エンタメ

【MIYAVI】世界的ミュージシャン・俳優・モデル…多才すぎる彼が考えるイケメン像とは?

2022.09.13

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

世界的ミュージシャン、ギタリストにとどまらず、ハリウッド映画でも俳優として活躍するなど常に挑戦し続けるMIYAVIさん。今回演じるのは、新時代を率いるヤクザの会長?

自分の中でベストを出せればロールモデルはいらない

――9月公開予定の映画『ヘルドッグス』は、岡田准一さん演じる元警官が、あるミッションを課せられ関東最大のヤクザ組織へ潜入する。MIYAVIさんは、そのヤクザ組織の会長という意外な役どころですね。

「僕が演じる十朱は、美術鑑賞が趣味の、いつも冷静沈着でインテリな会長。“ヤクザの親分”というと、もっと感情的で男らしいイメージだし、実際他の組員はそういった性格ですが、その中で僕の役は他と毛色が違う。監督もその異質感を狙ってキャスティングしてくれたんだと思います」

――十朱のアクションシーンも美しかったです!

「武器の使い方や体の力の入れ方など、僕のシーンだけに限らずアクション指導は岡田くんが担当してくれました。彼は自身の出演シーンの撮影が終わっても、他のキャストのアクションシーンをずっと見守ってくれていて。岡田くんの映画に対する愛とアクションへのこだわりを感じるとともに、そんな座長の姿を見ていたからこそスタッフ、キャスト全員が『一緒に最高の作品を作りたい』と背中を押されたんだと思います。原田(眞人)監督や岡田くんをはじめ、本作には根っからの映画好きが集まっています。監督もロケーションや細かな小道具ひとつにまで丁寧にこだわっていて。普通、キャリアを重ねれば重ねるほど効率を求めがちじゃないですか? でも、このチームは違う。自分にとっても今作でこだわることの美徳や楽しさを再確認できました。僕も、ギターを始めたばかりの頃は、自分にしか分からないこだわりを追求していたなって。」

Page 2

――素敵ですね! 最後に、美しき会長役を演じたMIYAVIさんが思う「国宝級イケメン」像を教えてください。

「誰かを真似するのではなく、自分にしかできない生き方を確立している方は、かっこいいな、と思います。容姿など外見的なかっこよさは時代によっても移り変わっていくけど、オリジナルの道を切り拓いている人はどんな時代も輝いて見えます。僕は、20代の頃も今も目の前のことに精一杯ですが、その瞬間にベストを尽くすことには手を抜かずやってきました。20代の頃とはまた輝き方は違っていたとしても、挑戦さえ続けていれば、その光度は衰えていないと思います。これからも自分なりの輝き方を見つけていきたいです。

ジャケット¥418000、パンツ¥148500、ブローチ ¥159500/ディオール(クリスチャン ディオー ル) その他/本人私物 ●商品情報はViVi2022年10月号のものです。

INFORMATION
映画『ヘルドッグス』
原作は、警察小説の概念を破壊した『ヘルドッグス 地獄の犬たち』。ある事件をきっかけに復讐に生きる元警官・兼高(岡田准一)が、ヤクザ組織に潜入。警察調査で相性98%と判断された組織のメンバー室岡(坂口健太郎)とバディを組み、ヤクザ界でのし上がる目的とは……? ハードなアクションシーンからも目が離せない!  Ⓒ2022「ヘルドッグス」製作委員会
PROFILE
MIYAVI
1981年9月14日生まれ。大阪府出身。ピックを使わずに全て指で弾くオリジナルの奏法で世界中から注目を集めるギタリスト。2016年に公開されたハリウッド映画『不屈の男 アンブロークン』で俳優デビュー後は、数々の映像作品に出演し活躍している。

Photos:Sakai De Jun Styiling:Masayuki Sakurai Hair&Make-up:Takahiro Hashimoto(SHIMA) Composition&Text:Sayaka Miyata