ビューティ

運命の出会いかも♡洗練されたカラーで垢抜ける名品リップTOP3

2022.12.01

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

やってきました、この季節! 大人気ベストコスメ企画「ViViコスメアワード」。ViViモデルをはじめとした美容通たちが、2022年下半期の中で「これが最強!」と推せるアイテムを選出。今回は、「リップスティック」&「リキッドルージュ・リップグロス」部門をお届けします♡

ベージュ&ブラウンの洗練ムードが狙い目
リップスティック部門

1位 シャネル
ルージュ アリュール 206

TOTAL 601 POINT

¥5500 ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

「ヌーディーなのに血色感もある絶妙カラー!」(ViVi副編集長 廣山美緒)、「まさにシャネルらしい上品で洒落たニュートラルベージュ。顔色が悪くならずにあか抜ける色にはなかなか出会えない」(美容ライター 森山和子さん)

今季、ハマりにハマったリップ。ストリートにも甘めにもマッチする、まさに旬カラー!(ヘアメイク 𠮷﨑沙世子さん)

ニット¥7920/ムルーア新宿ルミネエスト店 ピアス¥41800/フォーヴィレイム カスタマーサポート(フォーヴィレイム) ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

Page 2

2位 NARS
パワーマット リップスティック 101

TOTAL 580 POINT

¥4290/NARS JAPAN ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

無重力な軽いつけ心地とこなれ感ある色で大人気。「ふわっと軽くフィットして、即マスクプルーフな落ちないリップに変身。ベージュとピンクとオレンジをいいとこどりしたみたいな色!」(美容ライター 通山奈津子さん)

撮影で使ってもらってめちゃくちゃ気に入った一本。絶対買う!と心に決めました(笑)(ViViモデル 藤田ニコル)

3位 perse
ベルベットフィックス リップバーム 05

TOTAL 356 POINT

¥1680/mano mano ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

大人気の“よしミチ”プロデュースの100%ヴィーガンリップ。ベルベットライクな質感とオシャ色が続くティント成分配合。「セミマットで乾かない。05は唇になじんでキレイに見せるオシャレブラウン」(モデル 菅沼ゆりさん)

100%ヴィーガンで地球に優しくスフレみたいな唇になれる大好きリップ(ViViモデル 嵐莉菜)

Page 3

薄膜&美発色の名品が続々とリリース!
リキッドルージュ・リップグロス部門

1位 ディオール
ディオール アディクトリップ ティント 731

TOTAL 538 POINT

¥4290/パルファン・クリスチャン・ディオール ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

「血色感のあるカラーで色持ちも優秀。セミマットで、マスクにつきにくいのも嬉しい」(ViVigirl 笛木陽子さん)、「薄〜い膜でラッピングしたみたいな仕上がり。鮮やかめのオレンジトーンが暗くなりがちな秋冬ファッションのポイントに」(ViVi副編集長 泉地佑紀)

食べても飲んでも落ちないティント。色みもめちゃかわ!(ViVIモデル 村上愛花)

2位 ケイト
リップモンスター スフレマット M04

TOTAL 418 POINT

¥1650(編集部調べ)/カネボウ化粧品 ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

争奪戦にもなったあのリップモンスターのリキッドタイプ。ふんわり軽やかでマットな仕上がり。「マットだけどスフレっぽい質感だから柔らかな印象。前作に続く安定の落ちにくさにも感動」(ヘアメイク Georgeさん)

ドラマティックな色で落ちにくくマスクにもつきにくくて最強!絵画の天使みたいな唇になれる(YouTuber ありちゃんさん)

3位 RMK
リクイド リップカラー 01

TOTAL 314 POINT

¥4180/RMK Division ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

唇と一体化するようにフィットして、ほのかなツヤを放つ。洒落感あるブラウンベージュ。「洒落たツヤ感、絶妙な色み。肌色がくすんでいてもこれを塗るだけで明るくなるし、あか抜けます」(ヘアメイク 中山友恵さん)

ティントじゃないのに時間が経っても色が長続き。上品なツヤ感も大好き(YouTuber ありちゃんさん)

photos:Kentaro Kambe(model), Sho Ueda(still) styling:Aino Masaki(model), Momoko Sasaki(still) hair&make-up:NAYA model:Erica Murakami(ViVi exclusive) text:Chiharu Nakagawa