エンタメ

Instagram広報の仕事って?リール動画の再生数を伸ばす秘密って?【ヒットを生み出す企業のオフィスに突撃!#1『Instagram(Meta)』】

2022.12.09

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

話題の企業にViVi編集部が潜入する“オフィス訪問”企画! オフィスツアー編に引き続き、『Meta』をピックアップします。遊び心のあるユニークなオフィスで働いているのはどんな人? Instagramの成長を支える先輩社員の方にインタビューし、リアルな働き方を探りました♡ 噂のリール動画の秘密についても、解説しちゃいます!

今回お邪魔したのは…『Meta』
Instagram、Facebookなどを運営する外資系IT企業。約1年前にソフトオープンした新オフィスは虎ノ門ヒルズビジネスタワー内。絶景が広がるタワー最上階の34〜36Fに位置し、全面ガラス張りの窓際に並ぶカウンターデスクなど、開放的な空間で働けるのが特徴。柔軟なワークスタイルで、服装も自由! 社員数は非公表。

インタビューした社員の方は…
Instagram広報 市村怜子さん 中途採用で2016年に入社。公私ともにInstagramを愛用していて、よく使う機能は保存機能。気になったお店やクリエイターさんの投稿を習慣的に保存して、仕事にも活かしているそう。

Page 2

広報・市村さんに聞いた!Metaのあれこれ
入社当時のエピソードから1日のスケジュールまで

Q.入社のきっかけは?
A.Instagramが好きで、PR会社から転職しました!

市村さん「もともとはPR会社で、アパレル関係のPRを担当していました。約6年前に当時人気になりつつあったInstagramの広報を探していると聞いて転職。自分自身がInstagramのヘビーユーザーだったので、その魅力を発信していく広報の仕事に惹かれました」

Q.Instagramの広報に至るまでの経歴は?
A.入社からずっとInstagramの日本の広報を担当しています。

市村さん「Metaは新卒採用を行っていないので、中途採用時に希望した部署へそのまま配属になります。入社以降も、基本的に部署移動はなし! 本人の希望で別の部署に移る場合は、転職と同じ形で面接から受け直します。Facebook、Instagramなどサービス間での異動なども基本的にはありません」

Q.広報って具体的にどんな仕事をしているの?
A.メディア対応のほか、企業から一般の利用者まで、全員がInstagramを楽しく使うための広報活動を行っています。

市村さん「メディアを通して、Instagramの魅力や楽しみ方を伝えるのが私たちの仕事です。いろいろな利用者の方がいるので、一般の方には楽しく、安心安全に使ってもらえる方法を。企業さんやクリエイターの方には、運用のサポートになるような情報を発信しています。」

Page 3

Q.社内で他部署との交流は?
A.自社ツールのWorkplaceを使って、オープンに情報交換しています!

市村さん「気軽に人と繋がれるSNSサービスを扱っている分、社風もオープン! 社員はWorkplaceというチャット上で自由にやり取りできて、気づいたことはお互いにシェアしています。アメリカ本国など海外オフィスとのやり取りも多いです」

Q.1日のスケジュールを教えてください。
A.時差の関係で午前中は海外とのやり取りが多め。ミーティングが6件入る日も!

市村さん「この日は特にミーティングが多かった日ですが、ミーティングの合間にデスクワークを挟んで、タスクをこなしていく流れが基本です。

始業時間は特に決まっていません。ただアメリカ本国との時差の関係で、起きたらまずチャットを確認して、海外チームとやり取りすることが鉄則。また社内のミーティングは、原則30分で終えるのがルールです。

個人的に大事にしているのは、デスクワークの確保。オープンな環境な分それぞれの社員のカレンダーが社内で共有されているので、デスクワークのために時間を確保できそうなところは、自らカレンダーにブロックをかけます。メールを返したり、資料を作成したり、いわゆる一般的なパソコン作業ですが、この時間があるかないかで作業の効率が変わってきます。

だいたい18時半ごろまでデスクワークをしますが、仕事が落ち着いている日は早めに切り上げて友人とご飯に行ったり、ピラティスに行くことも。プライベートの時間も充実させつつ、急ぎのチャットやメールは寝る前でも対応して、1日を終えます」

Page 4

何事も“Move Fast”!
スピード感が求められる環境はIT企業ならでは

Q.仕事のやりがいを実感する瞬間は?
A.いろいろな利用者の方からInstagramにまつわる素敵なエピソードを聞いたとき。

市村さん「広報としてたくさんの利用者の方からお話を聞く機会が多いんですが、“Instagramがきっかけで世界が広がった”エピソードを聞くと、ここで働いていて良かったなと思います。

最近だとリールが盛り上がっているので、『3桁だったフォロワー数がリールの投稿をきっかけに増えました』とか、『リールからお仕事につながりました』などのお話も聞くようになりました。

利用者の方からのフィードバックをすごく大切にしているゆえにそういうエピソードを聞けるのは嬉しいですし、それぞれがInstagramを使うときのこだわりや、私たちでさえ知らないような裏技を聞けるのも楽しいです!」

ViViが聞いたプチ情報▶︎▶︎▶︎
日本発信の『地図検索機能』が今夏、世界中で使えるように!

世界と比較してもInstagramの利用者数が多く、日常の一部として使っている人が目立つ日本。アメリカ本国にしかなかったプロダクト開発チームが日本にも導入され、日本の利用者データやフィードバックをヒントに作られたのが『地図検索機能』。今年の夏には世界中で使える機能として各国のアプリがアップデートされ、日本発信の機能が世界規模に。海外旅行中でも同じように使えます!

Page 5

Q.働くなかでつらいと感じる瞬間は?
A.世の中のトレンドに合わせて動くので、変更点はつきもの! スピード感も常に求められます。

市村さん「つらいと感じる瞬間…特にないというのが本音です。強いて挙げるなら、スピード感を大事にする社風なので、新しいプロジェクトが急遽決まったり、度重なる変更点についていくのは大変かもしれません。

開発からリリースまでの流れも早いですし、新機能がリリースされる際には広報としてPR戦略を練らないといけませんが、直前まで詳細が分からないことも。

私自身は飽きっぽい性格なのでそういう環境も楽しめますが、向き不向きとして、きちんと計画を練って順序よく物事を進めることが好きな方は、ストレスを感じることもあるかもしれません」

Q.入社前と入社後でギャップに感じたことは?
A.想像以上に働いている人が少なかったです!

市村さん「社員数は非公表ですが、入社してすぐに働いている人の少なさに驚いたことは覚えています。私が入社した頃はFacebookの広報の方が掛け持ちでInstagramを担当していましたし、私もしばらくはアジア太平洋地域の担当として、日本のほかに韓国とオーストラリアも手伝っていました。

今は社員数も増えて担当が細かく分けられていますが、それでも皆さんがイメージしている人数より少ないかもしれません」

Page 6

オフィスでも自宅でもストレスフリーに働ける!
充実の福利厚生が社員をサポート

Q.福利厚生面で魅力に感じていることは?
A.コロナ禍でも安心して働ける、リモート環境作りが手厚いです!

市村さん「コロナ禍に直面したときにすぐリモートに切り替わったんですが、自宅でも仕事に集中できるようにと、仕事環境を整えるためのツールには補助が出ました。私は自宅になかったデスクと椅子を購入! 他にモニターなどを購入した人も。

社員が集中して働くための居心地がいい環境作りは徹底していて、仕事に必要なツールは写真の専用自販機で購入できます。また食堂は無料で利用できますし、ジムやヨガで体を動かすための補助も出ます。

育休に関しては積極的に男性も取得していて、社員の安全と健康を守ってくれる環境はありがたいです」

ViViが聞いたプチ情報▶︎▶︎▶︎
社員に大胆に投資してくれる環境。ぶっちゃけプレッシャーは?
設備や制度がここまで充実するのも、Metaが掲げる『focus on impact』という理念によるもの。成果重視のスタンスや社員の方への投資にプレッシャーを感じるのでは?と伺うと、「絶対失敗したらいけないと思うとプレッシャーを感じるかもしれませんが、失敗したらそこから学べばいいという社風なんです」と市村さん。失敗を恐れずにチャレンジし続けて、最終的に成果へつなげることを目指しているそう。

Page 7

Q.さらにこれがあったらいいなと思う設備は?
A.ニューヨークオフィスにあるジェラートバーが日本にもできたら嬉しいです!

市村さん「出張でアメリカや韓国などの海外オフィスに行くことも多いんですが、ニューヨークのオフィスにはカフェテリアの一環でジェラートバーが設置されているんです。それがすごく美味しくて…! いつか日本にも導入されたら嬉しいなと思っています(笑)。

現状東京オフィスには、朝食&ランチメインの食堂と、エスプレッソマシンを備えたドリンクやお菓子のスペースがあります」

Q.仕事に欠かせないお気に入りアイテムは?
A.どこでも快適に仕事ができる『MOFTのパソコンスタンド』

市村さん「パソコン一つあればどこでも仕事できるので、持ち運びに困らない薄型のパソコンスタンドは重宝しています。パソコン本体に貼る仕様で、出先でもかさばることなくしっかり立てられる! 角度も調整できるハイスペックさで、仕事が捗ります。コロナ禍に買って一番良かったアイテムです!」

Q.会社の顔・広報に向いている人は?
A.自社が扱うサービスや商品に愛情を持っている人。

市村さん「人に会うのが好きで、話すことや聞くことが好きな方は、広報に向いているかもしれません。ただ広報として一番重要なのは、自社が取り扱うサービスに愛情を持っているかどうか。

皆さんに知ってもらうためには自分自身がそのサービスの魅力を身を持って理解できていないと、相手にも響かないと思うので。自分が好きなサービスについて、発信できる環境がいいなと思います!」

私たちの情報源として欠かせない “インスタ”を運営する『Meta』は、トレンドに乗り遅れないスピーディな働き方と、外資系ならではの風通しの良さが印象的でした。

Page 8

ViViモデル・星夏が気になる質問!
Instagramがもっと楽しくなる
「エンゲージメント」とは?

「1日中暇さえあれば見ちゃう」というInstagram大好きな星夏が、広報・市村さんにInstagramの秘密を聞きました♡

\最近の星夏のInstagram事情/

【よく見る投稿は?】
昔から変わらずヘイリー・ビーバー。ファッション、メイクを参考にしてる!

【投稿するときのルールは?】

投稿の頻度は決めていないけれど、投稿欄を全体で見たときのバランス感は大事! 全身の写真、寄りの顔の写真、ブツ写真を交互に投稿して、奥行きを意識してます♡

【よく使う機能は?】
保存機能。旅行、ご飯、ネイル、コスメ、オシャレスポットなど細かくフォルダを分けて、整理してます! あとは最近友達が妊娠したので、赤ちゃんの性別を発表する「ジェンダーリビール」について調べたりも。ネットよりインスタで調べることが多いです!

Q.検索のおすすめ欄に載るコツは?
A.おすすめ欄はパーソナライズされています! エンゲージメントを上げる工夫は効果的

市村さん「おすすめ欄は利用者によってパーソナライズされているので、全利用者のおすすめ欄が同じように見えることはありません。趣味が似ている友達がいいねした投稿が表示されたりもするので、、エンゲージメントを意識しながら投稿するのは有効だと思います」

Q.エンゲージメントに効果的な要素って?
A.いいね、コメント、保存の数などが影響します。

市村さん「主に3つの要素が関係しています。コメントに関しては、思わず見ている方がコメントしたくなるようなキャプションを書いて、コメントを誘導するのも◎」

Page 9

Q.最近リール動画を投稿するといいって本当?
A.リール動画をきっかけにファンを増やしている方はたくさんいます!

市村さん「最近盛り上がっているのはリール。リールだけが表示される専用タブは、フォローしていないアカウントの投稿も次々と上がってくるようなアルゴリズムになっているので、現状自分をフォローしていない方にも動画を見てもらえる可能性が高いです!

そこからフォローにつながることもあると思いますし、投稿に迷ったらリールを選択した方がビュー数は圧倒的に増えると思います。最近ファンが増えている方も、リールで惹きつけている方が多いです」

Q.別のSNSに投稿した動画をリールに流すと…?
A.同じ内容=視聴数が下がるので、エンゲージメントも下がる可能性大!

市村さん「まず他のプラットフォームのロゴが入っている動画をリールに投稿すると、機械学習でランキングが下がる恐れはあります。またせっかくの投稿も同じ内容だと、見ない人も出てくると思うんです。そうなると、自然とエンゲージメントは下がる!

フォロワー数が多くても、熱心に見てくれるファン=投稿がしっかり届く人の数が少ないと意味がないので、フォロワーの数が多ければ多いほどいいとは言い切れません。コメントやいいねを毎回してくれるようなファンの方を増やす意識で投稿すると、Instagramのブランディングが成功に近づくかもしれません」

Photo:Maki Kusakabe Hair&Make-up:Yukie Tsujimura Styling:Mika Yamashina Model:Seika Furuhata Text:Yuri Tokoro