エンタメ

「お金の知識がないと、搾取される一方」実業家としてのマギーが考える成功の秘訣とは?

2023.01.18

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

“学校を出て、企業に就職をして、ずっと同じ会社に勤める”という、昭和〜平成でデフォルトだった人生の路線図が、令和に入り、その形を変えてきています。就職というスタイルを選ばず、フリーランスの個人事業主として働いたり、法人化して自らビジネスを始める人たちが増えたりと、働き方はより自由に。そこで、前回に引き続き、モデルだけではなく、ビジネスパーソンとしても着実に成長を続けるマギーさんに、事業を始めるまでにどんな勉強をしていたのか、どんなマインドでいることが成功への鍵かを伺いました。

リスクを取らずにいられるほど
ビジネスの世界はぬるくない!

ViVi:モデルとしても活動しながら、3年前に自身の会社を立ち上げたマギーさん。化粧品やゴルフウエアのプロデュース、カーイベントのオーガナイザーなど、様々な分野で活躍されています。起業はもちろん、事業を始める時はリスクがあったと思います。リスクについてのマギーさんの意見は?

起業もそうですが、何かを始める時にはある程度のリスクを取ることは避けられないですよね。火事場の馬鹿力というか、「もうやるしかない!」っていう気持ちになれるし、より真剣にそのことに向き合えると思うんです。

ビジネスの世界はぬるくないから真剣に情熱を持ってやっても、上手くいかない時は上手くいかない。でも、自分の性格的には、たとえ失敗しても基本すべてどうにかなると思っています(笑)。

Page 2

ViVi:例えば、今は会社員だけれどこれから個人で独立を考えていたり、ビジネスを始めようという方に向けて、起業した先輩であるマギーさんから「これは知っておいた方がいい」というアドバイスはありますか?

一番は、「お金の仕組み」を知ることかなと思います。例えば、私たちは税金を払っていますよね。まずはそのことを自覚して、世の中のお金がどう回っているのかを知ると、社会の見え方が全然変わってくると思うんです。

私も起業する前に、お金にまつわる本はたくさん読みました。世の中がどう動いていて、会社を起業したらどれぐらいお金がかかるのか、税金はどうなっているのか……。基本的なことですが、会社員としての税の納め方と、個人事業主や法人化してからの税金・社会保険料の仕組みも違うので、その知識をまず始めに身に付けていたことも良かったです。そのおかげで、無駄な不安を抱かずに済んだと思っています。

お金の知識がないと、搾取される一方。自分でビジネスをする・しないにかかわらず、世の中のお金の流れを知っておくことは絶対に役に立つと思います。

あとは心理学の本も沢山読みました。人の心の仕組みが分かるとPRにも活きるし、知識を持つことで世界がどんどん見えるようになっていきました。

お金の仕組みと人の思考の仕組みを知ると、単純に心も楽にもなります。そのおかげで、誰かのネガティブな発言や嫉妬の渦に巻き込まれることもなくなりました。

↑精神論で多くを気づかせてもらったのは、『スピリチュアルと物理学』。今、自分が見えている世界をつくっているのは自分である、ということを学びました。『お金のむこうに人がいる』は、お金とは何かということがさまざまなテーマで分かりやすく説明されていて、お金への価値観が変わる一冊。あとは、吉本ばななさんの『「違うこと」をしないこと』っていう本も好きな本です。

お金の話がタブー視されがちな日本

ViVi:日本は、胡散臭い、下品という言葉で遠ざけるような、お金の話にどこか消極的なムードがあるように感じます。生きる上でとても必要なことなのに、大っぴらに議論ができない。そういう環境だと、経済の視野が狭くなってしまいますよね。

本当にそう思います。日本では、お金に関して学校で教わる機会がほとんどないですよね。

でも、「教えられていない=知らなくていい」ではなくて、教えられていないからこそ、自分で学んでいかなければならないことが本当は世の中にいっぱいあるんじゃないかなと思います。自分が将来どうなりたいかが分かると、それに必要なものや知識は見えてくるし、興味も湧くはずだから、自分からどんどん学びにいかないといけないんだな、って。

好きなことを仕事にするには、それくらいのパッションを持って学ぶ姿勢がきっと大事。だからすごくエネルギーを使うし、疲れます。考えることが大量にあるので、毎日ヘトヘトです(笑)。

だけど、生きてる!っていう感じはします。誰かにコントロールされるのではなく、自分で自分の人生の舵を取れるって本当に幸せなことだと思っています。を幸せだと思うかは人それぞれだけど、私にとってはそれが自分の幸せの形。そういう人生を送るためにはどうすればいいか、行動の積み重ねだな、と思っています。

Page 3

アドバイスをくれるメンターの存在と
「全てを失ってもいい!」という覚悟

あとは、何か分からないことがある時や困った時に、助けてくれる人がいるのも大きいと思います。経営やお金の仕組み、人を育てること……。何でも、そうですが、それを教えてくれる師匠みたいな存在がいると心強いですよね。そういう存在ってつくろうと思ってつくれるものではないけれど、いろんな人に会って話を聞く中で出会えるのかなと思っています。

最初はそんな存在がいなくても、行動を起こせば人生の先輩たちに出会う機会も増えるはず。私は会社を始めてから、そういう機会を意識的に持つために人によく会うようになりました。

そして、ある程度知識をつけたら、あとは行動あるのみ。しっかり学んで、考えて、その後はもう気合ですね(笑)。自分の財産、全てを失ってもいい!ぐらいの気合と覚悟を持って挑むことだと思います。

ViVi:さすがの体育会系(笑)。でも、そのくらいのリスクを取るからリターンも大きいわけですしね。好きなことがビジネスに変わっていくことの大変さや楽しさってどんなことでしょう?

ビジネスになった途端、自分の好きなことやものを人様に見せることになるので、その見せ方を考えるようになりました。個人で楽しんでいるまま好きなことをやっていても、それが見ている人の心に響く表現じゃなかったら、ビジネスとしては成り立たない。物が溢れているこの世界で、人にどう見せてPRするか。それを一番考えています。これこそが、“ただ好き”なだけでは成り立たないという意味なんだなと。

あとは、この好きなことに誰を巻き込んでいくのか。誰を自分のチームに入れるのか、誰に何をお願いするのか、自分でできることは何か、そんな分担を考えることも楽しいですし、それがビジネスに大切なことだと思います。

ViVi:独立するからといって、別に一人で全部を抱え込むというわけではないんですね。

はい。全てを一人でやるのなんて到底無理だと思います。

私の場合、まず仲間になってもらったのは弟です。家族ということもあって信頼していますし、何でも話せる間柄。彼は英語もできるからグローバルな仕事も扱えるのでそれも助かっています。

人には得意不得意があるので、全てを自分でやろうとせず、人を信頼して任せることが実は大事なんですよね。仕事のパートナーを選ぶ時は、信頼できる人かどうかということは基本ですが、私は、自分がこれからやりたいこととその方の得意分野がマッチしているかを見ていますね。できないことをお願いしても意味がないので、性格とかよりもまずはそこ。

あとは、最短で結果を出せる方にお願いする機会が多いです。時間は限られているので、最短ルートでいけるような人材を選ぶのも大切なことです。

20代で会社を設立し、自ら経営者となったマギーさんの努力と決意が垣間見えたリアルな言葉。お金について知ることをもっとポジティブに、そして、人生の一歩を踏み出す勇気をくれるお話でした。次回は、「他人の声が気にならない考え方」について。そしてマギーさんの今後の目標についても語ってもらいました。

PROFILE
マギー
1992年生まれ。神奈川県出身。16歳でモデルデビュー。元ViVi専属モデル。オリジナルプロテイン「CRAS」やコスメブランド「LAPERICUM」、ゴルフウェア「MAGGY × WRINN GOLF」の商品プロデュースも手掛けている。モデルとは違った車好きな一面が見れるYouTubeチャンネル「MAGGY’s Beauty and Speed」も大人気。▶︎YouTubeチャンネル「MAGGY’s Beauty and Speed」

Photo:Koichi Tanoue Hair&Make-up:Sayoko Yoshizaki(io) Styling:Aino Masaki Interview&Text:Yumiko Ito