エンタメ

【JO1】話題の新曲披露も!『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』をレポート

2022.10.12

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

JO1初のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』が全5都市で開催中。9月22日に行われた福岡公演では、全国のJAM(※JO1のファンネーム)をつなぐライブストリーミング配信も。画面越しにもアツさが伝わってくる、熱狂のライブの様子をレポート!

JO1が歌って踊りまくる!圧巻のパフォーマンスがスゴい

©LAPONE ENTERTAINMENT

2ND ALBUM『KIZUNA』を引っ提げて挑んだグループ初のアリーナツアー。およそ3時間のステージでアンコール含む全26曲を披露し、生バンドを従えたロックなステージで、最高にアツいパフォーマンスを届けました♡

©LAPONE ENTERTAINMENT

「OK,This is JO1. Let’s Go!」(大平祥生さん)、「行くぞ、福岡ー!」(木全翔也さん)の声で開幕した福岡公演2日目。オープニングから『Move The Soul』『Born To Be Wild』などのエネルギッシュなダンスナンバーで畳みかけ、会場は早くもヒートアップ! 終始一糸乱れぬダンスで魅了しながらも、しっとり聴かせるバラードでは1人1人の歌唱力を発揮。11人が横一列に並んで歌を届ける『君のまま』には、ほれぼれするほど。

©LAPONE ENTERTAINMENT

楽曲と楽曲の間をバンドの生演奏でつなぎ、息つく暇もないほどに次々とパフォーマンスを披露していくメンバー。節々にJO1のスタイリッシュさを散りばめつつも、全身全霊でタフに歌やダンスを届ける姿は圧巻の一言でした。

Page 2

個性あふれる自己紹介タイムをフィーチャー!

ライブ序盤のメンバー11人による自己紹介タイムをほぼ全文で紹介。ステージ上ではお互いがお互いにツッコむ場面も多発!? それぞれのキャラクターが垣間見えるコメントに注目です♡

<鶴房汐恩さん>
「はい、どうも! 『♪は・か・た・の・しおん』。皆さん最終公演ですね。あっという間でほんまに、めちゃめちゃ楽しくて。今日めちゃめちゃすばらしいもの持ってきたんですけど……社長のシールです。1枚1万円で売ってます。今日は盛り上がっていきましょう!」

<木全翔也さん>
「(地声で)福岡―! こんにちはー! (マイクありで)こんにちはー! 後ろも聞こえましたか? JO1の木全翔也です。今日は現場の人もオンラインで見てる人も、一緒に楽しみましょう。よろしくお願いします!」

<豆原一成さん>
「JO1の豆原一成です。じゃあ今日も2日目いっときますか。福岡2日目、きたーーーーーー!ということで今日はね、ガンガンいっちゃう系でいくんで。今日もよろしくお願いします!」

<佐藤景瑚さん>
「JO1の佐藤景瑚です。よろしくお願いします! 今日はなんか熱気がすごいですね。みんな、今日すごいぞ! 今日はね、俺はすごい幸せになる気満々で来ました。今日は楽しんでって……楽しんで帰ってね!」

<白岩瑠姫さん>
「どうも皆さんこんにちは、JO1の白岩瑠姫です。僕東京出身で東京から来たんですけど、福岡ってちょっと寒くないですか? 肌寒いというか。なんか夜も冷え込むじゃないですか。だから俺があっためてあげ○△□……(笑)。福岡って寒いじゃないですか。だから俺があっためてあげよっか。この会場を盛り上げて熱くして帰れるように頑張ります。よろしくお願いします!」

<川西拓実さん>
「皆さんこんにちは、JO1の川西拓実です。お久しぶりです。はじめまして。やっぱり初めてお会いした方もいらっしゃると思うので、川西拓実とJO1のメンバーみんな覚えて、楽しいライブに、記憶のなかで楽しいライブになればいいなと思います。今日は1日よろしくお願いします!」

<金城碧海さん>
(まずは会場全体にクラップを煽って、ひとしきり盛り上げたあと)「JO1の金城碧海です。今日も熱い熱い日にしますので、皆さん楽しんでいってください!」

<大平祥生さん>
「皆さんこんにちは、JO1の大平祥生です。皆さん人生で落ち込むときってありますよね。そんなとき、人間は下を見がちですよね。そんなときにサイトで調べたら、上を向けって言われますよね。でも上を見んなよ、横を見ろ。俺がいるぞ。大平祥生です。よろしくお願いします!」(鶴房さんの過去コメントを真似る遊び心が!)

<河野純喜さん>
「はーい、JAM―! 福岡さ、昨日からさ、バリ好きよっちゃけど! 好きよっちゃけど本当に。ラーメン食べたね? バリ好きよっちゃけど。福岡今日ほんまに、『KIZUNA』ライブツアー東京公演もありますけどちょっと開くので。今日が仮ラストくらいの気持ちでね。JAMの皆さん最高に盛り上がっていきましょう!」

<與那城奨さん>
「はいさーい! 與那城奨です。福岡2日目ということで、いやもうめちゃくちゃ皆さん盛り上がってますね。僕たちも盛り上がってます。お互いの気持ちとのぶつかりあいなので、僕たちも負けずにいきたいと思いますので、皆さんもぜひ全力でぶつかってきてください。福岡のみんなバリすいとーよ。よろしくお願いします!」

<川尻蓮さん>
「福岡ただいまー! ありがとうございます、本当に。昨日ね、ちょっとあの……福岡が楽しすぎて、夜ちょっと眠れなかったんですよ。そのときにJAMのことをいろいろ考えてて、JAMって0を1にする力があるなってすごい思ったんですよ。こうやってライブができるのもJAMのおかげだし、僕たちがデビューできたのも応援してくれるみんなのおかげ。そんな0を1にする不思議なパワーを持ったJAMがこんなにたくさん来てくれてます。1+1+1+1+1+1+1+1+……どんな答えになるかは分からないんですが、最高の結果になることだけは分かってます。皆さん最高のライブにしていきましょう! 今日はよろしくお願いします。川尻蓮でした」

Page 3

来月発売の新曲『SuperCali』をサプライズで初披露!

6枚目のシングル『MIDNIGHT SUN』が10月12日にリリース! 発売に先がけて、リード曲の『SuperCali (読み:スパカリ)』を今回のライブで初パフォーマンスしました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

怪しげなライティングのステージから繰り返し聞こえてきたのは、「Supercalifragilisticexpialidocious」という呪文。楽曲のタイトル『SuperCali』は、“スパカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス”という呪文の英語を略したもので、中毒性溢れるメロディとともにその奇異な世界観を表現。

これまで見せることのなかった新たなジャンルとコンセプトで、JO1の新たな一面を見せていました♡

©LAPONE ENTERTAINMENT

Page 4

©LAPONE ENTERTAINMENT

披露後のトークで佐藤さんが「どうでしたか?」と声をかけると、会場からは大きな拍手が。「スパカリは歌以外にもダンスがめちゃくちゃカッコいいので、皆さんぜひ注目して見てください!」と大平さん。川西さんは「11人揃ってフォーメーションを組んでやるダンスがあるんですけど、それは大好きですね」と、好きな振り付けをアピール。

©LAPONE ENTERTAINMENT

Page 5

疾走感のあるパフォーマンスも見どころの『SuperCali』は、公式YouTubeでパフォーマンスビデオを公開中です♡

JO1の魅力を余すことなく詰め込んだ大満足のアリーナツアーは、最終の地・東京へと続きます。ますます磨きがかかるJO1から目が離せません!

Information
10月12日リリース!
6TH SINGLE『MIDNIGHT SUN』
今作では、成長の過程で感じる“痛み”を、理想と現実の狭間、昼か夜かわからない奇異な世界での恐れや胸の高鳴りになぞらえて表現。その中でこそ見つけることのできる、自分たち自身の新たな一面を追究した作品に仕上がっている。中毒性の高いリード曲『SuperCali』をはじめとする、新曲全4曲を形態別に収録。

Text:Yuri Tokoro