エンタメ

矛盾やハラスメントと闘う女性は私たちの鏡【花上惇のギャルマインドコラム連載】

2022.10.07

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

皆さんこんにちは。花上惇(はなうえじゅん)です。一体私が何者なのかって? 私は、悩めるギャルズの駆け込み寺。普段SNSで活動しているラブリーでチャーミングな、今一番ホットなギャルよ(言うだけタダ)。現代社会を生きるやんごとなきギャルの私たちは、常日頃、世の荒波に揉まれながら人生をサバイブしているわよね。この連載では、普段エンパワーメントを発信している私が、これまでに出会った人物や作品、フレーズの中から、人生に影響を受けたものをpick upして、そこで思った考えをシェアしたいと思うの。

\ 前回の連載はこちら♡ /
忘れられない“恋”との向き合い方

忘れられない“恋”は心の納戸にいつまでも【花上惇のギャルマインドコラム連載】

連載第5弾で取り上げるのは、Mariah Carey(マライアキャリー)の『Through the rain』のこちらのリリック。

I can make it through the rain
私はこの雨を切り抜けられる
I can stand up once again
もう一度立ち上がる事ができる
On my own And I know
一人で大丈夫、分かってる
That I’m strong enough to mend
私には立ち直れる強さがあるんだから
And every time I feel afraid
恐れを感じる時はいつだって
I hold tighter to my faith
信じる心を強く持つ
And I live one more day
そしてもう1日生きるの
And I make it through the rain

雨を乗り越えてみせるのよ

これは私が敬愛するマライアキャリーの名バラード、『Through the rain』の歌詞の一部。

普段私は皆さんを鼓舞する系のコンテンツを発信しているけれど、こんな私でも様々な局面で迷い、悩み、落ち込むことがあるわ。そんな時に私を救済してくれるお薬みたいな楽曲よ。

Page 2

“And I live one more day”
(訳:そしてもう1日生きる)

私の心に響いたこの一文。何度この言葉に救われたか分からないわ。
たとえ今日という日がどんなに辛くても、とりあえずあと1日生きてみる。“とりあえず生きてみた1日が積み重なり“日々”となる。その中で一縷の光が見えてくるものよ。

世の中を見渡してみると、様々な矛盾や理不尽と戦う女性が多くいるわ。
記憶に新しいのはセクハラ被害を告発した、元陸上自衛官の五ノ井里奈さんのニュースかしら。

私の周りにも過去に職場でのセクハラ被害に悩む友人がいたけれど、当時彼女は「事を荒立てたくない」「転職は時間と労力がかかる」などの理由から泣き寝入りするしかないと言っていたわ。

男女問わずハラスメント被害者が声を上げた時、世間の反応は必ずしも優しいものだとは限らない。

やっとの思いで行動に踏み切ったとしても、場合によっては加害者から「そのつもりはなかった」と軽くあしらわれたり、事を大きくしないためになのか周囲から「細かい事で騒ぎ過ぎだ」と言われたりすることもあるみたい。

このように何故か被害者側がバッシングの対象になることがあり得ると思うと、令和においても馬鹿な考えを持つ人が存在するんだなと実感させられる。

そんな中、この元陸上自衛官の彼女は自分の信念を貫き、恐れを乗り越え、自分の力で“雨を乗り切った”すごく勇敢な女性だと私は感じたの。

彼女の勇気ある行動に救われたという女性は多いのではないかしら。
それに目の前の問題に立ち向かって行動することが、決して無駄ではないことを彼女は証明してくれたのではないかしら。

多くの人は悩みを抱えたとき、本来の自分のポテンシャルを忘れてしまいがち。私たち人間はそういった状況に陥ったとき、本来の自分の魅力や能力を一瞬見失ってしまうみたい。そして最悪の事態ばかりを想定し、自分自身の欠点や落ち度に意識が囚われてしまうのよ。
だからこそ、この歌の歌詞ように、

I hold tighter to my faith.
訳:信じる心を強く持つ)

これがとても大切なこと。

Page 3

ちなみに……ちょっと待って、これは前もって言っておくわ(笑)。大きい話題に触れた後で私事の小さい話をして本当にごめんなさい。

私はこれまでに人間関係や恋愛事情で苦しんだことって、実はほぼ無いと言えるほど少ないの(笑)。
そんな私が落ち込むシチュエーションは、自分の存在意義が見出せなくなったとき。あとは人に迷惑をかけてしまったときかしら。それを笑顔で許してもらえたときにはもう余計に病んでしまう。怒ってくれる方がまだ良いんだけど……ってね。

でもこの小さなモヤモヤですら直接相手に伝えるのは難しいと感じてしまうもの。

人それぞれ抱えている悩みは大小様々。だけどもしこれが行動を起こすことで解決可能なものなら、自分の気持ちに素直になって現状を打破するために何か行動に移してあげることが、結果あなたにとって一番優しい選択になるのかもしれないわ。

実際、世の中には何か問題が起きたときにただ泣き寝入りするのではなく、声を上げたりメッセージとして世間に発信したりする人が存在するわよね。

その存在の一人であるマライアキャリーの名曲『Through the rain』は、悩んで病んで心がボロボロになってしまったときに、きっとあなたに寄り添ってくれるはずよ。

最後にもう一度思い出して。
あなたは自分で思うよりもずっと強くて、ずっと魅力的だってことを。

ネックレス、イヤーカフ(シルバー)、リング/@heres_official その他/スタッフ私物

NEXT>>>
フリーターが水商売の
世界に入り人生が激変した話

Profile

はなうえ じゅん 花上惇 SNS総フォロワー約50万人。ポジティブなマインドを発信するオリジナル動画がクセになると人気上昇中のインフルエンサー。独学で学び流暢に英語を話す姿にも反響がある。また2020年には『THEカラオケ★バトル』で優勝した経験も。Instagram   TikTok   YouTube   Twitter

Text&model: Jun Hanaue Photos: nae Styling: Itaru Araya Hair&make-up: Kanako Composition: Arisa Uchida