ファッション

首まわりを覆うニット小物がブームの予感!今欲しいあったかアイテム5

2022.10.21

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

秋も本番!ってことで、やってきました。オシャレが一番楽しい季節。最旬トレンドがてんこ盛りのこの秋、ココロときめく大本命服にはもう出会えた?! これさえ押さえとけばOKな、ココロオドル秋服だけをずらっとご紹介。寒~い冬が来る前の、今がチャンス! らぶい秋服と一緒に思う存分お洒落を楽しんじゃお♡

バラクラバ、アームウォーマー、レッグウォーマー!

“首”まわりを制して秋を制す!

韓国アイドルみたいなアームウォーマー付きの半袖ニットを筆頭にこの秋は、くびまわりを覆う小物アイテムがブームの予感。ワンテク投入するだけでお洒落してる感がぐんとアップするのも有り難い! くびまわりを温めると温活にもなるし一石二鳥だね~!

手くび:アームウォーマー

アームウォーマーはずっと気になってたアイテムです。正直、どう取り入れていいのか迷うけど、セットものなら間違いナイし、たまにつけてみたいかも(大学生・22歳 小田美夢さん)

【上】アームウォーマー付きニット(10月上旬発売予定)¥17930/LILY BROWN 【下】アームウォーマー付きニット¥6800/トリート ユアセルフ ルミネエスト新宿店(トリート ユアセルフ) スラックス¥3990/UNIQLO ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

この秋のニューヒッツ、アームウォーマーをまずは取り入れて。腕の絶対領域アピールで女っぽさを見せつけて。

こちらもおすすめ♡

アームウォーマー付き白ニット¥5600/MORE self LOVE ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

Page 2

くび:バラクラバ

今季は“くび”まわりに主役級のアイテムが勢揃い。どこかの“くび”にワンポイント入れるだけで一気にトレンド感がアップしそう。私は、バラクラバで小顔効果狙いたいです!(笑)(編集Y.K)

バラクラバ¥7700/カオリノモリ 新宿ミロード(カオリノモリ) スウェット¥12100/X-girl store(X-girl) ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

マフラー付きなら取り入れやすい。フード感覚でスウェットにオン。コートの上から付けてもフードっぽく見えるからかわいいよ!

Page 3

こちらもおすすめ♡

バラクラバ¥3299/WEGO ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

くび:マフラー

マフラー¥8800、ニット¥11000(オンライン、ルミネエスト新宿店限定カラー/MOUSSY)、ショーパン¥7700(SLY)/バロックジャパンリミテッド ピアス¥9900/Bijou R.I ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

ニットとセットアップのマフラーで洒落度アップなら守られてる感。フワッとしたもて系ピンクのニットが狙い目です。

Page 4

足くび:ルーズソックス

なんでもないシンプルなコーデでもポイントになって一気に華やぐ、頼れる小物です。ハードル高く感じる人も、合わせてみると意外と馴染むので1個はトライしてみましょう!(スタイリスト 内田理菜さん)

ルーズソックス¥2980、ボーダーワンピ¥8980/épine ヘアピン(2個セット)¥5390/THE HAIR BARTOKYO(タートルストーリー) バッグ¥31900/アンテプリマジャパン(ANTEPRIMA/WIREBAG) ミュール¥13900/CHARLES & KEITH JAPAN(CHARLES & KEITH) ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

黒でミュール合わせなら簡単。ブーツ感覚の見え方だから、ミニとのバランスも抜群。足元から秋にするなら簡単で取り入れやすいよ!

Page 5

足くび:レッグウォーマー

レッグウォーマー¥1200/Brandy Melville 2wayダウンベスト¥20000/CALNAMUR スウェット¥7700/プーマ お客様サービス(プーマ) ミニスカート¥7590/EMODA ルミネエスト新宿店 ショートブーツ¥9790/REZOY●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

ミニ×レッグウォーマーがこの秋、ブームの予感。

こちらもおすすめ♡

2wayレッグウォーマー¥879/WEGO ●商品情報はViVi2022年11月号のものです。

Photos:Kyosuke Azuma Styling:Rina Uchida Hair & Make-up:Yukari Hayashi Model:Seika Furuhata,Nicole Fujita(ViVi exclusive) Composition:Mayuko Kobayashi Text:Asami Kotake