ビューティ

【美ウエスト】くびれ&ペタッと下腹へ!ぜい肉ゼロにする“ながら”トレーニング

2022.10.02

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

皆様、この秋もおしゃれには肌見せが必須。秋だからといって油断してる場合じゃない!とはいえ、肌見せポイントはお腹と脚だけ。まずは見える部分だけでも簡単&効果的なダイエットに取り組んで、秋服の似合うメリハリボディを手に入れよー! ということで今回は、ペタッと下腹&くびれを手に入れる方法をご紹介♡ 旬の短丈トップスを可愛く着こなすためには、ぜい肉ゼロのお腹が必須。続ければ結果が望めるメソッドをお届け。

今年の秋服はお腹&脚見せが必須!

ViViガールズに欠かせないitブランドもお腹見せや脚をがっつり出すような洋服を続々リリースしてます!

UNIQLO

SNIDEL

REDYAZEL

動いてやせたい頑張る派は
ながらトレーニングで引き締め!

\ こんな人にオススメ!/
☑︎体を動かすのが好き
☑︎少しでも筋肉をつけたい!
☑︎湯船には入らずシャワーで済ませることが多い
☑︎冷たい食べ物(飲み物)が好き
☑︎ダイエットの成果を早く出したい

筋肉のないぷよぷよBODYさんは
代謝を上げて脂肪燃焼を促す

運動する機会はないけど、体を動かすのが苦じゃないなら、筋トレやストレッチを取り入れて、代謝UP。脂肪燃焼できる体を手に入れて、引き締まった体を目指しましょう!

教えてくれたのは
-40㎏に成功したトレえみフィット考案者 トレえみ 40㎏のダイエットに成功した自身の経験を活かした書籍『トレえみDIET!』が発売中。オンラインフィットネス「トレえみフィット」が人気。Twitter(@emiry_oinari)も注目。

Page 2

丸まる腹筋でフラット腹に

ゆっくり腹筋をすることで全身の筋肉にしっかりアプローチ可能。少ない回数でも効果が望めるから、できる範囲で頑張ろう!

【10回×2セット】

ショートタンク¥4125、ショートパンツ¥5005/ロサンゼルス アパレル ジャパン(ロサンゼルス アパレル) ブラ¥6072/KenTeカスタマーセンター ピアス、ヘアゴム/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

1.床に仰向けになって手脚を伸ばして浮かせる
脚と手をピンと伸ばして寝転がる。かかとと手は床から少し浮かせる。頭を上げておへそをのぞき込む。この時背中をできるだけ床につけるように意識して。

2.腹筋を意識しながら手と脚を引き寄せる
腹筋に力が入っていることを意識しながら、勢いをつけずに手と脚を引き寄せる。このとき肩と背中が床から離れて丸まりすぎないように注意して。この動作を10回繰り返す。

Page 3

ちょい上げ腹筋でくびれをゲット!

ゴロゴロしているついでに体をねじるだけで、埋まっていたくびれが出現! 常に筋肉をつけたい場所を意識することを忘れずに。

【10回×2セット】

1.背中をつけたままおへそをのぞき込む
仰向けになり、ひざを立てる。背中はぴったりと床につけたまま、腹筋の力だけで上半身を起こしておへそをのぞき込み10秒キープ。手は頭に軽く添えるだけのイメージ。

2.体を左右にひねってくびれを意識!
1の体勢のまま、上半身を左にねじる。右ひじと左ひざをつけるようなイメージで10秒キープ。右サイドも同様に10秒キープ。この動きを10回繰り返す。

トレえみさんのメリハリBODY習慣

痩せない原因の栄養不足はサプリで補給する!
痩せない人の多くは栄養不足! どんなにいい車でもガソリンがなければ走らないのと一緒。脂肪を燃やすためにも私はマルチビタミンや乳酸菌をサプリで補給してます。

Page 4

少しでもゴロゴロしたいズボラ派は
寝る前リンパマッサージでむくみ解消

\ こんな人にオススメ!/
☑︎運動をする時間がない
☑︎週3回以上外食している
☑︎便秘気味でお腹が苦しい
☑︎靴下のあとが20分以上とれない
☑︎三日坊主で継続するのが苦手

むくみが原因のパンパンBODYさんは
リンパを流して老廃物を出す

むくんで体が重い人や、筋肉が張ってしまっている人は、一日の終わりにマッサージを取り入れて、体のめぐりをよくして。即サイズダウンが望めるから毎日続けることが大事。

教えてくれたのは
のべ2万人を施術したリンパマッサージ師 あい先生 世界初3D技術“山岡式メディカルリンパ®”の創始者。YouTube「あい先生︱リンパ師」は登録者数60万人超え。LINEお友達追加(@ai222)でリンパ流れ度診断プレゼント中。

Page 5

便秘とむくみを解消してぺたんこ腹に!

お腹も実はむくんでます! だからリンパ流しが欠かせない。便秘解消にもなるので即ペタンコ腹に。

1.横になって骨盤の上をつまんで筋肉をほぐす【40秒】
横になって寝転がり、骨盤の上から肋骨の下まで揉む。中の筋肉をつまんで揉みほぐすイメージ。これを40秒間繰り返す。反対側も同様に。くびれができるだけでなくお通じも改善!

2.指先で脇腹を押す!【40秒】
仰向けになって横腹を指先の腹で押す。骨盤の上から肋骨の下に向かって、ぎゅーっと深く押していく。押したときに固くなっているのは筋肉のコリなのでほぐして柔らかく。

3.右から左に向かってお肉をつまんでいく
①右側の肋骨の下のお肉をつまむ。少しずつ左側に向かってつまみながら移動する。②もう少し下の位置をつまんで右か
ら左につまみながら移動する。

4.おへその左右のお肉を揺らす【40秒】
おへその左右にあるお肉をタテにつまんで、左右に揺らす。少し上をつまんで同様に揺らす。お肉がつかめない人は筋肉が固着しているので、繰り返しやってどんどん柔らかくして!

5.おへその周りに小さい円を描いてマッサージ
①おへその真下に指の腹をあて時計回りの円を数回描いてほぐす。同様に、②右骨盤の上、③右肋骨の下、④おへその上、⑤左肋骨の下、⑥左骨盤の上の順に円を描いていく。

あい先生のメリハリBODY習慣

NOT外食! おうちごはんで塩分を抑える!
自炊は塩分や砂糖などの調味料の量を調整して薄味にできるので、体のむくみが改善されます。内臓への負担が減ることで、脂肪燃焼や美肌作りに細胞が働いてくれやすくなります。

Photograph:Hiroshi Fujiwara(Pygmy Company) Styling:Aino Masaki Hair&Make-up:NAYA Model:Arianna Sakura(ViVi exclusive) Composition:Megumi Toyosawa