エンタメ

【9番街レトロ】ゆるくておもしろい!仲良しコンビの掛け合いに沼落ち注意♡

2022.10.26

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

芸歴9年目以下の若手芸人が集結! 若々しく熱量の高い漫才やコントを堪能できる“必笑スポット”として注目を集めている「神保町よしもと漫才劇場」。ぼる塾やオダウエダなどの売れっ子を輩出してきた同劇場で、ネクストブレイクが期待されている9番街レトロの2人。ボケの京極風斗さんは、NET ViViの連載「0か100かで生きてゆく」も大好評。スタートから1周年を迎えたことを記念して、今回は特別インタビューを実施! 相方のなかむら☆しゅんさんと一緒に、コンビの目標や神保町よしもと漫才劇場の魅力、お互いへの想いを語ってもらいました。

左・京極風斗 右・なかむら☆しゅん

——京極さんの連載が始まって早くも1年経ちましたが、まずは今の心境を教えてください。

京極 個人的には、すっかりピンクが好きになりました。この1年でViViのロゴを何度も何度も見てきたので。

なかむら 確かに、京極はZAZYさんを慕ってるもんね。

京極 それは別の話や。衣装がピンクじゃなくてもZAZYさんは好きだから(笑)。

改めて振り返ると、本当に1年経つのが速かったです。今後は自分の発言が矛盾していきそうで怖いですね。読者の方々から「昔と言ってることちゃうやん!」と突っ込まれそう……。でも、人間は考え方が変わるものですからね。

なかむら 開き直ってるやん!

でも、ViViで連載を始めたことで京極も自分の思想を再確認できたと思うし、「俺はこうやって生きていく!」という意思表示ができたんじゃないかな。そうやって“京極らしさ”が世の中に広まるのは相方としても嬉しいことです。まあ、本当のことを言うと、連載の文章は毎回、僕が構成しているんですけどね。

京極 大嘘をつくな(笑)。そもそも読んでないやろ?

なかむら いやいや、相方の連載をチェックする芸人は少ないと思うんですけど、僕はマメにチェックしてますよ。カップルに傘を差し出したエピソード(#3)とか、“ザ・京極”って感じがしました。微妙にダサいけど、それをやらずにはいられない。人間臭いところがいいですね。

——京極さんの連載には、相方であるなかむらさんの名前すら出てこないですよね。あくまで自分の考え方を綴ることにこだわっている理由はありますか?

京極 「0か100かで生きてゆく」という自分の主義をタイトルに掲げてしまったので、基本的に自分のことを書くべきだと思っているんですよ。まだまだViViの読者さんは僕のことを知らない人も多いと思うし、知らないヤツが知らないヤツのエピソードを書いていてもややこしいでしょ(笑)。もう少しコンビとして売れてきたら、相方の話も出していきたいなと思っています。

——実際、最近はコンビとして上昇気流に乗っている感覚があるのでは?

なかむら 最近は本拠地である「神保町よしもと漫才劇場」だけじゃなくて、いろんな劇場に立たせてもらっているんですよ。少しずつ漫才の実力が認められてきている感覚はありますが、まだまだですね。もっともっと売れるために、マネージャーさんに営業を頑張ってもらいたいと思っています。

京極 他力本願だな(笑)。

僕は8月が誕生日なんですけど、去年と今年を比べて、友人やファンの方々からもらったプレゼントの量があまり変わらなかったんですよ。売れる前にもらえるプレゼントの量には限界があることを知りました……。この壁を突破するためにも、絶対に売れたいと思っています。

なかむら モチベーションの置き所が狂ってるやん(笑)。

Page 2

——「神保町よしもと漫才劇場」は、芸歴9年目以下の若手芸人が集まる劇場として独自の文化を築いてきました。生の漫才やコントを見たことがない読者に向けて、神保町よしもとの魅力をアピールしてください。

京極 例えば渋谷の「ヨシモト∞ホール」はアラフォーの芸人さんが多いので、楽屋の話題は病気か競馬か野球の3択なんですよ(笑)。それに比べると、やっぱり神保町よしもとはフレッシュなエネルギーが充満していると思います!

(京極さんが連載で「生のお笑い」の魅力を綴った#7はコチラ

なかむら 渋谷と比べると神保町は静かで落ち着いた街なので、ナンパとかキャッチに邪魔をされずに劇場まで足を運んでいただけますよ。おひとり様の女性も多いし、映画を観に行くような感覚で気軽に立ち寄ってください。

京極 古参ファンからマナーを厳しく指導される……みたいな文化もないですし、“にわか”も“ミーハー”も大歓迎。イケメン芸人もいるので、新たな推しを見つけやすいんじゃないかな。

なかむら アケガラスのKINGとか、めっちゃイケメンですよ。見た目も芸風も強めのラッパーなので、ViVi読者さんの好みに合わんかもしれんけど(笑)。

京極 KINGは売れたらViViの表紙を飾れるぐらい顔面のポテンシャルが高いですよ。その号だけは、ロゴを黒に変えてもらえば馴染むと思います(笑)。一方、軟水の大川内聡はナチュラルなイケメンですよ。背も高いし、ユルッとした雰囲気も若い女子に刺さると思うな。他にも光り輝く芸人がたくさんいるので、ぜひ興味本位で覗きに来てください。

なかむら 待って。俺は京極の顔も好きやで。

京極 いや、どのタイミングで告白してんの?

なかむら 鼻筋とか、漫才中に横から見ていてキレイやと思うもん。

京極 あ、ありがとう……。

Page 3

——せっかくなので、お互いの好きなところを教えてください。

京極 普段は僕がネタを書いているのですが、なかむらは本番で想定外のアクションを起こすんですよ。「思ってたんと違う……」と思うけど、そこでめっちゃウケることもあって。言われた通りにやるだけじゃなくて、僕が考えたベースに自分の色を足して化学反応を起こしてくれるところが好きですね。

なかむら 京極はネタのアレンジを許してくれるんですよ。そこが好きかな。ネタの原案を考えた者としてのプライドがあるはずなのに、ちゃんと僕の考えも受け入れてくれる。個人としては「0か100」の極端な生き方をしていても、コンビのことに関してはちゃんと「50」を選択できるんですよ。

京極 僕の考えを押し通すだけなら、コンビを組む意味がないですからね。コンビとしては、2人の個性を混ぜ合わせて、真ん中にあるモノが一番面白いと思ってもらえることが理想です。

——これから重要な賞レースが始まる時期になりますが、年末にかけての意気込みを聞かせてください。

京極 M-1は「不参加」か「優勝」の2択です……。と、極端なことを言いたいところですが、リアルに目指しているのは準決勝進出です。準々決勝までしか進んだことがないので、もうひとつ上の段階に行きたいなと。

なかむら まだ中学受験で手こずっている状況なのに、「東大を首席で卒業します!」とは言えないというか(笑)。いずれにせよ、本気でネタを作って、本気で挑むことは変わりません。相方の誕生日プレゼントを増やすためにも、妥協するわけにはいきません。

京極 今は準決勝に進出するだけでも売れる時代なので、来年の誕生日はすごいことになっているかもしれないですね。

Page 4

——ViViで自分たちの好きな企画をやれるとしたら?

京極 神保町よしもとに来てくれる人を増やしたいので、近隣の喫煙所マップを掲載するとか?

——すみません。それは需要がないかも……(笑)。

なかむら 僕は女性のファッションに対する男子の本音をお伝えする企画をやりたいですね。「こんな着こなしはモテないよ」という例を大公開します。

京極 いやいや、余計なお世話だろ。ViViの読者さんはモテとか意識しないで自分らしいファッションを楽しんでいるんじゃないかな。

なかむら マジで? モテは大事よ!

京極 じゃあ、なかむらが考える「モテるファッション」とは?

なかむら 露出が多い! 京極の連載を通して「0か100かで生きてゆく」ことに共感した人は、全裸でもいいんじゃないかな。

京極 俺の連載を巻き込んでスベるなよ(笑)。

#京極風斗
『0か100かで生きてゆく』連載一覧

PROFILE
9番街レトロ(きゅうばんがいれとろ)
大阪府出身。吉本興業所属のお笑いコンビ。2019年4月1日に9番街レトロを結成。神保町よしもと漫才劇場を拠点に活動中。
YouTube 9番街レトロ

Photo: Tohru Daimon Text: Satoshi Asahara