ビューティ

プチプラだって肌の強い味方に!上半期スキンケアバズり大賞発表♡

2022.08.09

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

トレンドのお顔づくりに欠かせないカラーコスメから2022上半期バズったスキンケアまで、真夏にマストなプチプラコスメをドーンとお届け! プチプラコスメならではのキュートなパケやユニークアイテムにワクワク♡ ということで今回は、2022上半期プチプラスキンケアバズり大賞をお届け〜! SNSで話題を独占し、店頭やサイトにアクセスが集中したプチプラコスメは? 長引くマスク生活でゆらぎつづける肌の強い味方はココにあります!

SNSで話題独占!
荒れもニキビもUVカットも!

SPF40・PA++++(医薬部外品) ¥1980/資生堂薬品 ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

イハダ
薬用フェイスプロテクトパウダー
コンパクトタイプのUVカットパウダーに、肌荒れや美白有効成分を配合。毛穴をふんわり隠しつつ、肌の天敵たちからガード&ケア!

発売前よりSNSを中心に話題となり、ECや各店舗で買えない現象続出中。UVカット+αの効果が好評です!(資生堂ジャパン PR 北村幸子さん)

4ヵ月で100万本以上売れ売れ★
サラサラUV

70ml SPF50+・PA++++ ¥968(編集部調べ)/花王 ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

肌ビオレUV
アクアリッチ アクアプロテクトローション
日やけ止め特有のぬめり要因の一つ、増粘剤の配合を極力減らす技術で、水のようなテクスチャーを実現。なじむと変化し肌に密着。

SNSや店頭で「ほぼ水!」と大反響。スーッとしたテクスチャーが支持され2月の発売から売り上げ100万本を超えました。(花王 ビオレ PR 小切琳子さん)

Page 2

発売からわずか2ヵ月で
8万8000個も売れまくり

ドン・キホーテ限定品 30枚 ¥550/ドン・キホーテ ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

THE NMN. マスク
話題の美容成分・NMNを配合。NMNは細胞内の酵素の一つで、若々しさへアプローチ。手軽にチャージできるのも嬉しいところ。

ドン・キホーテ限定品ながら3月の発売以降、累計約8万8000個を売り上げ、予想を超える大ヒットに。(コスメマーチャンタイザー 池戸美結さん)

5月の売り上げ、前年比165%UP
美容皮膚科医も太鼓判!

160ml(医薬部外品) ¥605/牛乳石鹸共進社 ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

スキンライフ
薬用泡のふんわり洗顔
洗顔料には珍しくCICA成分を配合。ワンプッシュでふんわり泡が出るフォームタイプ。ニキビを防ぎ、毛穴の黒ずみをオフ。

マスクニキビを防ぐ洗顔料や、グリセリンフリーコスメとしてSNSなどでご紹介いただいています。(牛乳石鹸共進社 開発担当 末永貴大さん)

Page 3

韓流百貨店で売れ続け
ヒットが止まらない!

泥マスク1枚入り ¥440/O.F.A ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

バイアウア
カーミング グリーン
グリーンのほかホワイト、ブラックがあり。特に、日本ではまだ見かけないシートマスクの泥タイプは一足早くお試しの価値あり。

番組「BTS IN THE SOOP2」でメンバーが使用し、人気が爆発。店頭でずーっと売れ続けています。(韓流百貨店 マーケティング販売員)

リニューアル後、販売個数390%増のシートマスク

大容量 28枚入り ¥990(編集部調べ)/ロート製薬 ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

メラノCC
集中対策マスク
心地いいシートは密着力が高く、ビタミンCが浸透ししっとり。その効果実感の高さがインフルエンサーによる投稿の自然発生へ繋がったよう。

多くのインフルエンサーさんにご紹介いただいたことで人気に火が付き、一般の方の口コミ投稿が拡大!(ロート製薬 広報 髙田ひかりさん)

Page 4

売り上げ急上昇!
レーザー発想ビタCマスク

7枚入り ¥770/クオリティファースト ●商品情報はViVi2022年9月号のものです。

クオリティファースト
ダーマレーザー スーパー VC100マスク

レーザー美容発想の3つの浸透システムで4種の高濃度ビタミンCを肌の必要な場所へしっかりお届け。防腐剤フリーなど肌への優しさも◎。

ビタミンCを素早く浸透させる効果への期待感&価格帯が人気の要因。同シリーズの化粧水もヒットしています。(アインズ&トルペ バイヤー 丸子さん)

¥1000以下で高機能なシートマスクが試せると話題に。どんどん売り上げが伸びている。’22年1~5月で1万8100個販売!(ロフト バイヤー 中川真理子さん)

Photos:Yasuhiro Ito, Ryoichi Onda, Akiko Mizuno(still) Composition&Text:Masami Oguma