エンタメ

【福本莉子】「思い立って急に金髪に」意外すぎるやんちゃな一面とは!?

2023.01.20

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

人気シリーズ『転生したらスライムだった件』の劇場版で謎の力を持つ女王の声を担当した福本莉子さん。表現のクオリティを上げるため、自主的に特訓を重ねて収録に挑んだそうです。

転生するなら犬かラッコ!他の人間にはなりたくない

ブーツ¥25300/ダイアナ 銀座本店(DIANA) イヤカフ¥19250、パールイヤカフ¥15950、バングル¥22000、リング¥47300/イヴェット その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2023年2月号のものです。

――転スラは原作小説もアニメも根強い人気を誇る異世界ファンタジーです。福本さんはどんな部分に魅力を感じていますか?

「これまでの記憶を保ちながら、別の存在に生まれ変わる。そういう物語って、やっぱり無性に惹かれてしまいますよね。転スラも元サラリーマンの主人公がスライムになって異世界でどんどん強くなっていく物語なのですが、個人的に好きなのは仲間との絆が丁寧に描かれているところ。今回の劇場版もそこに感動していだけると思います」

――福本さんが演じたトワは劇場版のオリジナルキャラですが、収録前にどんな準備をしましたか?

「自分なりに演じる役柄の人生を深掘りして役づくりすることは実写の映像作品と変わりませんが、アニメの場合は声だけで心情を表現しなければなりません。だから『わー!』や『はっ!』などの短いセリフしかないシーンでも事前に自宅で特訓を重ねてから収録に挑んだのですが、そこを音響監督の方に褒めていただけたことが嬉しかったですね」

――実写では味わえない楽しさもありましたか?

「そうですね。それぞれが特殊なスキルを駆使したバトルもこの作品の見どころですが、ちゃんとトワにも劇中で必殺技を出すシーンがありまして。日常生活では必殺技を出したことがないので、すごくテンションが上がってしまいました(笑)」

Page 2

――以前インタビューで「転生するなら犬になりたい」と答えていましたが、2位は?

「水族館のラッコかな……最初に犬と答えた理由と同じく、気楽にのんびり生きているように見えるので。他の人間に転生したいとは思ったことはありません。これまで自分なりに頑張って生きてきたのに、またイチからやり直すのは大変過ぎます(笑)」

――福本さんは22歳になったばかり。成人してから2年が経ち、変わった部分はありますか?

「少し落ち着きましたね……と言いたいところですが、先日もふと思い立って期間限定で金髪にしちゃったりして、我ながらヤンチャだなと。まだまだ新しい自分を発掘して成長していきたいですし、2023年も前のめりに生きていきたいと思います!」

Page 3

『劇場版転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』
平凡なサラリーマンからスライムに異世界転生して、仲間を救うため魔王のひとりにまで上り詰めた主人公のリムル=テンペスト。ある日リムルたちの前に、大鬼族(オーガ)の生き残りであるヒイロが現れたことをきっかけに、彼らは新たな戦いへと身を投じていく。大ヒット上映中!
配給:バンダイナムコフィルムワークス
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

福本莉子
20001125日生まれ。大阪府出身。2016年に「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。2022年は『今夜、世界からこの恋が消えても』を含め、『君が落とした青空』『20歳のソウル』など話題の映画に立て続けに。ピュアでやわらかな雰囲気と芯の強さを併せ持つ、成長著しい俳優。

Photo:Munehiro Saito Hair & Make-up:Yoko FuseyaESPER Styling:Marie Takehisa Interview&Text:Satoshi Asahara