エンタメ

【馬場ふみか】どんな性格の持ち主?「自分は恋愛体質ではない」と語る理由

2022.12.13

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

ヤクザの若頭と女子大生が刺激的な恋をするドラマ『恋と弾丸』でヒロインを演じる馬場ふみかさん。「自分は恋愛体質ではない」と語る馬場さんがいま夢中になっていることとは?

“これだけ”と決めずに新しい仕事にも飛び込みたい

――現在放送中の漫画原作のドラマ『恋と弾丸』は、ヤクザと女子大生の危険な恋がテーマ。馬場さんはもともと原作のファンだったと伺いました。

非現実的なストーリーと美しいビジュアルに惹かれて3年ほど前から読み始めました。ちょうどその時に今作のプロデューサーさんとお仕事をしていたのですが、その方とはよくハマっているエンタメの情報交換をするんです。当時『恋と弾丸』の話でも盛り上がっていたので、自分がヒロインを演じられることになって驚きました。

――ご自身はユリに似ていると思いますか?

性格がはっきりしているところは似ているかもしれないけど、私はユリほど恋愛にまっすぐではないかな。ユリは運命の人に出会ってしまったから情熱的になれるのだと思いますが、私は仕事や友達と過ごす時間、一人でお酒を飲む時間も大好き。恋愛だけじゃなく、他のこともバランス良く楽しみたいです

――漫画のような刺激のある恋愛は経験してみたい?

ハラハラドキドキは、エンタメだからいいんですよ(笑)。この漫画も絵がキレイだから、現実にはありえないストーリーだけど純粋にキュンキュンできます。演じる上でも漫画の世界観をどれだけ大切にできるかを考え、桜夜さんとの大事なシーンは原作のイメージを目に焼き付けてから挑みました。

――ヤクザの若頭・桜夜役の古川雄大さんとは今年舞台で共演されていましたが、今作の現場の雰囲気はいかがでしたか?

舞台の稽古場での古川さんは、部屋の端の方で寡黙に台本を読んでいる印象だったんです。でも、今作の現場では、あの時が嘘のように明るくて! こんなにもおしゃべりな方だったんだ、といいギャップを感じました。

――作中で、ユリは桜夜にどんどんのめり込んでいきますが、馬場さんが夢中になっているものを教えてください。

髪色を変えるのが気分転換になっているので、毎回作品が終わるとすぐにサロンに駆け込んでいます(笑)。今作でも、撮影中は髪を明るい茶色にしていたのですが、クランクアップしたその日のうちにブルーに変えていましたね! 私服は、ブラックのコーディネートが多いので、ヘアで遊ぶのが楽しいんです。今はブロンドなので、ファッションも髪色に合わせベージュコーデを満喫しています。お仕事ではずっとやりたかったことに挑戦していて、それに没頭中。数年前から密かに構想を練っていた新しいチャレンジです♡ 今年は、お仕事で“はじめまして”の出会いが多く視野が広がった一年だったので、来年はその出会いを大切に、お芝居、モデル以外の仕事にも、ジャンル問わず飛び込みたい。没頭中の仕事も、来年にはお知らせできると思うので楽しみにしていてください!

ワンピース/マックス アンド コー ピアス/ケイト・スペード ニューヨーク ●商品情報はViVi2023年1月号のものです。

Page 2

INFORMATION
『恋と弾丸』 勝ち気で正義感が強い女子大生・ユリ(馬場ふみか)は、ありのままの自分を好きになってくれる彼氏を探していた。ある日、友人と参加したパーティで怪しい集団に絡まれていたところを助けてくれたのは、ヤクザの若頭・桜夜(古川雄大)。深入りしてはいけないと思いつつも、ユリは桜夜に惹かれていく。MBSドラマ特区枠にて毎週木曜深夜に放送中。©「恋と弾丸」製作委員会・MBS ©箕野希望/小学館
PROFILE
馬場ふみか 1995年6月21日生まれ、新潟県出身。2014年に俳優デビューし、2015年からは『non-no』専属モデルとしても活動。2022年は3本の出演映画公開に加え、舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』、ドラマ『やんごとなき一族』などに出演し確実に役の幅を広げる。2023年春、公開待機作に映画『ひとりぼっちじゃない』がある。

Photo:Sakai De Jun Styiling:mari ishibashi Hair&Make-up:Tomoko Karasawa Composition&Text:Sayaka Miyata