンラインで気軽に受けながらしっかり学んでます!

『BEAUTY SCANDAL』過去記事

PHOTOS:Yasuhiro Ito TEXT:Masami Oguma