イケメン

ViVi国宝級イケメンランキング立案者が激白!ランクインしたイケメンたちの意外な反応とは…!?

2022.12.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

年に2回行われるViViの恒例企画「ViVi国宝級イケメンランキング」が誕生してから7年。回を重ねるごとに注目度を高め、今や海外でも話題を呼ぶほどの名物企画に。国宝級イケメンランキングの立案者で、現在、NET ViVi編集長を務める平本哲也が、企画の誕生の裏側や、イケメンたちの素顔を明かします!

ViVi国宝級イケメンランキングとは
ViVi公式ウェブサイト「NET ViVi」でアンケート調査を実施。読者やViVi公式SNSより訪問してくれた方々に“好きなイケメン”を投票してもらい、半年間の活躍度などを加味して国宝級イケメンランキングを決定!! 毎年、上半期・下半期の2回開催する大人気企画です。

2022年下半期のランキングをチェック

【ViVi国宝級イケメンランキング】Snow Man目黒蓮がNOW部門でついに1位を獲得!NEXT部門では鈴鹿央士が首位に!!【2022下半期】

【国宝級イケメン2022年下半期】NOWランキング!最もイケちらかしてた男たちが集結♡

【国宝級イケメン2022年下半期】NEXTランキング!あの実力派俳優がTOPに降臨♡

【国宝級イケメン2022年下半期】ADULTランキング♡ついにあの人が殿堂入り……!

Page 2

多様な“イケメン文化”は、もはや日本の宝

――第1回目の国宝級イケメンランキングが発表されたのは2016年の2月ですが、企画を思いついたのはいつ頃だったのでしょうか。

この企画を会議に提出したのは2015年の8月頃でした。当時はまだ、推し文化が今ほど強くなかったこともあって、ViViや他のファッション誌でもイケメン企画はほとんどなかったんです。

その頃、僕はViVi編集部に異動になってまだ日が浅く、いわゆる「ファッション誌らしさ」「ViViっぽさ」の感覚がまだ分かっていなかったんですが、それがかえって良かったのかもしれません。そうでなければ、前例がないこの企画には挑戦できなかったように思います。

――「国宝級」という言葉は、どこから思いついたのでしょうか?

日本には本当にいろいろなタイプのイケメンがいるんですよね。

たとえばアメリカだと、当時はブロンドの“ザ・王道”な俳優が人気でしたが、日本では、いわゆる王道の爽やかなイケメン一強、というわけではありませんでした。

顔一つとっても、彫刻のように整っている感じから塩顔系までいろいろな方が人気ですし、個性が際立っていたり、服装や雰囲気、空気感がカッコよかったり。なので、ViViは「イケメン」という言葉を外見的な意味合いだけで捉えたことはないんです。

たとえば、第1回目の国宝級イケメンランキング「NOW部門」第1位は山﨑賢人さんで、第2回が菅田将暉さん、といった具合に、いろいろな種類のかっこよさがあり、イケメンが多様化しています。その文化はもはや日本の宝だなと思ったんです。そこから「国宝級」という言葉が浮かびました。

国宝級イケメンランキング
歴代王者をチェック!

ViVi国宝級イケメンランキング総まとめ!歴代の王者をプレイバック

Page 3

国宝級イケメンランキングが
ドラマやCMのキャスティングにも影響

――第1回では、どのくらいの票が集まったのでしょうか。

1万票ほどです。でも正直なところ、そんなに多くの方に投票していただけるとは僕を含め編集部も誰も思っていませんでした。

今はSNSも発達して、NET ViVi以外でも、Instagram、Twitter、TikTokなどさまざまなところで告知していますが、当時はそういったツールが充実していなかったので、あまり告知ができず、どの程度投票してもらえるのかハラハラしていたんです。

でも蓋を開けたら、想像をはるかに超える票が集まっていて、驚きました。

第1回の結果発表の時には、アクセスが集中しすぎてNET ViViのサーバーがダウンしたほどで。それがシステム改修のきっかけにもなりました(笑)。

――ランクインしたタレントさんの反応は?

怒られるかもしれないと、内心ドキドキしていました。でも、結果的にそういった反応は全くありませんでした。

むしろ、ランクインした方の事務所から「TVに出る時に『国宝級イケメンランキングで〇位になりました』と宣伝していいですか?」といった問い合わせが来たりして、とても好意的に受け止められていると感じました。

「国宝級イケメンランキングにランクインすると、ドラマやCMなどの出演が増える」と思ってもらえたのも大きいのかもしれません。

実は、第3回を開催した頃には、このランキングがドラマやCMのキャスティングに使われているという話を広告代理店の方から聞いたんですよ。人気を測る指数の一つとして、捉えていただけたのだと思います。

――投票に参加したファンの方からの反応は?

「自分が投票した人がランクインして嬉しい」という喜びの声が大半なのですが、時には「イケメンではないのでは?」というご意見が当社の広報室に寄せられた年もあります(笑)。

みなさん、ご自分の推すイケメンへの愛が強いので、「どうして私の推しより、この人が上なの⁉!?」という思いがあるんですよね。

やはりいろいろなイケメンがいるのが日本のイケメン文化の良さですし、ランクインされている方たちには“票が集まるほどの総合的な魅力がある”ということ。年2回のお祭りとして、たくさんの方に楽しんでもらえたらと思っています。

Page 4

――国宝級イケメンランキングには、「NOW部門」の他に、「NEXT部門」(22歳以下が対象)といったカテゴリーもあります。こういった複数のカテゴリーを設けたのはなぜですか?

やはり票が多く集まるのは、今現在ホットな存在である「NOWイケメン」。そうすると、今後きっとブレイクするだろう次世代のイケメンは、ある程度票を集めることができたとしても、ランクインは難しい。それがもったいないと感じたんです。

「私はブレイク前からこの人を推していた!」というファンの目線を大切にしたかったのもあり、「NEXT部門」や「ADULT部門」、2022年下半期からは新しく「ウチの推し部門」も設けました。

ファンにとって、ずっと推し続けていた人がブレイクするほど嬉しいことはないので、それを表現できる場を作りたかったというのもあります。

当初は恥ずかしながら、「NEXT」にランクインした方の中には、初めて知るタレントさんもけっこういたんです。そこから僕たち編集者も情報を実際に調べて、次号のプラン会議で特集を提案することもありました。

2022年下半期から新設!
ウチの推し部門

なにわ男子・大西流星【国宝級イケメンランキング「ウチの推し」部門】を受賞!その内容は!?

Page 5

NEXT部門は、“イケメンの青田買い”!

――国宝級イケメンランキングでは、「NEXT部門」にランクインした人が、のちに「NOW部門」にランクインするケースが多いですよね。

そうですね。だから、NEXT部門のランキングは、まさに“イケメンの青田買い”。僕らもNEXTの結果を見て、これからどんなイケメンがブレイクしそうなのかを予想していました。

たとえば、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さん2020年上半期 NEXT5位2021年上半期 NOW2位)。NEXTに初めてランクインした時はどの程度人気があるのかは未知数だったのですが、撮りおろし企画をやってみたら想像以上の反響で、かなり多くのファンを抱えているのだと実感しました。

【THE RAMPAGE・吉野北人】好きな人を落としたい時に歌う曲って!?初出し恋愛トーク♡

吉野北人&長谷川慎、THE RAMPAGEの国宝級イケメン2人がパートナーとシェアしたいitバッグって?

――「SixTONES」の松村北斗さんは、2019年に上半期NEXT1位を獲得した2年後、2021年上半期にNOW1位の座にも輝いていますね。

松村さんも、撮りおろしの反響が大きかった方の一人です。まだメジャーデビュー前にもかかわらずあまりにたくさん票数が集まっていたので、別の号で撮り下ろしの企画を組ませてもらいました。

幸運なことに長めに時間をいただけたので、ロケバスで海に行ってロケをしました。用意したお弁当を嬉しそうに食べてくれたり、休日の過ごし方などもたくさん話してくれたり、とても素敵な方でしたね。あとは、とにかくポージングが上手いのに驚きました。カメラを向ければ、こちらがお願いをしなくても色々な動きをしてくれて、神ショットが量産される現場でした。

この撮りおろしでは、「取り上げてくれてありがとうございます!」とファンの方からアツいメッセージが書かれたハガキがたくさん届いたんです。

松村さんご自身も、ViViの撮影オファーがあったことに驚いていたようで、NOWの1位に輝いたに当時のことを振り返って、「ViViの編集者ってチャレンジングなことするな。絶対変わってるなと思ってた」とインタビューの中で話していました(笑)。

松村北斗&たなかみさきコラボをViVi3月号で実現!「ほっくん祭り」号【ピンナップ付録】

国宝級イケメン松村北斗とViViのキセキ♡王者が「ほんとに好き!!」な会いたかった人とは?

Interview&Text:Miho Otobe