ビューティ

“悪い姿勢”は太る原因になる!?ピラティスで痩せやすい体づくり

2022.09.19

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

いくら頑張って運動や食事制限をしても、なかなか痩せられない……。それは、「悪い姿勢」が原因かも! 姿勢が悪いと老廃物や水分を溜め込んで脂肪をがつき安くなってしまうんです。「悪い姿勢」が身体にもたらす悪循環や正しい姿勢の作り方を、ピラティスインストラクターの鈴木あやさんに教わってきました♡

教えてくれるのは……

ピラティスインストラクター 鈴木あやさん 「Ranzuki」、「EDGE STYLE」、「S Cawaii!」などの専属モデルを務め、現在はピラティスインストラクターとしてピラティススタジオ【ReStudio Tokyo】をオープンし、美容サロン経営など、多方面に活躍中!Instagram ▶︎@techitechiaya
ピラティススタジオ▶︎@re_studiotokyo
パーソナルスキンサロン▶︎@on_skinsalon(表参道店)
▶︎@on_skinsalon_osk(北堀江店)

姿勢が悪いと、太るって本当?

「姿勢が悪いということは、背中の筋肉が固まっている証拠です。人間の体は同じ体勢をずっと続けたり、適度な運動で筋肉を動かさなかったりすると、筋肉が固まり悪い姿勢のまま背骨も固まっていってしまうんです。さらに筋肉がポンプとなって動くリンパの流れも悪くなります。そのせいで老廃物や水分が溜まってしまい体が浮腫み、脂肪に変わっていく悪いサイクルが生まれます。そのため悪い姿勢は太りやすい原因になると言えます。」

痩せやすい体と太りやすい体の違いは?

より多くの筋肉を定期的に動かしていると、体が歪んだり固まったりせず、体内の循環も良くなると思います。大胸筋や太ももの筋肉など、大きな筋肉は日常生活の中で自然と動いていますが、インナーマッスルや肩甲骨周辺の筋肉など小さな筋肉を使えていない人が多いんです! 意識して定期的に動かしてあげることで、悪い状態で背骨が固まることもなく、血液循環も正常になるので老廃物が溜まりにくくなり、太りにくい体に近づきます!

姿勢の悪さはストレスが
溜まりやすい原因にも?

「背骨には自律神経が通っているので、そこが固まってしまうと自律神経が使われずストレスが溜まりやすなり、鬱になりやすくなる恐れもあるんです! ピラティスは背骨を1つずつ動かして体の歪みを整えながら必要な筋肉を動かすので、体の循環が良くなり、気分もスッキリする効果が期待できますよ♡」

まずは自分の“姿勢”をチェック!

「悪い姿勢にはいくつかパターンがあります。多くみられるのは、猫背と反り腰。自分がどっちのタイプか分かるだけでも足りていない筋力を把握しやすくなります。この後紹介する目指したい正しい姿勢もチェックしてみてください。」

下記の項目が当てはまる人は猫背タイプ!

●肩こりになりやすい
●二の腕が痩せにくい
●気付いたら巻き肩になっている
猫背の人は胸椎が固まっている状態です。大胸筋を使いすぎて、背中の肩甲骨の筋肉などが衰えている可能性が!

下記の項目が当てはまる人は反り腰タイプ!

●お尻が出やすい
●下っ腹・お腹がなかなか痩せない
●ぽっこりお腹の人
反り腰の人は腰椎が固まっている状態です。大腰筋を使いすぎて、お腹がだら〜んと伸びた姿勢になり腹筋がなかなか使えていない可能性が!

理想の正しい姿勢はコレ!

●正しい姿勢
壁に背中をつけた時、腰の位置に手が1枚ほど入る緩やかなカーブをしている姿勢がベスト! 壁に背中をつけてセルフチェックしてみてね。

ピラティスエクササイズで
姿勢を正しい位置に戻そう!

凝り固まった筋肉や背骨を動かしながら、正しい姿勢に整えていきましょう! 毎日コツコツ続けることがポイントです。エクササイズ動画は下のインスタ投稿からCHECK♡

この投稿をInstagramで見る

 

ViVi(@vivi_mag_official)がシェアした投稿