ビューティ

ふんわり前髪が流行中♡セルフカット術からスタイリングの簡単テクまで!

2022.10.07

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

顔の印象を左右する前髪のトレンド知りたくない? 顔型別の似合う前髪を徹底取材! 今どき前髪をマスターしてこの秋可愛くなっちゃお♡ 今回は、今っぽい前髪を作るためのテクをご紹介! 簡単テクでトレンド前髪を手に入れよ♡

教えてくれたのは…
STRAMA
春宮雅之さんトレンド感のあるパーマスタイルの提案が得意。デザイン性のあるスタイルを作らせたらピカイチと業界内でも話題!

韓国では当たり前!
カーラーふんわり前髪

韓国の女の子たちの間ではもはや当たり前な、カーラーで作るふんわりニュアンス前髪。どうやると上手に作れるのか教えてっ!

カーラーを使うと、前髪に自然なふんわりボリュームを簡単に出すことができます。ポイントは毛流れを整えること! 一度熱を加えるとより短時間で作ることができますよ!(春宮雅之さん)

①アイロンを通して熱を加えて!
短時間でクセ付けを叶えるために、まずはストレートアイロンで前髪に熱を加えると◎。同時に毛流れも整えて。

②カーラーに挟んで毛先から巻き付ける
毛流れを整えながらカーラーに前髪を挟み込み、毛先から巻き付ける。外すときは上に向かってふわっとさせて。

\ 完成 /

ふんわりバングで明るい印象に!

タンクトップ¥4950/EVRISルミネエスト新宿 ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

Page 2

可愛くなりたいなら今すぐチェンジ!
今どき前髪はコレ!

簡単アイロンテクで
くずれ知らず前髪

雨や風、湿気などでくずれやすい前髪。しっかりとスタイリングすれば、長時間くずれることなく理想的なヘアをキープできちゃう!

前髪をスタイリングするときは、3ヵ所にブロッキングすることが大事。左右と真ん中に分けて、それぞれ方向を変えながらアイロンでスタイリングすると、くずれにくさも◎。(春宮雅之さん)

①ブロッキングして真ん中からストレートに
まずは、中央部分と左右の3ヵ所にざっくりと分ける。中央部分は根元から毛先にかけてストレートに伸ばす。

②両サイドは内側に向けてストレートに
両サイドの毛は、根元から毛先にかけて内側に向くようにアイロンを通して。丸みが出てキュートな印象に。

\ 完成 /

ひと手間スタイリングで
くずれにくさアップ!

Page 3

ちょっと伸びてきたらコレもあり
前髪セルフカット術

セルフカットってぶっちゃけ避けたいけど、伸びてしまったらどうしようもない! 失敗しないやり方教えて!

①コームで3ヵ所に分ける
まずは根元から毛先までコームを通し、中央部分と左右の3ヵ所にざっくりとブロッキング。

②ハサミは縦向きで中央部分から
人差し指と中指で中央部分を挟み、ハサミを縦にもって毛先を少しずつ切っていく。

③左右の毛は内側に向けてカット
サイドの毛も同様に人差し指と中指の間に挟み、内側に向けながらカットしていく。

Page 4

持っておくべし!
ヘアスタイリングアイテム

【左】崩れにくさ抜群のアイロン。リファビューテック ストレートアイロン ¥19800/MTG 【右】マイナスイオン機能を搭載。SALONIA ストレートヘアアイロン15mm ¥3278/I-ne ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

【左】水分を保持しながら、スタイリングするヘアアイロン
【右】使いやすい小さめサイズのアイロン

【左】挟んで巻くだけで使いやすい。フルリフアリくるんっと前髪カーラー Y207 ¥637/ベルパレット 【右】ドライヤーの熱を通しやすいカーラー。マペペ ヒートカーラーL ¥418/シャンティ ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

【左】挟むタイプで使いやすいくるんとカーラー
【右】カールキープ力◎なヒートカーラー

Page 5

【左】天然バターで動きのあるヘアへ。ウタウ メロウバーム 35g ¥4840/デミ コスメティクス 【中央】ツヤ感もアップ。O by F リッチスタイルバーム 40g ¥2860/マッシュビューティーラボ 【右】まとまり感とツヤ感が絶妙。トラック オイル No.1 90ml¥3520/ジョエルロティ ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

【左】束感を自由自在に作れるウェット仕上げバーム
【中央】ベタつかないのに絶妙束感が作り出せるバーム
【右】まとまり具合が最高! ヘア全体に使えるオイル

こちらもおすすめ♡

【最新ヘア】秋流行るカラー・前髪・ヘアアレンジは?トレンド総まとめ

Photos:Shun Okamoto(makiura office) Styling:Yuka Morishima Composition&Text:Makoto Tozuka