エンタメ

【山田杏奈】『新・信長公記』で共演の永瀬廉は疲れた顔とか全く見せたことがない

2022.09.14

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

ドラマ『未来への10カウント』でボクシング女子を演じ、鮮烈な印象を残した山田杏奈さん。7月末からスタートしたドラマでは一転、歴史オタクの女子高生を演じています!

撮影現場では、みんな優しくて輪に入れてくれます

――現在、山田さんが出演しているのは、戦国時代の武将たちがクローンとなって100年後の世界に生まれ変わり、高校で天下獲りバトルを繰り広げるというドラマ。かなり奇想天外なストーリーですが、脚本を読んだときの印象はいかがでしたか?

戦国武将のクローンで学園もの、と聞いて、一体どんな作品なんだ!?と思いましたね。物語の舞台は100年後で、歴史の授業が廃止されていて誰も戦国武将について知らない、という設定なんですけど、私が演じる日下部みやびは歴史オタクで知識がある。それを武器に、武将のクローンのクラスメイトたちを何とかまとめて率いていこうとするのだけど……というものです。

漫画と違ってドラマでは、なぜかみやびは時代劇のような喋り方をしているんです。“母(はは)さま、父(ちち)さま”などと言っていて、浮かないかな?と思ったんですけど、まわりの武将たちのキャラが濃すぎて意外とちょうどいい感じになっています(笑)

――みやびのキャラクターについて、もっと詳しく教えていただけますでしょうか?

物語は100年後が舞台で、歴史の授業が廃止されていて誰も戦国武将のことを知らない、という設定なんですね。だけどみやびは歴史オタクで、戦国武将が大好きで、知識も愛もある。それを武器にクラスメイトをまとめて率いていこうとする役どころです。その過程で、みやび自身いろんなことを学びながら成長していくのも見どころかと思います。

――みやびは学級委員で、クラスメイトのために奔走する頑張り屋な女子ですよね。山田さんは高校時代、どんなタイプの生徒だったんですか?

小・中学校までは私も学級委員タイプで、けっこうまわりを引っ張っていたんですよ。でも高校生になってからはお仕事が忙しくなって、優しいクラスメイトにノートを写させてもらう、というキャラクターに変わりました(笑)。

ただ、みやびの「これがやりたい」となったら猪突猛進になってしまうところは、自分とよく似ているなあと思います。みやびは、行動に論理より感情が反映されるタイプ。私もそういうところがあるんですよね。あと、ちょっと失敗したら「ワーッ!」となっちゃうところもかぶるなあ、と思いながら演じています……。

Page 2

――男性ばかりの登場人物の中、山田さんは紅一点の存在となりますが、撮影現場はどんな雰囲気なんでしょう?

設定こそ学園もので生徒は皆15歳ですけど、実際に演じている方たちの年齢は18~48歳と幅広くて。大人の方が多いので、意外と場の空気は落ち着いています。最初はすごく緊張していたんですけど、皆さん優しくて。休憩中も、“おいでよ~”
とか輪に入れてくれます。

撮影現場に、スマホで撮った写真をプリントできるプリンターがあるんですよ。共演の須賀健太さんがそれを使って、自分が撮った写真を全部プリントして壁に張り出してくれたことがあって。みんなでワイワイ見て、楽しかったです。」

――織田信長のクローンを演じる主演の永瀬廉さんは、『ViVi』の国宝級イケメンで殿堂入りをしているんです。撮影現場で見かけたイケメンな一面があったら是非教えてください!

グループの活動もあってお忙しそうにされているのですが、疲れている顔を見たことがないです。いつも座長として皆の輪を作ってくれていて。信長は扇子を持っているキャラクターなんですけど、暑いときはまわりの人をあおいでくれようとするんですよ、すごくないですか? 本当に気さくだけどみんなに気を配っていて、尊敬します。

――反対に、一番マイペースな方って誰でしょう?

武田信玄を演じている満島真之介さんですね。本当に“高め安定”というか(笑)。誰も見ていなくても一人でフザけています。

Page 3

――山田さんの近況についても教えてください。最近買ったもので一番気に入っているものは何でしょう?

今日も履いてきたんですけど、groundsのスニーカーです。ソールがポコポコ丸くなっていて、可愛いんですよ。ずっと欲しかったんですけど、最近やっと買えました。色はベージュっぽい白です。

――普段はスニーカー派なんですか?

デニムにスニーカー、というスタイルが多いですね。この夏は、短パンにこのgroundsのスニーカーを合わせたいなと思っているんですけど。履いているとみんな「かわいい」と言ってくれるので嬉しいです♡

――この夏は、何か計画しているイベントはありますか?

海でもプールでもいいんですけど、水着を買ったのでそれを着たいです。海外ブランドのもので、色がパキッと強くて惹かれたんです。でも水着を買ったのなんていつ以来だろう? 高校生のときが最後かもしれません。銭湯はよく行くんですけど、海やプールは全く行っていないので……。

Page 4

――銭湯がお好きなんですか!? 意外です。

銭湯というか、サウナが好きなんです。まわりにサウナ好きな人が多くて、「何がいいんですか?」とか言っていたんですけど、試しに一回行ってみたらハマってしまって。見事にととのってしまいました(笑)。

――忙しい毎日の中、サウナでリフレッシュされているんですね。では最後に、ドラマに登場する戦国武将の中から、ViVi読者に推しの武将を教えていただけますでしょうか?

濱田岳さんが演じている黒田官兵衛は、注目キャラだと思います。他のクローン武将たちが皆アクションで攻める中、官兵衛だけは策略で静かに成り上がっていくんです。それを濱田さんが、いかにも食えない感じで演じているのが面白くて。ドラマにおいては一番の推しかなあ。

――彼氏候補として推すならどの武将がオススメでしょうか?

明智光秀くんかなあ。引っ込み思案で気弱そうなんですけど、実はすごくまわりのことを考えていていい子だなあ、と。“俺が俺が”なキャラクターが多いので、逆に惹かれますね!

Page 5

ニットポロ¥22000/エストネーション スカート¥52800/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(テラ) パールのリング¥143000/チェリーブラウン ウェーブリング¥29700/イー・エム アオヤマ (イー・エム) ●商品情報はViVi2022年10月号のものです。

INFORMATION
『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』 とある博士が戦国武将のクローンを作り出してから15年。歴史オタクの日下部みやび(山田杏奈)は、織田信長(永瀬廉)、豊臣秀吉(西畑大吾)、伊達政宗(三浦翔平)、武田信玄(満島真之介)、黒田官兵衛(濱田岳)などクローンたちが集結する銀杏高校に入学する。そこへ徳川家康(小澤征悦)が転校してきたことで、学園の天下獲りバトルが始まり……! 毎週日曜22:30~日本テレビ系にて放送。
PROFILE
山田 杏奈
2001年1月8日生まれ。埼玉県出身。2011年よりモデル活動、2013年より女優活動を開始。これまで映画『樹海村』、ドラマ『未来への10カウント』『17才の帝国』など多数の話題作に出演。出演ドラマ『連続ドラマW 鵜頭川村事件』(WOWOW)が8/28よりスタート。

マンガ試し読み

『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』

Photo:Yamagoe Shotaro(TRON) Hair&make-up:Fumi Suganaga Styiling:Ayano Nakai Interview&Text:Naoko Yamamoto