ビューティ

PR/ディオール

【藤田ニコル&小田切ヒロ】スペシャル対談が実現!二人も惚れ込むディオールの伝説アイテム「リップ マキシマイザー」が進化して登場【PR】

2023.01.23

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

みーんな持ってる大人気のリップアイテム、ディオールの『リップ マキシマイザー』が16年ぶりにリニューアル! パワーアップしたポイントから、ニコルとスペシャルゲストの小田切ヒロさんが語る惚れ込みトークまで。ますますLOVEが止まらない!!

ディオール伝説のうるちゅるリップが進化!
新生リップ マキシマイザーが一生のパートナー♡

ディオール アディクト リップ マキシマイザー 026 ¥4620/パルファン・クリスチャン・ディオール ●商品情報はViVi2023年3月号のものです。

この唇の清涼感もぷっくり感も、オンリーワン♡

ニコルのくちびるは……
ディオール アディクト リップ マキシマイザー #026
ラメ入りモーヴピンクで唇がツヤツヤぷっくり! ほんのりくすんだピンクの中に、細かいラメがチラチラとin。ひと塗りするだけで、主役級の輝きと立体感が。

\きらめきも様々な全24色!/

圧巻のカラバリにときめきが止まらない……!

今回新パッケージにアプデしただけでなく、90%が自然由来成分というクリーンな処方に! さらに、シマー、ホログラフィック、クラシックの他に、鮮やか発色を叶えてくれる“インテンス”の仕上がりが仲間入りしたよ!!

ViVi的推し色はこの6色♡

【左から】ディオール アディクト リップ マキシマイザー 027 、同 001、同026、同 010、同 003、同 012 各¥4620/パルファン・クリスチャン・ディオール ●商品情報はViVi2023年3月号のものです。

【#027】いちじくみたいなコクありローズウッド。
【#001】世界中で一番人気のノーカラータイプ。
【#026】高発色なパール入りモーヴ。
【#010】スパークルな輝きのホログラフィックピンク。
【#003】偏光ラメが輝くラベンダー。
【#012】ナチュラルな血色ピンク。

スーッとするミントの清涼感やプランプ効果はそのままに、4 つのフィニッシュで全24色になったリップマキシマイザー。透け感のあるナチュラルな仕上がりのクラシックや、繊細な輝きのシマー、キラキラを思いっきり楽しめるホログラフィックの他に、鮮やかな色づきが楽しめるインテンスが登場。(右から)ナチュラルな血色ピンク。ディオール アディクト リップ マキシマイザー 012、偏光ラメが輝くラベンダー。同 003、スパークルな輝きのホログラフィックピンク。同 010、高発色なパール入りモーヴ。同026、世界中で一番人気のノーカラータイプ。同 001、いちじくみたいなコクありローズウッド。同 027 各¥4620/パルファン・クリスチャン・ディオール

SPECIAL TALK

超大人気ヘアメイク 小田切ヒロさん×藤田ニコルのLIP MAX愛トーク!!

マキシマイザーLOVEなふたりのスペシャル対談が実現! 愛するポイントやお気に入りのカラーについて語ってくれました♡

セクシーな唇になりたい人は絶対にこれよぉ~(by Hiro)
リップ マキシマイザーのスースー感が大好きなの♡(by Nicole)

小田(以下、小) ニコルちゃん、私たちの愛するリップ マキシマイザーがリニューアルよ~!

ニコル(以下、ニ) わたし何回も友達にあげたし、自分用にも何本も買ってるくらい大好き! このスースー感もぷっくり感も、塗ってるだけでマキシマイザーだなって感じがして好きなんだよね。

 わかる~。唇にエッジの効いた清涼感とボリュームというか3D感が欲しい人は、これなのよ~。やっぱりプランパーの先駆者って感じがするわよねぇ。

 そうそう、もうこのスースーじゃなきゃ嫌だもん。その感じはそのままなのに、今回90%が自然由来成分になったみたいだよね。

 そうよぉ~。もうこれは最近の必須トレンドだものね。見て~このパッケージ!

 すごい好き! ディオールのアクセサリー持ってるくらいテンション上がる。

 それにね~、24色になってインテンスっていう高発色なフィニッシュが加わったの。001は王道で絶対手に入れなさぁーい!って感じだけど、春色を手に入れるならトレンドカラーの026、透明感のあるモーヴね。ニコルちゃんは?

 え~迷うけど、最近はナチュラルカラーが定番だから、プライベートでは012のくすみピンクで、おしゃれしたい日は018のブラウン系で、動画とか撮る盛りたい日は003010のキラキラがいいかな~♡

 確かに~! キラキラ系のホログラフィックカラーは、ベースにリップスティックを塗って重ねてもキレイよね。あ~みんなも色んなメイク楽しんで欲しいわぁ♡

この先はNET ViVi限定トーク♡/

 っていうところまで誌面でおしゃべりしてたんだけど、当然まだまだ止まらないじゃない? だからWEBで引き続きリップ マキシマイザー愛を語っていくわよぉ~!

 わたし、プライベートのときに保湿もしたいし、唇プリプリさせたい日は絶対リップマキシマイザーってくらい好きなんだよね♡ 小田切さんがマストって言ってた001も愛用してるし、みんなも1本絶対持ってて欲しい!

 それくらいマストアイテムなのわかるぅ~。ニコルちゃんどれも似合いそうだし。トレンドカラーの007のフューシャピンクも良さそう!

 実は最近ずっとナチュラルメイク系だったから、派手なピンクってドキドキしちゃうの。でも、これはシアーだから挑戦できるかも!って思ったよ。

 そう‼! シアーなんだけど薄すぎなくて、ちゃんと発色して存在感を出しやすいところがいいのよ~。ニコルちゃんみたいな華やかなお顔立ちだと、躊躇する気持ちも分かるの。でもね、このリップ マキシマイザーはその調整がいらないのよ! 大胆にのせて大丈夫! 一見難しく見える色を付けこなすと、上級者に見えるの。そうよぉ~。

 そっかー! でもさ、わたし基本的にメイクは盛りたい派じゃん? ってなった場合、マキシマイザーの“インテンス”とか派手なカラーをのせた時はその他のメイクはどうすればいいの?

 その場合はね、ニコルちゃんの場合は目がとっても印象的だからアイメイクは盛っちゃっていいと思う。その分マイナスして欲しいのが、眉毛とチークね。抜くっていっても何もしないんじゃなくて、存在感を薄くするって考えるといいと思うわ。

 あぁ~、なるほどね~。そう考えたらチャレンジできる気がしてきた! ちなみに、キラキラのホログラフィックタイプはどう使うのがおすすめ?

 単品で使ってももちろん素敵なんだけど、ベースに好きな色のリップスティックを塗った上に重ねるとめちゃめちゃキレイよ~。動画でも映えるし。

 わかる~。やっぱりTikTokとか、動画系は映えたいもん。そういうときのちょい足しアイテムとして組み合わせるのも楽しいね!

PROFILE
小田切ヒロ
ヘア&メイクアップアーティスト。“小顔メイク”でブレイクし、多くのセレブから指名が絶えない。現在は自身のYouTubeがチャンネル登録者数合計70万人超えと大人気!

貴重な制作裏話も!

ディオールのメイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター

ピーター・フィリップスに直撃

ーー今回、大人気製品のリップ マキシマイザーをリニューアルしたきっかけは?
「16年前に誕生して以来、初のリニューアルですが、世界中で大人気のアイテムなので、その支持されている魅力はそのままに、どうすればもっと自然由来成分を豊富に使って、クリーンな処方へとパワーアップ出来るかを何年も探ってきました。外箱などパッケージもサステナブルに配慮しています。現代女性たちに相応しい内から放つ輝きを叶えるため、たくさんの厳しい条件にチャレンジして、今回やっと、自信をもって皆さんにお届け出来るものが完成したというわけです」

ーーピーターさんにとって、リップ マキシマイザーの魅力とは?
「唇がふっくらするプランパー効果や、潤いが持続する豊かなケア効果を叶えながら、リップグロスとリップスティックの両方の良さを併せ持ったメイクアップ力もあるということです。塗ってすぐに唇がボリュームアップして、きらめき出すところが魅力です」

ーーそれでは、ピーターさんのオススメの色と付け方を教えて下さい!
「まずクラシックな001は、初心者の方でも、すでにマキシマイザーが大好きという方にも是非使っていただきたいですね。もっと色を楽しみたい、という方には026のインテンスがおすすめ。パールの入ったくすんだモーヴカラーですが、温かみを感じさせながら、高発色なメイクアップ効果を出せて、さらに唇にもとても馴染みやすい透明感のあるシェードです。繊細かつエレガントな仕上がりが楽しめると思いますよ。 もし唇に深い立体感を出したい場合には、より赤みのあるインテンスタイプの027も鮮やかでキレイです。そして、ホログラフィックなフィニッシュのシェードは、色々な角度からきらめきますので、是非遊び心をもって楽しんでくださいね。シマーな仕上がりの023もおすすめです。フューシャカラーですが使いやすく、キラッと美しいキラメキをプラス出来ます」

ーー日本にはリップ マキシマイザーが大好きという人が多いですが、どんな風に新しいリップメイクを楽しんで欲しいですか?

「ぷっくりとした仕上がりや輝きも、ケア効果の持続も、様々なカラーも、そしてジュエリーのようなオブリークロゴの入ったパッケージも、思いっきり楽しんで欲しいです。自由自在にメイクするだけで、アップデートした処方がわかるはずですから。今まで16年間、みなさんが愛してくれていたように、これからもぜひ楽しんでくださいね」

――“アディクト(“虜にする”、“中毒”)”という名前にかけて、マキシマイザーとともに“アディクトなアイテム”は?
「ディオールショウ マキシマイザー 3Dのマスカラ下地は欠かせません。他に、ディオール アディクト リップ グロウ、ディオール アディクト リップ グロウ オイルも、マキシマイザーとともに重宝していて、撮影時には必須アイテムです。モデルたちに使用すると、必ず『これ欲しい!』と言われます。そのまま持ち帰られてしまったこともあるんですよ!」

PROFILE
ピーター・フィリップス
ベルギー、アントワープ生まれ。2014年、ディオール メイクアップ&クリエイティブ イメージ ディレクターに就任。

 

提供/パルファン・クリスチャン・ディオール
03-3239-0618
公式HP

model:Nicole Fujita(ViVi exclusive) photo:Yasuhisa Kikuchi(model/vale.), Kazuteru Takahashi(still/KONDO STUDIO) hair&make-up:Yukie Tsujimura styling:Rina Uchida text:Kazuko Moriyama