エンタメ

福本莉子のアクティブな素顔が明らかに?!共演2度目の道枝駿佑についても

2022.08.14

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

実力の高い俳優を輩出する「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。ドラマ、映画、舞台と活躍の幅を広げる福本莉子さんに最新映画のことや、ホッと安らげる時間を伺いました。

いろんな仕事を経験して切り替え上手になりました

──最新映画『今夜、世界からこの恋が消えても』では、眠ると記憶が失われてしまう女子高生を演じた福本さん。出演が決まった時は大きなプレッシャーを感じていたそうですね。

「ヒロインとして難しい役を演じることのプレッシャーもありましたが、監督が三木(孝浩)さんなのでダブルでドキドキしていました。三木監督の作品に出演するのは今回で2度目。前作が公開された2年前は、演技経験が少ないにもかかわらずメインキャストに選んでいただきました。あれから様々な役を経験し、『自分の成長をちゃんと見てもらわなきゃ!』と力が入っていたかもしれません」

──昨年放送のドラマでクラスメイト役だった道枝駿佑さんとも2度目の共演ですね。

「はい。ちょうど共演していたドラマの撮影期間に映画出演の決定を知りました。道枝さんは、三木監督とご一緒するのが初めてだったので、『監督ってどんな方ですか?』と聞かれ、『優しくて何でも相談に乗ってくださる方ですよ』と答えると安心していましたね(笑)。共演ドラマが終わって、すぐ映画の撮影だったので、うまく演じられない部分を素直に伝え合いながら切磋琢磨していました」

──福本さんが演じた真織は、眠ると記憶がリセットされますが、ご自身は仕事でうまくいかない時などすぐに切り替えができるタイプですか?

「いろんな仕事を乗り越えて、切り替え上手になった気がします。お芝居を始めたばかりの頃は、寝る前にうまく出来ないことを考えて泣いていたこともありました。でも、夜中に悪いほうへ考え込んでいたことも、一晩眠ると前向きに切り替えられている時ってありませんか? それに気づいてから、悩みがあるときは考えすぎず、すぐに寝るようにしています」

──オンオフの切り替えはどうされていますか?

「それは完全に運動です! 休みや仕事の空き時間があると、パーソナルジムやピラティススタジオに駆け込んでリフレッシュしています。家でも、寝る前に30分ほどストレッチをしているんですよ! ヨガマットを敷いてストレッチポールで歪みを直す簡単なものですが、悩みだけじゃなくて、骨盤もここでリセットしています(笑)」

──すごい! 福本さんはアクティブ派なんですね。

「時間があると、運動したりマッサージや美容院に行ったりと予定を詰め込みがちです。でも、家で韓国ドラマを観る時間も大好きですよ。お風呂前の1時間に1話だけ。一気観したらすぐに終わっちゃうから寂しいんです! 犯罪捜査ドラマやサスペンス系も好きだけど、最近ハマっているのがド・ラブコメの『流れ星』というドラマ。難しいことを考えずにキュンキュンを楽しめる時間も大切ですよね」

Page 2

INFORMATION
『今夜、世界からこの恋が消えても』 2019年、「電撃小説大賞」を受賞した同名小説を実写化。眠ると記憶を失ってしまう難病を患うヒロイン・真織を福本莉子、ひょんなことから真織に嘘の告白をすることになる主人公・透をなにわ男子の道枝駿佑が演じる。記憶を積み重ねられない真織と、彼女を支える透がどう関係を深めていくのかが見どころ。7月29日(金)公開。©2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会
PROFILE
福本莉子 2000年11月25日生まれ。大阪府出身。2016年に「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。2022年は最新作の『今夜、世界からこの恋が消えても』を含め、『君が落とした青空』『20歳のソウル』とすでに3本の映画に出演。ピュアでやわらかな雰囲気と芯の強さを併せ持つ、成長著しい俳優。

Photo:Sakai De Jun Styiling:NIMU(makiura office) Hair&make-up:AYA(TRIVAL) Composition&Text:Sayaka Miyata