イケメン

【キュン撮!】吉沢亮が愛しくてたまらない“あの子”とは?

2016.04.27

今、巷で話題の美しい男子"吉沢亮"。そんな彼が愛しくてたまらないと言う"あのコ"とは――。あのコを通して見えた本音、 ふとこぼれてしまう素の笑顔、そんな瞬間を切り取った。

熱心に毛繕いをして、食卓に並ぶつまみをくんくんと品定め。のびのびと思いのまま生きる日本猫の "にぼし"。そんなにぼしが、ドラマ『オトナ女子』や映画『さらば あぶない刑事』で注目を集めた若手俳優、吉沢亮の本日の晩酌のお相手。

「酔っぱらうと、いつもより喋っちゃうんだよな……」なんて、ぼそり。

時刻は夕方5時を過ぎた頃。にぼしさん、今日は本音がこぼれるまで付き合ってね。

穏やかな雰囲気で物静かそうとよく言われる。でも実はお酒が強くて、飲むピッチも速い。居酒屋でビールを勢い良くごくごく飲む姿を、誰が想像するだろう。

「マネージャーさんたちと飲みに行くと、『ペース速すぎ!』っていつも言われる。自宅でお酒を飲むのも好きだけど、飲み過ぎて失敗したことってあんまりないなぁ。失敗といえば、シラフのときだけど、昔、中央線で寝過ごして、高尾まで行っちゃったこととか(笑)」

その瞬間! 突如、猛ダッシュをして棚に登るにぼし。

「どうした?にぼし(笑)。本当に思うがまま動くね〜。僕とは正反対。熟考してから行動するタイプだから。計画的って言われると聞こえがいいけど……、そのときそのときの感情で動くのが少し怖いのかも」

思いつきで棚に登ってみたものの、どこから降りようか途方に暮れるにぼしをそっと抱き寄せ、少しずつ、自分のことをぽろりと漏らす。

「常に全力で向かってきてくれて可愛いから犬派だったんだけど、最近、にぼしみたいに、そっと近寄ってくる感じも可愛いと思うようになったんだ」

そんな愛の告白にもお構いなし。隣でごろりと寝そべり、せっせと肉球のお手入れをするにぼし。

「おーい、聞いてるー? にぼしはどんな恋人がいいの? 僕は一緒に居たいと思う人もそういう感じ。それぞれのペースで自由な時間を過ごして、一緒に居たいなと思った時に寄り添える人がいい。まさに君みたいに猫っぽい人(笑)」

一通り、気になったことをやり終えると、黙って近くで話を聞くにぼし(どこまで真剣に聞いているかは分からないけど)。

「にぼしって悩みある?」

……。(大きくあくび)

「僕は、しょうもない悩みなら人に話すけど、本気で悩んでいることは、家族にも話さない。でも酔っぱらうと、気を許した友達だけには、ついついそんな話を喋っちゃったりもするんだよね。後から考えるとちょっと照れくさい(笑)」。

にぼしは遂に、机の上の煮干しを発見。

少し前の話。ドラマのクランクアップという大事な日に〝2分〞遅刻をしてしまって、悔しくてしょうがなかったことが。どうしてこの日に限って時間を間違えてしまったんだろう……。そんなことを思い出したりもする。

「この仕事を始めた頃、ブランドもののアクセサリーをしていたら、事務所の人に『ブランド品を着けるんじゃなくて、お前がブランドになるんだぞ』って言われたことがあった。その時は、『はーい』なんて軽く答えてしまった気がするけど、今はその通りだなって」

首輪をつけなくたって、にぼしはにぼし。中身で勝負しようじゃないか。

PROFILE
吉沢亮
よしざわ りょう1994年2月1日生まれ。東京都出身。ドラマ『オトナ女子』に出演した際、"ちくわ"という猫と出会い猫好きに。最近観た映画はスタンリー・キューブリックの『博士の異常な愛情』。マイブームは乾燥した納豆をのりで巻いた"納豆せんべい"。

Photos: KO-TA SHOUJI Hair&Make-up: Asuka Fujio Stylist: Daisuke Araki Interview&Text: Yumiko Ito