エンタメ

「子宮筋腫」は3人中1人にある!?知っておきたい原因&手術の必要性【はたらく細胞LADYに学ぶ】

2022.08.29

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

はたらく細胞4巻でも登場する「子宮筋腫」。実は2040代女性の3人に1人に存在するといわれています。「そのままにしておいたらどうなるの?」「どの程度で治療が必要?」「痛みはあるの?」婦人科医の大島乃里子先生に、子宮筋腫と「婦人科検診」の重要性について詳しく教えて頂きました!

教えてくれたのは……

クレアージュ東京 レディースドッククリニック 婦人科顧問 大島乃里子先生 日本産科婦人科学会専門医、日本婦人科腫瘍学会専門医。東京医科歯科大学 産婦人科学 博士課程 修了。婦人科腫瘍のほか、女性医学の専門医でもあり、思春期から老年期まで幅広い女性のお悩みと日々向き合っている。

忙しい女性たち。気づかぬうちに不調に陥ることも……!?

引用:『はたらく細胞LADY(4)』 第16話「三十路は不調のデパート」P.12

現代の女性たちは、誰もが日々忙しく過ごしています。学校や職場でストレスを感じたり、睡眠不足が続いたりすると、女性ホルモンのバランスが乱れる原因に。

肌やからだの不調に加え、ホルモンバランスの乱れは生理周期や経血量の増加など、女性特有の不調につながることもあります。

特に20代など若い世代は、学校や職場の健康診断は受けても、婦人科検診まで受ける方が非常に少ないんです。実は子宮の中に小さな筋腫が存在し、知らないうちに成長していることがあるかもしれません」(大島先生)

女性の3人に1人に存在する「子宮筋腫」とは?

女性特有の不調の中で、自覚症状もなく気づきにくいのが「子宮筋腫」です。

子宮内で平滑筋が過剰に増殖した結果、発生する良性の腫瘍です。20代~40代女性の3人に1人に存在すると言われています」(大島先生)

引用:『はたらく細胞LADY(4)』 第16話「三十路は不調のデパート」P.38、39

3人に1人とは、人ごとでは済ませられない確率です。一方で、子宮筋腫は良性の腫瘍であるため「はたらく細胞」にもあるように、免疫細胞が反応することもありません。よって痛みも感じないため、検査をしないと早期発見は難しいといえます。

「仮に子宮筋腫が発見されても、自覚症状がなく体調に問題がなければ“経過観察”となるケースが多いでしょう。しかし、筋腫の場所や個数、大きさによっては、治療が必要な場合もあります」(大島先生)

Page 2

放っておくと、生理のたびに成長!?
不妊の原因になることも

子宮筋腫は、女性ホルモン「エストロゲン」の影響を受けて成長します。生理周期に合わせて月に一度、体内のエストロゲン量は増加するため生理がある間は子宮筋腫も成長する可能性があります。

引用:『はたらく細胞LADY(4)』 第20話「レディーのお暇」P.184〜186

「テニスボール大や、極端な例ではバレーボール大にまで成長することがあります。ここまで大きくなると、他の臓器や血管を圧迫するリスクが生じます。また子宮筋腫があることで、子宮内膜の面積が広くなり、経血量が増加して貧血に悩む方も少なくありません」(大島先生)

子宮筋腫自体は良性の腫瘍ですが、体に何らかのトラブルが発生する場合は治療が必要。エストロゲン量を一定に保ち、子宮筋腫の成長を抑えるために薬が処方される場合もあれば、大きさと位置によっては内視鏡手術や、開腹手術で除去することもあります。

Page 3

「子宮筋腫は受精卵の着床を妨ぎ、不妊の原因になることも。将来的に妊娠・出産を考えている方は、早めに婦人科検診を受けることをおすすめします」(大島先生)

自分のからだを知るために「婦人科検診」を受けよう

普段の生活で、婦人科には縁がないという人も多いのでは……? ファムメディコの調査によると、生理痛を抱える女性で「婦人科に行く」と回答したのは、たった11%。「生理痛くらいで、わざわざ婦人科に行く必要はない」と考えている女性が多いようです。

資料提供/ともにファムメディコ

その一方で、日本産婦人科学会の調査によると、生理痛も含む「月経困難症」を抱える女性の2人に1人に、実は「なんらかの疾患がひそんでいる」というデータも存在します。

「厚生労働省は、現在20歳以上の女性に2年に1回“子宮頸がん検診”を受けることを推奨しています。各自治体から費用のサポートがある場合や、年齢によって無料クーポンが配布されることも。婦人科検診に縁がない方は、最初の一歩としてぜひ自治体の検診を利用して頂けたらと思います」(大島先生)

【自治体の子宮頸がん検診で受けられる内容】

ただし、ここで注意が必要なのは、自治体の「子宮頸がん健診」は、子宮の入り口までを見る検査であり「子宮の内側まで見る」検査ではないということです。

「こと子宮筋腫に関しては、小さいものは子宮内部をエコー(超音波)で見ないと分かりません。仮に子宮頸がん検診で問題がなかった場合も“私の子宮は大丈夫”と安心するのはまだ早いです。“経腟エコー検査”を受けておくと安心でしょう」(大島先生)

Page 4

人間ドックのオプションとして
「経腟エコー検査」の選択を

経腟エコー検査とは、腟内にプローブという細い器具を差し入れ、超音波によって子宮内を画像診断する検査です。子宮筋腫の早期発見につながります。

痛みを感じることもなく、3分~5分程度で終了します。妊娠した時に赤ちゃんを見る機械ですので、安全性にも優れているんですね。婦人科の診療を行っているクリニックにはほぼ置いていますが、人間ドックを専門に行う健診センターにはないこともあります」(大島先生)

左・中央:経腟超音波(エコー)検査のイメージ。右:クレアージュ東京 レディースドッククリニックに設置されている経腟エコーの検査機。

経腟エコー検査は、自治体の健康診断では行われず、企業が実施する人間ドックでも基本のメニューに入っていないことがほとんど。ファムメディコの調査では、実際に企業の健診で経腟エコーを受けたことがある女性は、9.1%にとどまります。

企業が実践している健康診断に、オプションでつけられる場合があります。医療機関によって価格はまちまちですが、自費で6,000円前後のことが多いでしょう。人間ドックを受けるときは、経腟エコー検査ができる施設を選んだり、オプションで検査を選択したりしても良いと思います」(大島先生)

Page 5

自分のからだを知って、上手につき合うために

前述のように、子宮筋腫は良性の腫瘍であり、子宮筋腫自体が「がん」化する心配はないと言われています。その一方で、痛みもなく自身では気づかない“サイレントな腫瘍”なのも事実です。

引用:『はたらく細胞LADY(4)』 第17話「暴飲暴食リバース警報」P.44、45

「いまだに婦人科にかかる最初の機会が妊娠という方も少なくありません。日本の平均初産年齢は31歳と、先進国の中でも高齢な部類に入ります。30代半ば以降に初めて婦人科検診を受けて、子宮筋腫が発見されるというケースも。自分のからだを知るという意味でも、20代のうちから婦人科健診に興味を持って頂けたらと思います」(大島先生)

今回特別に、NETViVi読者2名様に、25,300円相当の【20代におすすめのYOU健診】体験チケットをプレゼント! 女性の罹患率が高い3つのがん(乳がん、子宮がん、大腸がん)に加え、子宮内膜症や子宮筋腫など、女性特有の疾患を総合的にチェックすることができる検査です。女性特有の不調を早期発見できる検査、この機会にぜひ体験してみて!

プレゼントの応募はこちらから>

クレアージュ東京 レディースドッククリニック
【住所】東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館17階 【TEL】0120-815-835 【営業時間】人間ドック/健康診断:8:30~11:00/ 14:00~15:30 【定休日】日曜日・月曜日
公式HP ▶︎ https://www.creage.or.jp/

Information
はたらく細胞LADY(4)
©︎原田重光・乙川灯・清水茜(『はたらく細胞』)/講談社
大ヒット細胞擬人化漫画『はたらく細胞』の、“女性”に特化したスピンオフ。第4巻で取り上げるのは、出産から数年後の女性の体内! 出産から幾年月を経て、仕事に育児に頑張るお嬢様。充実した日々を送る一方、その体内では静かに変化が訪れていた。加齢にともなうシミやシワ、暴飲暴食に耐えられなくなる内臓、そして子宮には謎の異物が……。異物の側から現れたのは、血管や内臓を構成する不随意筋・平滑筋細胞。お転婆な平滑筋細胞を素敵な淑女へと導くため張り切るマクロファージ。新たな仲間が増え、細胞たちが賑やかな日々を送る中、沈黙を続ける子宮の異物は巨大化してゆき……。 ご購入はこちらから

Text: Namiko Uno