ビューティ

誰でもアイメイクの天才になれる!おしゃ見え確定アイシャドウTOP3

2022.11.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

やってきました、この季節! 大人気ベストコスメ企画「ViViコスメアワード」。ViViモデルをはじめとした美容通たちが、2022年下半期の中で「これが最強!」と推せるアイテムを選出。今回は、「単色アイシャドウ」&「アイシャドウパレット」部門をお届けします♡

ラメ入りの渋めカラーに人気が集中!
単色アイシャドウ部門

1位 RMK
インフィニット シングル アイズ 03

TOTAL 578 POINT

¥2750/RMK Division ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

「柔らかなニュアンスカラーなのに、目元をちゃんと締めてくれるところが天才」(美容ライター 石橋里奈さん)、「スモーキーなピンク×キラキラ。これ1色だけでもまぶたの陰影を深めつつ輝きで盛れます。今っぽい目元が簡単に」(ViVi編集 平沼絵美)

キレイな発色と細かなラメの輝きがお気に入り。これ一つでアイメイク完成♡(ViViモデル せいら)

2位 セルヴォーク
ヴァティック アイズ 07

TOTAL 487 POINT

¥2200 ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

微細なパールがぎっしり。洒落みのあるブラウンピンク。「これでぐるりと囲んでもいいし、ブラックのマスカラで締めても素敵。ヌーディなアイコンシャスメイクにハマる、今っぽシャドウ」(美容ライター 通山奈津子さん)

イエベさんにもブルベさんにも似合う絶妙カラー。ラメ感がとっても可愛い!(モテクリエイター ゆうこすさん)

3位 エクセル
グリームオンフィットシャドウ GF06

TOTAL 401 POINT

¥1320/常盤薬品工業 ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

汗、皮脂、水、こすれに強く、キレイな色が長続き。「密着力が抜群! 目元にフィットするから朝塗ったら夜までヨレません。瞬時に密着するのでまぶたにのせたら即、指でぼかして仕上げて」(美容ライター 戸塚真琴さん)

スッとまぶたになじむのに、とにかくヨレないし落ちない。二重幅にも溜まりにくくて最強(YouTuber ありちゃんさん)

Page 2

くすみニュアンス入りで洒落めく!
アイシャドウパレット部門

1位 アディクション
ザ アイシャドウ パレット Marriage Vow

TOTAL 623 POINT

¥6820/アディクション ビューティ ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

「今季撮影で何回も使ったアイパレ。重ねることでナチュラルな立体感が出せます。テクいらずでオシャレアイに」(ヘアメイク 林由香里さん)、「捨て色ナシのまろやかカラーの組み合わせが今年っぽい。甘すぎない、ピュアな目元に!」(ヘアメイク 𠮷﨑沙世子さん)

柔らかなコーラルピンクが♡ 締め色が濃すぎないので4色しっかり使ってもナチュラル(美容クリエイター 水越みさとさん)

トップス¥6490/atmos pink flagship Harajuku店(atmospink) ネックレス¥29800/スクリーンショット(ナンバリング) ピアス¥3630/サンポークリエイト(ミミサンジュウサン) ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

Page 3

2位 ヴィセ
ニュアンス マット クリエイター RD-2

TOTAL 511 POINT

¥1320(編集部調べ)/コーセー ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

マットシャドウにありがちな密閉感のない、軽やかな質感。重ねてもくすまず、ニュアンスが出せる。「いい感じに透けるので、マット初心者でもトライしやすくおしゃれモードな顔が作れる!」(ヘアメイク NAYAさん)

透け感あるマットシャドウ。可愛いだけでなく、簡単にヌケ感や奥行きが出せます(モテクリエター ゆうこすさん)

3位 ルナソル
アイカラーレーション 15

TOTAL 444 POINT

¥6820/カネボウ化粧品 ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

昨年夏に限定発売され大ヒット。ラブコールに応えて復刻したブラウンパレット。透き通るようなラメが盛れると評判。「マットだけで上品に、ラメをオンして可愛く。いろんな楽しみ方ができます」(ヘアメイク 北原果さん)

どの色も肌に溶け込むようになじむから使いやすい。パールのきらめきも♡(ViViモデル 古畑星夏)

styling:Aino Masaki(model), Momoko Sasaki(still) hair&make-up:NAYA model:Erica Murakami(ViVi exclusive) text:Chiharu Nakagawa