エンタメ

【南琴奈】ミスチルのMV出演で話題!透明感が半端ない16才のリアルな高校生活とは!?

2022.08.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

今回の「奈良劇場」には、南琴奈さんが登場! 私生活の可愛いエピソードにも是非注目してみて♡

YUYA NARA
ヘアサロンSHIMA原宿のアートディレクターであり、ヘアメイクアーティストとして世界中のファッショニスタたちから支持を集める。彼自身もまた、ファッションアイコンとして注目されている。

KOTONA MINAMI
2006年生まれ。埼玉県出身。Mr.Children『Documentary film』、Official髭男dism『MIXED NUTS』、Vaundy『走馬灯』など、多数のMVに出演。ファッション誌やアパレルブランドのビジュアルなど、モデル、女優として注目の一人。

Page 2

最近ハマっていることは♡!?

奈良裕也(以下N南さんに初めて会ったのは、とある撮影現場なんだよね。

南琴奈(以下Mはい。奈良さんは他の俳優さんのヘアメイクもやっていらっしゃったんですが、その空間がすごく賑やかで、いつも笑い声が聞こえてきていたので、楽しそうだなと思っていました。

N 初めて見た時から、すごく透明感があって綺麗な子だなと思っていたので、今回は透明少女になってもらったんだよね(笑)。王道に可愛いビジュアルにしたかったんだ。

M 全然違う自分になれたので、今回の撮影、楽しかったです。モデルのお仕事ってやっぱり楽しいなと思いました。演技のお仕事をやってるとモデルをやりたくなるし、その逆もあります。

N 普段は、何をするのが好きなの?

M 最近は、“長風呂”にハマってます。半身浴しながらNetflix観たり、スマホをいじったり。電気を消してキャンドルをつけるとか、ちょっとおしゃれなこともしてみたんですが、長い時間バスタブに浸かっていたら、キャンドルの周りが蝋で汚れちゃって。そういう失敗もしています。

N なんて可愛いエピソード(笑)。ゆっくりお風呂入りながら、映画とか観るのいいよね。南さんて、高校1年生なんだよね? 放課後は何してるの?

M 学校の帰りに友達と渋谷に行って、お茶したり、ベンチに座ってただただ喋っていたりもします。高校生活は本当に楽しいです。

N なんかちゃんと高校生活、健全に楽しんでるね。僕は堀越高校出身なんだけど、校則が厳しかったな。まぁ、そこはもちろん色々すり抜けてたけど(笑)。芸能コースもあったから、同級生に、歌手の水樹奈々さんやKinKi Kidsの堂本剛さん、女優のともさかりえさんとかもいて。

M えぇ! すごい。

N 男女交際も禁止だし、髪の長さも決まってたし、通学路も男女別で。本当に厳しい校則だったんだよね。まぁもう20年以上前だから、今よりいろんなことがゆるくて、高校生活はそれなりに面白かったよ。きっと南さんも将来、「同級生に南琴奈いたよ」とかって言われるんだろうね(笑)。そういえば、どうやって芸能の仕事を始めることになったの?

M 私は、スカウトでした。人生で初めて原宿に行った時に。母と歩いていたんですが、事務所の方に声を掛けていただいて、名刺を渡されたのがきっかけでした。

N へぇ! 今でも原宿でスカウトってやってるんだね。声を掛けた事務所の方の原石を見つける目ってやっぱりすごいね! これからの活躍に、本当に期待してます!

Page 3

妄想TITLE♡

透明少女

【Kotona】トップス・参考商品/EDSTROM OFFICE(Paco Rabanne) レースヘッドピース¥49500/ザナドゥ トウキョウ パールヘッドピース¥52000/MiyukiKitahara その他/スタイリスト私物 【Yuya】すべて/本人私物 ●商品情報はViVi2022年10月号のものです。

妄想STORY

オーロラの光のカーテンが空一面に広がる、小さな村が北極にひとつ。澄み渡る空気と張り詰めた緊張感が漂う夜、少女はつぶやく。「今夜、私の体は、どんどん透き通り、透明になるの……」と。普段から天性の透明感がある琴奈の祖先は、巫女であり、村に代々伝わる“透明の祈り”の伝道師。透明になる夜、琴奈は光のベールに包まれ、空へ舞い上がり、村の繁栄を祈りながら流星を降らせる。幾千の流星が空を横切るたび、村人たちは「今夜も琴奈様に感謝じゃ」と祈りを捧げるのであった。透明少女は、北極の空を輝かせる生き神様なのだ!

ヘアメイクのPOINT
レースヘッドアクセにパール×グリッターのつやメイク(奈良裕也)

#奈良劇場

HAIR & MAKE-UP:YUYA NARA(SHIMA) PHOTO:MASAMI SANO(KiKi inc.) STYLING:RURI MATSUI TEXT:YUMIKO ITO