エンタメ

お笑い芸人・ZAZYのネタが“笑撃”すぎてトラウマに!?「ピンクが尽きたら、急に全身黒になるかも(笑)」

2023.01.19

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

インパクト強めの風貌とリズミカルなフリップ芸で大ブレイク中! お笑い芸人のZAZYさんが約1年ぶりに単独ライブを開催。とんでもない“笑撃”を受けることになりそう。

「なんそれ!」の連続でトラウマになるかも

―― 今年の単独ライブの見どころは?

「これまではRー1を見越してネタを作っていた部分もありましたが、(応募資格の芸歴10年以内をオーバーして)そこから解放されたので、自分が本当に面白いと思うことを詰め込みたいですね。デジタル紙芝居などテレビでもやっているネタも披露しつつ、新しいネタにもどんどん挑戦したいなと」

―― ZAZYさんのネタの世界観を象徴する「なんそれ!」が詰まったライブになりそうですね。

「そうですね。『なんそれ!』にまみれた『なんそれ!』の聖地みたいになると思いますよ。せっかく時間を割いて劇場に足を運んでくれたり、配信で見てくださる方々のために、いつまでも記憶に残るような衝撃をお届けしたいでね。まあ、トラウマになってしまうかもしれませんけど(笑)」

―― なるほど……これまでのライブではファンにどんなトラウマを植え付けてきたのですか?

「中身をくり抜いたスイカに、2分ぐらいかけてドボドボと醤油を注ぐだけのネタをやりました。『忘れられないですよ〜』と言いながらね……。そのライブは2年ほど前だったのですが、その場に立ち会った人は今でもスイカや醤油を見ると当時の不可解な気持ちが蘇るみたいで、我ながらいい仕事をしたと思います(笑)。今年のライブでもそんな唯一無二の体験をしていただきたいなと」

Page 2

―― 2023年はどんな一年にしたいですか?

「最近は街中で声をかけていただくことも増えましたし“ZAZY”に対する抗体を持っている人もいると思いますが、あの手この手で“新型ZAZY”をお見せすることでお茶の間にインパクトを与えていきたいですね。まだ飽きさせませんよ」

―― 衣装もマイナーチェンジを繰り返されていますが、ピンクは継続していきたいですか?

「そうですね。ピンクの世界にはまだまだ過激なアイテムがたくさん眠っているので、自分の中でピンクの可能性を出し尽くしたと思えるまではピンクですね。とか言って、急にイメチェンしたくなって全身黒とかになってるかもしれませんけど(笑)」

INFORMATION
ZAZY 大単独LIVE「大祭鳥」 約1年ぶりとなる単独ライブ。「濃縮還元脳汁をさらに煮詰めて(もう道の駅で売ってる農家さんが作るジャムくらい固形に近い)、ネタ作成を進行中です」(ZAZY)。ゲストの出演も予定。東京・新宿の紀伊國屋ホールにて2022年12月26日(月)開場18:30/開演19:00。前売り:4000円/当日:4500円。オンライン視聴チケットも発売。

PROFILE
1988年6月27日生まれ。大阪府泉南市出身。2011年デビュー。ʼ17年に拠点を東京に移し紙芝居を用いたフリップ芸で注目を集める。LINEスタンプの制作やお絵かきワークショップ、個展など、活動は多岐にわたる。MBS「歌ネタ王決定戦2021FINAL」で優勝。「R-1グランプリ2021」「R-1グランプリ2022」では2年連続準優勝。

Photo:Yuasa Ryosuke Interview&Text:Satoshi Asahara