イケメン

今は相手のために尽くしたい。Kis-My-Ft2玉森裕太が語る最近の恋愛観♡

2019.05.25

間もなく主演映画『パラレルワールド・ラブストーリー』が公開される、Kis-My-Ft2の玉森裕太さん。初のラブシーンのこと、以前『ViVi』で語ってくれた恋愛観がどう変わったかなど、いろいろ伺いました!

今は相手のために尽くしたい。自分がこうしたい、はないんです。

ある世界では愛する麻由子と自分が恋人同士、もうひとつの世界では麻由子と親友の智彦が恋人同士……。東野圭吾が仕掛けたラブミステリー『パラレルワールド・ラブストーリー』で、そんな2つの世界に迷い込み混乱する主人公・崇史を演じているのが、人気アイドルグループ、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんだ。

「ストーリーは本当に複雑で、3回くらい小説を読み直したんですよ。それでも完全には理解しきれていないかもしれません。ただ崇史の麻由子に対する想いは、真っ直ぐで男らしいなと思いました。映画を見ると、崇史は自分の気持ちばかり考えているヤな奴に見えると思うんです。でも、僕は友達と同じ女性を好きになったら速攻で引くタイプ。もし友達とその女性が付き合っても、めっちゃ引きつりながら二人と友達付き合いも続けると思うので、崇史の自分の気持ちへの正直さがうらやましいです」

今作では、初となるラブシーンにも挑戦している。超がつくほどの人気アイドルだけに、ファンの方たちの反応が気になるところだが……。

「初めてでしたのでもちろん緊張はしましたけど、あまり深く考えず、気負うことなく臨みました。ファンの方には……、映画の中の出来事と見ていただくか、玉森裕太として見ていただくか、ですよね。まあでも僕も29歳ですし、そこは多少免疫をつけていただけると助かります(笑)」

実は玉森さん、約7年前の『ViVi』で「玉森さんと付き合うとついてくる特典は?」と尋ねられ、「人見知りだけど、目が合うようになります!」と答えてくれていた。そんなかわいい恋愛観も、大人に変化した?

「今は、相手のために尽くしたいという思いが強くなりましたね。たとえば送り迎えをしてほしいと言われたらしますし、基本相手のペースに合わせますよ。自分からこうしたい、というのはないんです。好きなタイプも、“ガハガハ笑う人”というのは変わらないんですけど、もっと細かい価値観の相性を見るようになりました。やっぱり大切なのは、“人として”の部分ですよね。僕、普通なんですよ(笑)」

Q.もう1つの世界に迷い込めるならどんな世界に迷い込みたい?

中学のときから芸能界で仕事をさせてもらっているので、普通の生活を送っている自分を体験してみたいです。その場合は、何かしらの社長になっていたいですね。何でもいいけど、とにかく社長になっていたい!(笑)

Q.Kis-My-Ft2のメンバーから映画の感想は聞きましたか?

僕、感想とか聞きたくないタイプなので、「言わないで」って言ってるんです。なんか恥ずかしくて。でも自分は言います。2月に公開された北山(宏光)くんの主演映画も、「良かったよ」と伝えました。そしたら「ありがとう~」って、めっちゃ薄気味悪い笑いを浮かべてましたけど(笑)。

PROFILE
玉森裕太 1990年3月17日生まれ。東京都出身。2011年にアイドルグループ、Kis-My-Ft2のメンバーとしてデビュー。『キスマイ超BUSAIKU』(CX)など多数のバラエティ番組に出演中。俳優としての評価も高く、代表作に『美男ですね』(TBS)、『信長のシェフ』(EX)などがある。
INFORMATION
映画
『パラレルワールド・ラブストーリー』
累計発行部数140万部を超える東野圭吾の大ベストセラー小説が遂に映像化¡ 崇史(玉森裕太)は、ある日親友の智彦(染谷将太)から彼女を紹介される。その女性は崇史がずっと片思いしていた麻由子(吉岡里帆)だった。が、ある日目覚めると麻由子は自分の彼女だった。混在する2つの世界に困惑するが……。5/31より全国松竹系にて公開。

 文/山本奈緒子