エンタメ

【年収億超えキャバ嬢・ひめか】アンチは自分への興味のバロメーター「有名になるには付き物だと思ってます」

2022.11.27

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

圧倒的No.1キャバ嬢として人気の「ひめか」。きらびやかかつ非日常的な夜の世界で忙しい日々を送る彼女に、嫉妬やストレスの回避法から“日常”のこと、恋愛についてまでを聞きました。トップに君臨する「ひめか」だからこそ“見える”ものとは。短期連載「ひめかの“ひめ目線”」第二回では、ViViが用意したカジュアルな衣装に着替えて登場! お仕事モードではない彼女の素顔に迫ります。

\ 前回の連載はこちら♡ /
ひめかが18歳でNo.1になれた理由とは?

【令和No.1キャバ嬢ひめか】18歳で夜の世界に入りトップに上り詰めた彼女の壮絶な過去と強い意志

ーー休日はどんな風に過ごしていますか?

お休みの日は、お買い物をしたり、趣味のポーカーをしたりして過ごすことが多いですね。お洋服を買うときも、昔は自分が「かわいくなりたい」という一心でいろいろと買っていたけど、最近はちょっと選ぶ視点も変わってきて。

ーーどんな風に変わったんですか?

最近、お店の女の子から「ひめちゃんに憧れています!」とか「ひめちゃんみたいになれるように頑張ります!」と言われることが増えてきたんです。それで、“これからもずっとキラキラし続けていかないといけないな”って思うようになって。だから最近は、あるべき自分の姿を考えながら、買い物をするようになりました

ーー「自分がどう見られるか」まで意識しているんですね。休日はどんな人と過ごすんですか?

昔からお休みの日は、お仕事に関係する人とは会わないで友達や家族と過ごすようにしているんです。そこでは仕事のことは考えないようにしています。それにみんなも「ひめか」じゃなくて「本名のわたし」として接してくれているので楽ですね。

それに普段のお仕事を頑張るためにも、プライベートは充実させておかないと「死ぬな」って思うんです(笑)。そのためにも、自分が完全にオフでいられる人と過ごすのが大切ですよね。

ひめかさんのプライベートの様子。▶︎スワイプしてみてね♪

    Page 2

    ーー昔からのお友達には、キャバ嬢になったことをすぐに話しましたか?

    はい! この仕事をはじめてすぐに打ち明けました。みんな、「面白そうなんじゃない?」みたいな感じで応援してくれました。

    私が仲のいい友達は、自分の人生に満足している子が多いんです。ひめが稼いでいたり、キラキラしたりしていてもまったく嫉妬しないし、私と同じでお金に執着がある子もいないし。だから長年仲良くできているのかなって思いますね。

    ーーお友達も素晴らしい方たちですね! ちなみにプライベートで恋愛するならどんな相手が理想ですか?

    仕事中は背伸びせざるを得ないことも多いから、恋愛では、子どもでいさせてくれる人がいいなって思います。素を出せたりちょっとわがまま言えたりする相手が理想です。

    ジャケット¥98000/エンメ(レジーナ ピョウ) ビスチェ¥4990/ザラ・ジャパン (ザラ) デニムパンツ¥12200/EVRIS新宿ルミネエスト店 ブーツ¥10890/RANDA ピアス¥2970/サンポークリエイト(ミミサンジュウサン) ●商品情報は2022年11月時点のものです。

    Page 3

    ーー確かに接客業ってなにかと気を使うお仕事ですよね。日頃、ストレスをためないように心がけていることはありますか?

    ひめとしては、自分の居場所はここだけじゃないし「ほんとにイヤだったらいつ辞めてもいい」くらいの気持ちを持っておかないと、しんどくなっちゃうと思うんですよね。

    それに私のママはいつも、「頑張ってね」じゃなくて「頑張りすぎないでね」とか「辞めたくなったら辞めなね」って言ってくれるんです。そう言って貰える場所があると、心に余裕ができて、メンタル面でも強くいられるなと思います。

    それと「自分の居場所は、夜職にしかないっ!」って思い込んでしまったら正直しんどすぎる。だから、心の片隅には常に「自分の居場所は他にもある」という気持ちを置いておくんです。そうしていたから病まずにここまで来られたのかも。

    あ、もちろん今、キャバ嬢を辞めたいと思っているわけでもないし、辞める気もないですよ!(笑)。

    あとは適度に「手を抜く」のも大切ですよね。手抜きも才能の一つ。いかに上手に手を抜くことができるか、これも人には必要なスキルだと考えています。

    だから、ふだんの生活では手を抜けるところは抜いて、7割〜8割で過ごす。そうやって余裕や余力を残していると「ここぞ!」というときに100%出せるんじゃないかなって思うんです。

    人生で初めてロマネ コンティ(ワイン)をコンプリートした日。▶︎スワイプしてみてね♪
    2021年最終営業日の記念写真。

      Page 4

      ーーきっとひめかさんに憧れる人はたくさんいる一方で、嫉妬する人も多そう。アンチにはどう対応していますか?

      SNSでは、叩かることもムカつくコメントを投稿されることもありますよ(苦笑)。でも稼いでいることは事実だし、この1年ぐらいは「良くも悪くもしょうがない」って気持ちをいつも持っていました。

      アンチに対して言いたいこととか思うことはたくさんあるけど、目に見える反論はしないようにしています。人の噂はいずれ消えるし、アンチがいなくなるときって、ひょっとしたら自分が興味を持たれなくなったときかもしれないそう考えたら今は仕方ないかなって。

      ーーすごく大人な考えですよね。これって昔から?

      確かに「オトナだね〜」ってよく言われるんですけど、このお仕事をしていたらどうしても精神年齢は高くなるかも(笑)。基本的な考え方やマインドは、昔から今の感じですね。

      周囲の友達からは、特に、挑戦してみて「自分に向いているな」と思ったことはとことん極めるし、そうじゃないことには見切りが早いところが「昔から変わらない!」ってよく言われます。

      NEXT>>>
      ひめかが築き上げた
      売れるキャバ嬢の法則

      PROFILE

      ひめか 2000年10月27日生まれ。18歳で夜の世界に足を踏み入れ、進撃のノアが所属する「CLUB REIMS」では、入店3ヵ月という脅威のスピードでNo.1に上り詰めた。現在は同グループの「CLUB RAISE」に所属。圧倒的なスタイルとルックスを武器にモデルとしても活躍し、数々のコレクションにも出場。男女から支持を得る、令和のNo.1キャバ嬢。Instagram@hmk_queen
      TikTok@hmk_queen1027
      Twitter@hmk_queen2000

      Photos: Yuzo Touge
      Hair&Make-up: Akihiro Motooka
      Styling: Aino Masaki
      Text: Akemin
      Composition: Arisa Uchida