エンタメ

東大の五月祭に潜入!“好き”を極めたらすごいことになっていた件【連載リベンジ東大生】

2019.08.19

みなさんは、東大生にどんなイメージを持っていますか?  クイズ番組などで人気者が爆誕している一方で、超変人? ダサい? コミュ障? など、マイナスなイメージが広がっているかも……。現役東大生の永井志帆が“マイナスなイメージを持たれがちな東大生”像にリベンジを果たすべく、気になる学生を紹介していくこの連載。今回は、五月祭に潜入! レゴ部、折り紙研究会、医学部で“好き”を極めた東大生に突撃インタビューしてきました!  好きなことを極める熱意と、それに対する知識とこだわりがあふれる彼らを見れば、好きなことがあるってすっごくかっこいいこと!って改めて思えるはず。それが“オタク”と言われるなら、それで全然いいじゃ〜ないの!(笑)

【1】東大LEGO

レゴだけでつくられた歌舞伎座。人も舞台も全てレゴ。

東大LEGO部では、パッと見ただけではLEGOだと分からないような想像を超えた作品がたくさん展示されていて、動く歌舞伎座の作品には大人も子どもも釘付けになっていました! 今回は、部長の藤本和平さんに設計方法など普段は聞けないようなことまで詳しく教えてもらいました。

ーーこの作品はいくつのパーツを使って、何日で作ったのですか?

2万5000個程度の公式パーツを使用しました。価格にすると10数万円ですね。作品の制作は設計図担当と統括担当に分業して作り上げていきます。歌舞伎座の作品は5人で設計をしたのですが、組み立てに3〜4週間かかりました(笑)。設計図はあるものの、作りながら随時変更したりするので割と時間がかかります。今回のような作品の規模のものになると1年で4つ作るのが限界です。

ーー設計図ってどんなものなんですか?

無料のアプリを使って作るんですが、どのパーツがいくつ必要か表示されるだけではなく、レイヤーごと・角度ごとに見ることもできるのですごく助かっています。

歌舞伎座の設計図(一部)

ーーレゴってすごいですね! 鳥肌が立ちました!

レゴにはプロもいるんですよ。

ーーレゴプロ……?

世界に15人しかいない、「レゴという名前を使って仕事をしていい」とレゴの本社が認定しているライセンスがあります。日本には1人しかいないのですが、その方は東大レゴ部のOBなんです

ーーそんな東大LEGO部の美学とは?

“元からあるパーツの形を変えない、穴を開けたりしない”というのはあります。この歌舞伎役者を動かすモーターとかも全て公式パーツなんです。この限られたパーツでどこまで再現できるか、パーツを無駄なくどう使うかが重要です。一見そう見えなくても俯瞰してみるとしっかりそれに見える、というのが理想ですね。

あと、LEGOは意外とチームワークが出るんです。今回の作品は、プログラミングや設計、ハード面などそれぞれが得意分野を発揮して作っているんですが、例えば設計なら目に見えない裏側をどうするかなど、強度や固定など色々な側面からみんなで話し合っています。とことんこだわって作っているので、妥協はゼロです!

【2】東大医学部

お話を伺った吉富さん。

東大医学部の五月祭企画『医へのいざない』では日本一賢い気分を味わえる(!?)手術体験や動脈観察など本格的なものはもちろん、筋肉ショーや脱出ゲームなど楽しみながら医学知識を学べる催しもありました! 詳しいお話を東大医学部の吉富祐太朗さんにお伺いしました。

ーーそもそも東大医学部ってすごいの?

現在、一学年100人なんですが、そのうち10〜20人は数学や物理などのオリンピック大会のメダリストです。この環境に慣れてしまったけど、改めて考えると結構すごいのかもとは思います(笑)。

ーーそれすごいです(笑)。五月祭では実際に筋肉を披露しつつ解剖学を解説してくれた集団がいましたが、彼らは一体?

彼らは本当にすごくて、「高三の時に受けた模試が全教科ほぼ満点で、カンニングやネタバレだと疑われたことがある」「偏差値100をとったことがある」などなどの武勇伝の持ち主です(笑)。

ーーそんなすご過ぎるみなさんですが、最近楽しかったことってなんですか?

焼き肉屋さんに行った時はホルモンがどこの内臓か、人とはどう異なるかをイメージしながら食べるのが楽しいです! 例えば牛は胃が4つありますが、4つ目のギアラだけが人間と同じ腺上皮の構造で、残り三つは反芻するためにあるので、扁平上皮と言って人間でいうと食道の膨らみのような感じの構造をしているんですよ。そういう話で盛り上がるとき、医学部だな〜と思います(笑)。

ーー今回の五月祭企画では、脱出ゲーム形式で救命処置を教えてもらいましたが、何か救命に関するトリビアもあるんですか?

例えば、緊急医療の場で人工呼吸は必須ではなくなっているのを知っていますか?

人工呼吸に抵抗のある人も多いですし、大人が倒れる際、ほとんどの原因は心臓で、気管に物が詰まるケースは少ないということが影響しているんです。その代わり、胸骨圧迫はマスト。肺が動けば基本的には空気の出し入れもされますしね。

あと、AEDは電気ショックだけを起こす道具じゃないんですよ! 心臓が止まった=電気ショック、ではなくて心室細動といって、心臓が震えているケースにしか電気ショックは効かないんですそれを調べるには心電図で4種類の波の形を判別しなくてはいけないんですが、普通はそんなことできませんよね。それを自動的にはかり、必要な場合にのみ電気ショックを施す機械がAEDなんです!

ーー初めて知りました!

自分は難しい言葉とか、わけのわからない数式を使うことが“頭の良さ”だとは思っていません。分かりやすく、要点を噛み砕いて伝えることができる人こそが“真に頭のいい人”だと思っています。今回の企画も脱出ゲームと組み合わせたり、導入をなじみ深いものにすることに一番力を入れました。どうでしたか?

 ーーわかりやすく新たなことが知れて、取材を忘れて楽しんじゃいました(笑)。

【3】折り紙研究会Orist

折り紙研究会 Oristでは、極小のものから巨大なものまで、私たちの知っている折り紙とはひと味もふた味も違うクオリティーの高い作品がいっぱい! 朝から折り紙研究会には長蛇の列ができていました。人気の秘密や折り紙の知られざる魅力について、oristの近藤晏誉さんにお話を伺ってきました。

ーー想像よりもすごすぎて絶句してしまいました……。紙も独特ですね!

 これはとかげの皮膚の感じを出すためにカラペという和紙を使っています。折り紙は一枚10数円のクラフト紙でやることも多いですが、雁皮紙という5000円くらいの紙を使うこともあります。雁皮紙は紙の王様と言われることも多い、写経などに使われる厚めの紙です。

ーー紙にこだわって作っているんですね。

こだわっているのは紙だけではないですよ(笑)! 紙が薄いと折り紙の耐久度が落ちてしまうので、普通の紙やアルミホイルにサンドして使ったり、作品を膨らませるために紙で作った中にティッシュを入れるなど、たくさん工夫しています。

ーー折り紙と向き合う上でのマイルールはありますか?

“紙を切らない” “正方形の一枚の紙しか使わない”。なんとなくこれを守っていないと邪道な気がしてしまいます。

ーー展示品の下に書いている創作者というのは制作者のことですか?

折り紙では「おり図」と「展開図」があって、それを創作する者(考案者)と折る人が違うのはよくあることなんです。

ーー図を見て作るのも難しいですが、ゼロから作るのはさらに大変そうですね。創作折り紙のコツはありますか?

 折り紙は突っ張っている部分をいかに出せるかが重要なんですが、そのための一つの方法で円を作る必要がある時もあります。言葉だけで説明するのは難しいんですが(笑)。一枚の紙のどこにどれだけ円や半円を作れば、突出したパーツができるのかを考えながらやっていきます。折り紙の創作については30年ほど研究されていて、昔からたくさんの本に描かれています。そのため、折り紙経験者なら展開図を見ればどこがどう展開されるのか大体わかると思います。

 ーー奥深い……。折り紙をしていて一番楽しい瞬間はどんな時ですか?

いい感じの紙を発見できたことです! 折り紙に使われる紙にはいくつか有名どころがあるのですが、紙の質や硬さなど新たなものを見つけると試してみたくてうずうずします。 

ーー今まで知らなかった折り紙の世界に引き込まれてしまいました。ありがとうございました!

筆者は現役東大生ですが、今回取材させていただいたことで今まで知らなかった世界や知識に触れることができました。東大の五月祭は普通の大学の学園祭とは違って、模擬店以外にも展示や体験、発表など……とにかく盛りだくさんでした! 好きなことをとことん追究し、心から楽しんでいる姿はとても輝いていて魅力的でした! 大人から子供まで知的好奇心が刺激されること間違い無しの五月祭、次回はぜひ行ってみてください♡♡はー母

次回の五月祭(毎年5月の第二週の休日に開催)、駒場祭2019年11月22~24日予定)でもどんどん未開の地を攻めていきたいと思います。

撮影/大門徹 取材・文/永井志帆(ViVi Creator)